宮田 一乘 (MIYATA, Kazunori)教授
知識科学系,ヒューマンライフデザイン領域
◆学位
博士(工学) 東京工業大学
◆職歴
2008 - 2009 : 北陸先端科学技術大学院大学 , 教授
2003 - 2005 : 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学教育研究センター , 教授
: 日本アイ・ビー・エム株式会社/東京基礎研究所(1986-1998)
: 東京工芸大学・芸術学部・映像学科・助教授(1998-2001), 東京工芸大学大学院・メディアアート専攻・助教授(併任)(1998-2002)
: 東京工芸大学・芸術学部・メディアアート表現学科・助教授(2001-2002)
: 北陸先端科学技術大学院大学(2002-), (株)ATR客員研究員(2003-2006), ENSAM/Paris Tech客員教授(2015/5-2015/7)
◆専門分野
CG,メディアアート,デジタル映像,マルチメディアアプリケーション
◆研究キーワード
表面属性, 感性情報学, 絵画表現, 情報システム, コンテンツアーカイブ, BRDF, コンピュータグラフィックス, ソフトウエア学, デジタル絵画, CG, メディアアート, マルチメディアアプリケーション
◆研究課題
先駆的メディア表現の創出
芸術と科学・工学の融合領域研究として、より豊かな感動を与える芸術的創作とその支援の実現に取り組む。
メディア創造の強化拡張および支援技術の基礎研究と実践
芸術表現伝達過程の分析ならびに芸術創造過程の強化拡張の環境を整備し、その環境下での実証実験を進める。
ビジュアルコンピューティングの研究
山岳や雲、岩などの自然物体の形状をコンピュータでシミュレーションし表現する研究や、モジュール化されたデザインアルゴリズムの組み合わせにより、さまざまなテクスチャや形状を作り出す研究を進めている。

■研究業績

◆発表論文
Impact of tangible interface geometry on task completion for learning and training.
Matthieu Tessier,Masahiro Ura,Kazunori Miyata
Proceedings of the 2016 Virtual Reality International Conference, Laval, France, March 23-25, 2016, 6:1-6:2-, 2016
Cube art.
Naoki Kita,Kazunori Miyata
SIGGRAPH ASIA 2016, Macao, December 5-8, 2016 - Posters, 30-, 2016
Edit-Based Font Search.
Ken Ishibashi,Kazunori Miyata
MultiMedia Modeling - 22nd International Conference, MMM 2016, Miami, FL, USA, January 4-6, 2016, Proceedings, Part I, 550-561, 2016
Multi-class anisotropic blue noise sampling for discrete element pattern generation.
Naoki Kita,Kazunori Miyata
The Visual Computer, 32, 6-8, 1035-1044, 2016
Aesthetic Rating and Color Suggestion for Color Palettes.
Naoki Kita,Kazunori Miyata
Comput. Graph. Forum, 35, 7, 127-136, 2016
◆Misc
質感認知に対する凹凸の空間周波数の影響 (映像表現&コンピュータグラフィックス) -- (映像表現・芸術科学フォーラム2016)
林 宏紀, 浦 正広, 宮田 一乘
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report, 40, 11, 13-16, 2016/03
チョコレートの形状に対する消費者の印象評価
石橋 賢, 稲田 聡, 宮田 一乘
日本感性工学会論文誌, 15, 1, 213-223, 2016
文字の形状変形によるフォント検索手法の提案 (映像表現&コンピュータグラフィックス) -- (映像表現・芸術科学フォーラム2015)
石橋 賢, 宮田 一乘
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report, 39, 14, 39-42, 2015/03
<<改訂新版コンピュータグラフィックス>>の狙い
藤代 一成, 斎藤 隆文, 乃万 司, 高橋 成雄, 馬場 雅志, 宮田 一乘
研究報告グラフィクスとCAD(CG), 2015, 6, 1-4, 2015/02/20
◆書籍
ビジュアル情報処理[改訂新版](第4章:アニメーション)
画像情報教育振興協会 編/宮田一乘, CG-ARTS協会, 2017/03/23
コンピュータグラフィックス[改訂新版]/5章
画像情報教育振興協会 編, CG-ARTS協会, 2015/03/23
知識社会で活躍しよう, 第3章1
JAIST知識科学研究科/由井薗隆也,宮田一乘, 社会評論社, 2014
Virtual Reality - Human Computer Interaction, Chapter13:Fun Computing
Kazunori Miyata, InTech, ISBN:978-953-51-0721-7, 2012
よくわかる映像コンテンツ制作入門,監修ならびにCGの節(pp.157-166)
映像情報メディア学会編, オーム社, 2009
◆講演・口頭発表
Fun Computing
宮田一乘
JAIST交換學生及研究實習機會介紹, 台湾 國立交通大學客家文化學院, 2018/09/28
Precomputed Panel Solver for Aerodynamics Simulation
Haoran Xie, Takeo Igarashi, Kazunori Miyata
SIGGRAPH 2018, Canada Vancouver, 2018/08/12
NT金沢研究100連発
宮田一乘
NT金沢, 金沢駅前おもてなしドーム, 2018/07/07
人は何を表現してきたのか
宮田一乘
co-cafe+@JAIST 2018 Winter, 金沢市アートホール, 2018/01/31
ゲームとCG:プロシージャル技術
宮田一乘
福井県立勝山高校模擬授業, 福井県立勝山高校, 2017/07/14

■担当講義

イノベーションデザイン論, イノベーションデザイン論(E), メディア創造論, メディアデザイン特論(E), 次世代知識科学特論

■学外活動

◆所属学会
電子情報通信学会, 情報処理学会, ACM, 画像電子学会, 形の科学会, 芸術科学会, 映像情報メディア学会, IEEE, 人工知能学会, 日本バーチャルリアリティ学会
◆学術貢献活動
NICOGRAPH International 2012 , Conference Chair , 2012/07/02 , Bali, Indonesia
NICOGRAPH International , Program Chair , 2011/06/10 , 神奈川工科大学
8th ACM International Conference on Virtual Reality Continuum and Its Application in Industry (VRCAI2009) , 東京工業大学・教授・中嶋正之(General Chair Chair)宮田一乘(Program Chair) , 2009/12/14 - 2009/12/15 , 東工大・すずかけ台キャンパス(17カ国98件の投稿.Full paper 40件,Poster paper 28件の採択)

■賞等

・ 口頭発表最優秀賞 , 映像表現・芸術科学フォーラム , 2015/03/14
・ 芸術科学会論文賞 , 芸術科学会 , 2014/11/04
・ 情報処理学会論文賞 , 情報処理学会 , 2014/06/04