上原 隆平 (UEHARA, Ryuhei)教授, 情報科学系長
情報科学系, ゲーム・エンタテインメント領域, 理論計算機科学センター, エンタテインメント科学センター
◆学位
博士(理学) 電気通信大学
修士(工学) 電気通信大学
◆職歴
: 一橋大学 非常勤講師(1999), University of Waterloo, 客員研究員(2001), 駒澤大学 文学部 助教授(2001)
: キヤノン(株) 情報システム研究所(1991), 東京女子大学 情報処理センター助手(1993), 駒澤大学 文学部 講師(1998), 東京工業大学 情報理工学研究科 非常勤講師(1998)
◆専門分野
情報学基礎論
◆研究キーワード
計算量の理論とグラフアルゴリズム, Algorithm
◆研究課題
制限されたグラフクラス上の問題に対する効率のよいアルゴリズムの設計と解析
計算量理論において、一般のグラフ上では困難であるとされる問題がある。こうした問題は、グラフを制限した場合には効率よく解ける場合がある。特にPerfect graph と呼ばれるグラフのサブクラスの上で、困難な問題を効率よく解くアルゴリズムを作ることが主な研究内容である。
折り紙などの剛体グラフ構造の研究
折り紙は面・折り線・交点などを構成要素とする剛体グラフ構造であると考えることができる。コンピュータサイエンスの観点から、こうした剛体グラフ構造の折りたたみに関するアルゴリズムの効率や困難性の研究を行っている。 備考

■研究業績

◆発表論文
On Computational Complexity of Pipe Puzzles
Takumu Shirayama, Takuto Shigemura, Yota Otachi, Shuichi Miyazaki, Ryuhei Uehara
IEICE Trans. on Inf. and Sys., E102-A, 9, 1134-1141, 2019
Sequentially Swapping Colored Tokens on Graphs
Ryuhei Uehara, Takeaki Uno
Journal of Graph Algorithms and Applications, 23, 1, 3-27, 2019
Report from EATCS Japan Chapter.
Ryuhei Uehara
Bulletin of the EATCS, 128, 128, 109-112, 2019
計算折り紙について (小特集 折り紙の科学)
上原 隆平
電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, 102, 4, 297-299, 2019
Efficient Enumeration of Flat-Foldable Single Vertex Crease Patterns.
Koji Ouchi, Ryuhei Uehara
IEICE Transactions, 102-D, 3, 416-422, 2019
◆Misc
Tree Spanners for Bipartite Graphs and Probe Interval Graphs(jointly authored)
Lecture Notes in Computer Science, 2880, 106-118, 2003
Completeness of Graph Isomorphism Problem for Bipartite Graph Classes(jointly authored)
IEICE Technical Report, COMP2001, 93, 1-5, 2002
Tighter Bounds on the Genus of Nonorthogonal Polyhedra Built from Rectangles(jointly authored)
Canadian Conference on Computational Geometry, 105-108, 2002
Indentification of Partial Disjunction, Parity, and Threshold Functions (jointly authored)
Theoretical Computer Science, 230, 131-147, 2000
Fast Parallel Approximation Algorithms for Maximum Weight Matching Problem
IDSJ SIG Notes, 2000-AL-71, 33-40, -, 2000
◆書籍
『数学セミナー』エレガントな解答を求む・出題編
6, 日本評論社 p. 6, 2018
First Course in Algorithms Through Puzzles
1-175, Springer, 2018
The Best Writing on Mathematics 2018, Tangled Tangles
83-96, Princeton University Press, 2018
折り紙数理の広がり:抄訳Origami6
編者(編著者) , 1-277, 森北出版, 2018
『計算折り紙入門---あたらしい計算幾何学の世界---』
単著, 244, 近代科学社, 2018
◆講演・口頭発表
Reconfiguring undirected paths
16th Algorithms and Data Structures Symp. (WADS 2019), 2019
Folding and unfolding algorithms on (super)computer
The 5th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2017), Aomori, Japan, 2017
Development of Peg Solitaire Font
IEICE Technical Report, COMP2016-50, Vol. 116 No. 503, pp. 1-4, Nagoya, 2017
シルエットパズルの凸配置の個数の研究
IEICE Technical Report, COMP2016-29, Vol. 116, No. 262, pp. 39-45, Sendai, 2016
Experimental Enumeration of Solutions for Peg Solitaire
IPSJ SIG Technical Report, 2016-AL-159-3, p. 1, Tokushima, 2016

■担当講義

Information Processing Theory(E), Theory of Advanced Algorithms, Algorithms and Data Structures(E), Advanced Algorithms for Computational Geometry, Computational Complexity and Discrete Mathematics(E), Computation Theory, 情報処理論(E), 実践的アルゴリズム理論, アルゴリズムとデータ構造(E), 実践的幾何アルゴリズム, 計算量の理論と離散数学(E), 計算論

■学外活動

◆所属学会
電気通信学会, ACM, EATCS, IEEE, 電子情報通信学会
◆学術貢献活動
The 13th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation , JAIST, Professor, Tetsuo AsanoJAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2010 - 2010 , Kanazawa Culture Hall, Kanazawa, Ishikawa, Japan
Japan Conference on Computational Geometry and Graphs , JAIST, Professor, Tetsuo AsanoKyoto University, Associate Professor, Hiro ItoJAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2009 - 2009 , Kanazawa Culture Hall
Workshop on Algorithms and Computation , Indian Statistical Institute, Professor, Sandip Das,JAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2009 - 2009 , インド・コルカタ

■賞等

・ 山下記念研究賞 , 情報処理学会 , 2012
・ LA/EATCS-Japan発表論文賞 , EATCS日本支部およびLAシンポジウム , 2009