大木 進野 (Shin-ya Ohki)教授
マテリアルサイエンス系,生命機能工学領域
◆学位
博士(理学) 北海道大学
◆職歴
2011/08 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , ナノマテリアルテクノロジーセンター , 教授
2007/04 - 2011/07 : 北陸先端科学技術大学院大学 , ナノマテリアルテクノロジーセンター , 准教授
2002/09 - 2007/03 : 北陸先端科学技術大学院大学 , ナノマテリアルテクノロジーセンター , 助教授
◆専門分野
蛋白質NMR,構造生物学,生物物理学
◆研究キーワード
安定同位体標識, NMR, タンパク質
◆研究課題
信号伝達系蛋白質の構造生物学
生体内ではさまざまな蛋白質や核酸が相互作用することによって多様な機能が調節され調和が保たれている.これら複雑な機能スイッチのオン・オフは,複合体の形成やリン酸化・メチル化などの化学修飾の有無,イオンの結合/解離などによって生体物質が構造変化を起こすことで制御されている.NMRを中心とした分析手法を駆使してこのような機能を担う蛋白質の構造と物性を研究し,生体内信号伝達の仕組みを原子分解能で解明する.
蛋白質NMR
蛋白質構造決定のための多核種多次元NMRだけではなく,相互作用解析や運動性の解析,外部環境に応じた生体物質の構造変化などの物性研究に,いろいろなNMR測定手法を積極的に応用する.また,そのための試料作成方法の工夫も行う.

■研究業績

◆発表論文
Ca2+-dependent interaction between calmodulin and CoDN3, an effector of Colletotrichum orbiculare
Isozumi Noriyoshi, Inoue Yoshihiro, Imamura Tomohiro, Mori Masashi, Takano Yoshitaka, Ohki Shinya
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 514, 3, 803-808, 2019/06/30
Isolation of amaranthin synthetase from Chenopodium quinoa and construction of an amaranthin production system using suspension-cultured tobacco BY-2 cells
Imamura Tomohiro, Isozumi Noriyoshi, Higashimura Yasuki, Miyazato Akio, Mizukoshi Hiroharu, Ohki Shinya, Mori Masashi
PLANT BIOTECHNOLOGY JOURNAL, 17, 5, 969-981, 2019/05
Isolation and characterization of the betalain biosynthesis gene involved in hypocotyl pigmentation of the allotetraploid Chenopodium quinoa
Imamura Tomohiro, Takagi Hiroki, Miyazato Akio, Ohki Shinya, Mizukoshi Hiroharu, Mori Masashi
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 496, 2, 280-286, 2018/02/05
Chirality-dependent interaction of D- and L-menthol with biomembrane models
Pooja Gusain, Shinya Ohki, Kunihide Hoshino, Yoshio Tsujino, Naofumi Shimokawa, Masahiro Takagi
Membranes, 7, -, 2017/12/01
Mesomartoxin, a new K(v)1.2-selective scorpion toxin interacting with the channel selectivity filter
Wang Xueli, Umetsu Yoshitaka, Gao Bin, Ohki Shinya, Zhu Shunyi
BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 93, 2, 232-239, 2015/01/15
◆Misc
植物の気孔密度を調節する機構
大木進野, 森正之
NMR (Web), 5, 32‐38 (WEB ONLY)-, 2014/10/20
第5回 ナノテクノロジープラットフォームを活用した研究・技術開発の新展開~ベンチャー,中小から大企業まで~分子物質合成プラットフォーム―全学体制で組織的に支援
大木進野
工業材料, 62, 10, 76-78, 2014/10/01
気孔の数を増やすペプチドの構造と機能の解析―調製困難なタンパク質試料を発現・標識する技術の開発と応用事例
大木進野, 森正之
未来材料, 12, 4, 47-52, 2012/04/10
calmodulinのprotein4.1R由来ペプチド(pep11)の結合部位
布村渉, 五十棲規嘉, 大木進野, 高桑雄一
東京女子医科大学総合研究所紀要, 32, 24-25, 2012
ダイニン微小管結合部位の構造と機能
加藤 有介, 八木 俊樹, 大木 進野, 由良 敬, 清水 洋輔, 本田 真也, 神谷 律, 田之倉 優
バイオイメージング, 17, 2, 98-99, 2008/10/30
◆書籍
基礎から学ぶ構造生物学 第5章「基本的な2次構造を持つタンパク質」
大木進野,竹内誠, 共立出版, 2008
Advances in Experimental Medicine and Biology vol.592 (Regulatory Mechanisms of Striated Muscle Contraction) Structural Basis for Calcium Regulated Relaxation of Striated Muscle at Interaction Sites of Troponin with Actin and Tropomyosin
K.Murakami, F.Yumoto, S.Ohki, T,Yasunaga, M.Tanokura & T.Wakabayashi, Springer (Eds. S.Ebashi & I.Ohtsuki), 2007
Recent Developments in Stable-Isotope-Aided Mathods for Protein NMR Spectroscopy in Modern Magnetic Resonance (Ed. G.A.Webb)
S.Ohki & M.Kainosho, 共著, Springer, 2006
「ライフサイエンス系の機器分析」第5章NMR
大木進野,甲斐荘正恒, 共著, 三共出版, 2004
◆講演・口頭発表
Colletotrichum orbiculare NLP1のC末端側領域の植物による認識に関する研究
Chen, J., Inoue, Y., Tanaka, S., Singkaravanit-Ogawa, S., Ohki, S., Kaido, M., Mise, K., and Takano, Y
植物病理学会, 2019/03/18
Colletotrichum orbiculare由来エフェクターDN3はカルモジュリン結合タンパク質か?
飯野真心, 冨田沙理, 五十棲規嘉, 高野義孝, 森正之, 大木進野
日本植物生理学会年会(Web), 2018
糸状菌エフェクターNIS1は高等植物のPRR複合体における複数の因子を攻撃する
入枝泰樹, 入枝泰樹, 森正之, 山田晃嗣, 押川友, 大木進野, 齋藤宏昌, 寺内良平, 高野義孝
日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集, 2016/03/03
植物細胞発現系を用いた植物由来ホルモンの立体構造解析
梅津喜崇, 森正之, 大木進野
Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2014/11/04
植物培養細胞を用いた標識試料の調製方法とその応用例
大木進野
Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2014/11/04

■担当講義

バイオ機能・組織化特論(E), 先端生体分子科学特論(E), ナノ分子解析論(実習付)

■学外活動

◆所属学会
日本生物物理学会, 日本タンパク質科学会, 日本核磁気共鳴学会, 日本プロテインホスファターゼ研究会
◆学術貢献活動
27th ICMRBS (International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems) , 2016/08/21 - 2016/08/26 , organizing committee member
JAIST NT2006 , 実行委員 , 2006/09/14 - 2006/09/16
JAIST NT2004 , 実行委員 , 2004/09