伊藤 泰信 (ITO, Yasunobu)教授
知識科学系, 知識マネジメント領域, 知識科学研究科
◆学位
九州大学 博士(比較社会文化) (2005)
◆職歴
: 英国ロンドン大学UCL客員研究員(2011-現在)
: 英国ランカスター大学客員研究員(2011)、米国パロアルト研究所(PARC)客員研究員(2013)
: 日本学術振興会特別研究員PD(2001-2003)、大分県立芸術文化短期大学専任講師(2003-2005)
◆専門分野
文化人類学、民俗学, 社会学
◆研究キーワード
文化人類学, 知識社会学, 教育人類学, エスノグラフィー, 医療エスノグラフィー, 組織エスノグラフィー, ビジネス人類学, デザイン人類学, 科学技術社会論
◆研究課題
知識人類学の理論的彫琢、分野横断的研究実践
■知識人類学の彫琢: 現場の手触りにこだわりつつ、生活知から 学問も含む専門知──そこには人類学者自身の知も含まれる──にいたる、コミュニティや組織における様々な知を、身体・社会・歴史に埋め込まれたものとして捉え、その生成・伝達・創造のプロセスを探る「知識人類学」(知識の文化人類学)の彫琢がテーマです。 ■分野横断的研究実践(文化人類学で/を豊かにすること): 近年は、科学技術、医療、産業などの諸領域で分野横断的研究・エスノグラフィ研究を実践しています。一方で、他分野の研究や実務を、人類学の知見“で”豊かにできないかと試み、他方で、そうした他分野の研究者や実務者らとのやりとりを通じて文化人類学 “を”豊かな、他分野・実務に貢献する開かれた学にできないかというものです。 備考

■研究業績

◆発表論文
“As Normal” Co-created by Visiting Nurses and Patients: Ethnographic Study on Visiting Nurse Station in Japan
Kagari Otani, Yasunobu Ito
Christine Leitner, Walter Ganz, Debra Satterfield, Clara Bassano eds., Advances in the Human Side of Service Engineering, AHFE 2021. Lecture Notes in Networks and Systems, vol. 266, Springer, 503-509., -, 2021
Contact Zone of Anthropology of and in Business: Inspiring Synergy between Anthropology and Industry in Japan
Yasunobu ITO
Japanese Review of Cultural Anthropology (JRCA), 20, 2, 7-25, 2020
「1.5次エスノグラフィから見えるもの――「文化人類学すること」についての協働的考察」
木村周平, 内藤直樹, 伊藤泰信
『文化人類学研究』, 20, 104-118, 2019
「エスノグラフィを実践することの可能性──文化人類学の視角と方法論を実務に活かす」(特集/現場の実践に関わることの意味)
伊藤泰信
『組織科学』, 51(1), 30-45-, 2017
'Ethnography' in Japanese Corporate Activities: A Meta-anthropological Observation on the Relationship Between Anthropology and the Outside
ITO, Yasunobu
H Nakamaki, K Hioki, I Mitsui, Y Takeuchi (eds) Enterprise as an Instrument of Civilization: An Anthropological Approach to Business Administration. Springer, 55-72, 2016
◆Misc
「医学教育に社会科学を生かすために──次回コアカリ改訂に向けての提案(掲示板:意見)」
飯田淳子, 木村周平, 伊藤泰信, 倉田誠, 浜田明範, 星野晋, 春田淳志, 錦織宏
『医学教育』, 52, 4, 342-344, 2021
「医療者教育の文脈で人類学という学知の何が必要とされるのか」
伊藤泰信
『民博通信』, 160, 18-19, 2018
「いま、ビジネスの現場に「文化人類学」が必要な理由」
伊藤泰信
『Work Mill with Forbes JAPAN ISSUE 02(フォーブス ジャパン5月号別冊)』, 5(6), 97-98, 2018
「現場の課題や消費者ニーズを文化人類学する、エスノグラフィする」
伊藤泰信
『ADVANCED』, 31, 7-8, 2017
◆書籍
伊藤泰信「実務におけるアウトプット──ビジネス人類学/ビジネスエスノグラフィの視点から」市野澤潤平・碇陽子・東賢太郎編『観光人類学のフィールドワーク──ツーリズム現場の質的調査入門』
共著, 75-95, ミネルヴァ書房, 2021
伊藤泰信「エスノグラフィと文化人類学の視点」飯田淳子・錦織宏編『医師・医学生のための人類学・社会学――臨床症例/事例で学ぶ』
17-26, ナカニシヤ出版, 2021
伊藤泰信訳「アン・ジョーダン『アジアにおける企業人類学/ビジネス人類学の意義(Ann Jordan, The Significance of Enterprise Anthropology in Asia)』」八巻惠子編『企業実践のエスノグラフィ』
単訳, 8-22, 東方出版, 2020
伊藤泰信「企業で活躍する文化人類学者、その背景」中牧弘允・日置弘一郎 ・竹内惠行編『テキスト 経営人類学』
東方出版, 2019
伊藤泰信「別様でもありえた学、別様でもありうる学──作動中の人類学をめぐる試論」
共著, 377-398, 風間計博・ 中野麻衣子・山口裕子・吉田匡興(編)『共在の論理と倫理──家族・民・まなざしの人類学』 はる書房, 2012
◆講演・口頭発表
「文化人類学から見たがん医療」(日本学術会議との共催シンポジウム「行動経済学・文化人類学・医療経済学から見たがん治療」
第60回日本肺癌学会学術集会(共催:日本学術会議臨床医学委員会腫瘍分科会), 大阪国際会議場 第5会場, 2019
Blurring the boundaries between academic anthropology and industry: Anthropology and its methods appropriated in Japanese business contexts
ASAA/NZ 2019 Conference, Raglan Old School Arts Centre, Raglan, New Zealand, 2019
Overcoming Future Uncertainty in Service Economy: Possibilities of Anthropological Methods for Innovation in the Unpredictable Japanese Market (Enterprise Anthropology: Risk Perception and Management in Business Contexts)
IUAES 2019 Inter-Congress "World Solidarities”, Adam Mickiewicz University, Poznan, Poland, 2019
「趣旨説明」(分科会代表者:伊藤泰信「医療者向け教育の現場から人類学の拡張可能性を考える」)
日本文化人類学会第52回研究大会, 弘前大学総合教育棟, 2018
「人類学教育と応答性──人類学者の再生産モデルを超えて」(分科会代表者:伊藤泰信「人類学教育と応答性──人類学者の再生産モデルを超えて」)
日本文化人類学会第49回研究大会, 大阪国際交流センター, 2015

■担当講義

Advanced Topics in Healthcare Service Knowledge Science, Anthropology of Knowledge, Business Ethnography, Methodology for the Social Sciences, 先端医療・介護サービス知識科学特論(東京サテライト), 知識人類学(石川本校), ビジネスエスノグラフィ(東京サテライト), 社会科学方法論(東京サテライト)

■学外活動

◆所属学会
International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES), 日本文化人類学会, European Association for Japanese Studies (EAJS), American Anthropological Association (AAA), 九州人類学研究会, STS Network Japan, 研究・イノベーション学会(旧 研究・技術計画学会), 科学技術社会論学会, 日本社会分析学会, ニュージーランド学会, 日本オセアニア学会, Association of Social Anthropologists of Aotearoa /New Zealand
◆学術貢献活動
Ethnographic Praxis in Industry Conference (EPIC) 2010, Tokyo , Member of the local committee (Public Relations) , 2010 - 2010
編集副主任(特集主任) , 日本文化人類学会 学会誌『文化人類学』
委員長 , 日本文化人類学会「医療者向け人類学教育連携委員会」
◆審議会等への参画状況
・ 日本学術会議 , 連携会員 , 2020-
・ 日本学術会議(臨床医学委員会 腫瘍分科会) , 連携会員 , 2018- 2020

■賞等

・ 科学技術社会論・柿内賢信記念賞 実践賞 , (科学技術社会論学会) , 2017
・ 専門社会調査士 , (社会調査協会) , 2012
・ 第7回 日本オセアニア学会賞 , (日本オセアニア学会) , 2008