寺野 稔 (TERANO, Minoru)学長, 産学官連携推進本部長, エクセレントコア推進本部長
◆学位
東京工業大学工学士 (1976),東京工業大学工学修士 (1978),東京工業大学工学博士 (1981)
◆職歴
1992 - : 同主席技師長
1989 - : 同技師長
1981 - : 東邦チタニウム(株)触媒部 技師
◆研究キーワード
新規重合触媒の開発, ポリオレフィンの高機能化
◆研究課題
オレフィン重合における重合初期の反応機構の解明
オレフィン重合において決定的な重要性を持つにもかかわらず、十分解明されているとはいえない初期段階の反応機構についてStopped Flow法を用いた速度論的なアプローチや生成ポリマーのミクロ構造の解析を中心として検討を加える。
新しい機能を有するポリマー担持触媒の開発
ジエンを導入したポリオレフィンにTi系の活性種を結合させることによりエチレンの重合に対して極めて特徴的な挙動を示す触媒の開発に成功した。この触媒の活性発現機構に関する検討を行うとともに、より優れた特性を持つ触媒の開発を目指す。
ポリオレフィンを用いた新規血液適合性材料の開発
従来、特殊なコポリマーでしか達成されていなかったようなレベルの血液適合性を持つ材料を、汎用樹脂であるポリオレフィンの表面組成および表面構造を制御することにより調製する。

■研究業績

◆発表論文
Structure-performance relationship of Mg(OEt)2-based Ziegler-Natta catalysts
Toru Wada, Toshiki Funako, Patchanee Chammingkwan, Ashutosh Thakur, Akanksha Matta, Minoru Terano, Toshiaki Taniike
Journal of Catalysis, 389, 525-532, 2020
Revisiting the identity of δ-MgCl2: Part II. Morphology and exposed surfaces studied by vibrational spectroscopies and DFT calculation
Alessandro Piovano, Maddalena D'Amore, Toru Wada, Paolo Cleto Bruzzese, Gentoku Takasao, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan, Minoru Terano, Bartolomeo Civalleri, Silvia Bordiga, Toshiaki Taniike, Elena Groppo
Journal of Catalysis, 387, 1-11, 2020
Revisiting the identity of δ-MgCl2: Part I. Structural disorder studied by synchrotron X-ray total scattering
Toru Wada, Gentoku Takasao, Alessandro Piovano, Maddalena D'Amore, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan, Paolo Cleto Bruzzese, Minoru Terano, Bartolomeo Civalleri, Silvia Bordiga, Elena Groppo, Toshiaki Taniike
Journal of Catalysis, 385, 76-86, 2020
Development of Large-Scale Stopped-Flow Technique and its Application in Elucidation of Initial Ziegler-Natta Olefin Polymerization Kinetics
Thakur Ashutosh, Wada Toru, Chammingkwan Patchanee, Terano Minoru, Taniike Toshiaki
POLYMERS, 11, 6, -, 2019
Machine Learning-Aided Structure Determination for TiCl4-Capped MgCl2 Nanoplate of Heterogeneous Ziegler-Natta Catalyst
Takasao Gentoku, Wada Toru, Thakur Ashutosh, Chammingkwan Patchanee, Terano Minoru, Taniike Toshiaki
ACS CATALYSIS, 9, 3, 2599-2609, 2019
◆Misc
Untitled
B. Liu, M. Terano, V. Busico, Y. Tang, W. Y. Wong
JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 798, 291-291, 2015
次世代化学技術の展望 次世代型高機能ポリオレフィン系材料の創成
谷池俊明, 岡本建三, 山口政之, 寺野稔
ケミカルエンジニヤリング, 54, 1, 39-43, 2009
結晶性高分子を利用した新規自己修復材料の創製 II
和田忠士, 寺野稔, 山口政之
高分子学会予稿集(CD-ROM), 56, 2 Disk1, 3PA109-, 2007
結晶性高分子を利用した新規自己修復材料の創製
和田忠士, 小野晋, 寺野稔, 山口政之
高分子学会予稿集(CD-ROM), 56, 1 Disk1, 3J21-, 2007
◆書籍
Ziegler-Natta触媒の構造性能相関
48-57, 触媒学会, 2017
Ziegler-Nattaナノ触媒を用いた超高分子量ポリエチレン微粒子の合成
93-98, 次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11, 三恵社, 2017
TiCl3/MgCl2モデル触媒を用いたZiegler-Natta触媒の活性点の精密分析
47-52, 次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.10,三恵社, 2016
リアクターグラニュール技術によるポリプロピレンナノコンポジットの調製とその特性, ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術
196-203, 技術情報協会, 2016
高機能ポリオレフィン系材料の創製とその応用
56,p2, 北陸経済研究, 9・10月号, 2014
◆講演・口頭発表
データ科学で迫る固体重合触媒の構造性能相関
第3回キャタリストインフォマティクスシンポジウム, 東京, 2017
Ziegler-Nattaナノ触媒を用いた超高分子量ポリエチレン微粒子の合成
第12回次世代ポリオレフィン総合研究会, 東京, 2017
多変量解析を用いたZiegler-Natta触媒の構造性能相関
第8回岩澤コンファレンス, 名古屋, 2016
Chemiluminescence Imaging as a Powerful Screening Tool for Polymer Degradation and Stabilization
6th International Conference on Polyolefin Characterization, Shanghai, China, 2016
Ziegler-Natta触媒における未解決問題
第11回次世代ポリオレフィン総合研究会, 東京, 2016

■学外活動

◆所属学会
日本化学会, アメリカ化学会, マテリアルライフ学会
◆学術貢献活動
8th International colloquium on Heterogeneous Ziegler-Natta Catalysts , マテリアルサイエンス研究科・教授・寺野 稔 , 2012 - 2012 , Kanazawa, Japan
LSP/JAIST INTERNATIONAL COLLOQUIUM ON HETEROGENEOUS ZIEGLER-NATTA CATALYSTS , 北陸先端科学技術大学院大学・教授・寺野 稔 , 2009 - 2009 , Naples, Italy
1st International Symposium on Ultimate Stability of Nano-structured Polymers and Composites,JAIST, Chairman of the organize committee , Minoru Terano , 2007 - 2007 , Ishikawa, Japan

■賞等

・ 論文賞 , マテリアルライフ学会 , 2016
・ 論文賞 , マテリアルライフ学会誌 , 2007