山口 拓実 (YAMAGUCHI, Takumi)准教授
マテリアルサイエンス系,生命機能工学領域
◆学位
博士(工学) 東京大学大学院
◆職歴
2015 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 准教授
2008 - 2015 : 分子科学研究所 , 助教
◆専門分野
糖鎖科学、有機化学、生体機能関連化学、超分子化学
◆研究キーワード
糖鎖, 分子認識, NMR, 超分子化学
◆研究課題
糖鎖の構造・機能解明
私たちは化学的な手法を基盤にした多角的な実験を展開し、糖鎖研究に挑んでいます。糖鎖に構造情報取得の ための化学プローブを導入することで、分子分光法による計測と分子シミュレーションを活用した立体構造解析 を可能とし、水中で揺らめく糖鎖の姿を描き出すことに成功しました。さらに、細胞表面を覆う糖鎖を模倣した モデル化合物の合成や、糖鎖を応用した細胞機能の制御にも挑戦しています。 備考

■研究業績

◆発表論文
Dynamic Views of the Fc Region of Immunoglobulin G Provided by Experimental and Computational Observations.
Yanaka S, Yogo R, Inoue R, Sugiyama M, Itoh SG, Okumura H, Miyanoiri Y, Yagi H, Satoh T, Yamaguchi T, Kato K
Antibodies (Basel, Switzerland), 8, 3, -, 2019/07
Synthetic Approach to biomolecular science by cyborg supramolecular chemistry.
Kurihara K, Matsuo M, Yamaguchi T, Sato S
Biochimica et biophysica acta. General subjects, 1862, 2, 358-364, 2018/02
Lewis X-Carrying Neoglycolipids Evoke Selective Apoptosis in Neural Stem Cells.
Yagi H, Yan G, Suzuki T, Tsuge S, Yamaguchi T, Kato K
Neurochemical research, 43, 1, 212-218, 2018/01
分子動力学計算とNMR計測を用いた糖鎖の配座空間探査
山口 拓実, 渡邉 東紀男, 矢木 宏和, 加藤 晃一
JOURNAL OF COMPUTER CHEMISTRY-JAPAN, 17, 1, 1-7, 2018
Conformational effects of N-glycan core fucosylation of immunoglobulin G Fc region on its interaction with Fcγ receptor IIIa.
Sakae Y, Satoh T, Yagi H, Yanaka S, Yamaguchi T, Isoda Y, Iida S, Okamoto Y, Kato K
Scientific reports, 7, 1, 13780-, 2017/10
◆Misc
レクチン-糖鎖相互作用の物理化学的理解 核磁気共鳴分光法と分子動力学計算を通じて観る糖鎖の動的構造とレクチンの糖鎖認識の理解
矢木 宏和, 鈴木 達哉, 谷中 冴子, 山口 拓実, 加藤 晃一
医学のあゆみ, 269, 9, 761-767, 2019/06
Molecular Dynamics of Gangliosides.
Yamaguchi T, Kato K
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 1804, 411-417, 2018
NMR characterization of the conformations, dynamics, and interactions of glycosphingolipids
M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, Y. Uekusa, K. Kato
NMR in Glycoscience and Glycotechnology (K. Kato and T. Peters eds), RSC Publishing, 161-178, 2018
NMR characterization of the dynamic conformations of oligosaccharides
K. Kato, H. Yagi, T. Yamaguchi
Modern Magnetic Resonance (G. Webb eds), Springer, 737-754, 2018
NMR explorations of biomolecular systems with rapid conformational exchanges
M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, R. Kitahara, K. Kato
Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions (M. Terazima, M. Kataoka, R. Ueoka, and Y. Okamoto eds), Springer, 87-103, 2016
◆書籍
NMR Characterization of the Dynamic Conformations of Oligosaccharides in Modern Magnetic Resonance
K. Kato, H. Yagi, T. Yamaguchi, Springer, pp 737-754, 2018, 2017
NMR characterization of the conformations, dynamics, and interactions of glycosphingolipids in NMR in Glycoscience and Glycotechnology
M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, Y. Uekusa, K. Kato, RSC Publishing (Cambridge), 2017
NMR explorations of biomolecular systems with rapid conformational exchanges in Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions
M. Yagi-Utsumi, T. Yamaguchi, R. Kitahara, K. Kato, Springer, 2016
「NMR」, 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで~
山口拓実, 加藤晃一, エヌ・ティー・エス, 2015
◆講演・口頭発表
常磁性NMR計測を活用した糖鎖の動的立体構造解析法の開発
山口 拓実
第38回日本糖質学会年会, 2019/08/19
糖鎖コンフォメーション空間の改変による糖−タンパク質間相互作用の制御
山口拓実、鈴木達哉、龍岡博亮、谷中冴子、矢木宏和、佐藤匡史、加藤晃一
第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム, 2019/05/11
Exploration and remodeling of the dynamic conformations of biofunctional oligosaccharides
Takumi Yamaguchi
JAIST Japan-India Symposium on Advanced Science 2019, 2019/03/07
糖鎖コンフォメーション空間の探査と化学的改変
山口拓実、龍岡博亮、Yan Gengwei、鈴木達哉、加藤晃一
第12回バイオ関連化学シンポジウム, 大阪大学(吹田), 2018/09/09
常磁性効果を活用した糖鎖の動的構造解析
山口拓実
第19回若手NMR研究会, グリーンピア瀬戸内(呉), 2018/08/05

■担当講義

生命機能工学特論(E), 物性評価特論, 先端生体分子科学特論(E), ナノ分子解析論(実習付)

■学外活動

◆所属学会
日本核磁気共鳴学会, 日本糖質学会, 日本化学会

■賞等

・ 日本糖質学会奨励賞 , 山口 拓実 , 2019/08
・ 自然科学研究機構若手研究者賞 , 山口 拓実 , 2014/06
・ バイオ関連化学シンポジウム講演賞 , 山口 拓実 , 2013/09