上原 隆平 (UEHARA, Ryuhei)教授
情報科学系, ゲーム・エンタテインメント領域
◆学位
博士(理学) 電気通信大学
修士(工学) 電気通信大学
◆職歴
: 一橋大学 非常勤講師(1999), University of Waterloo, 客員研究員(2001), 駒澤大学 文学部 助教授(2001)
: キヤノン(株) 情報システム研究所(1991), 東京女子大学 情報処理センター助手(1993), 駒澤大学 文学部 講師(1998), 東京工業大学 情報理工学研究科 非常勤講師(1998)
◆専門分野
情報学基礎論
◆研究キーワード
計算量の理論とグラフアルゴリズム, Algorithm
◆研究課題
制限されたグラフクラス上の問題に対する効率のよいアルゴリズムの設計と解析
計算量理論において、一般のグラフ上では困難であるとされる問題がある。こうした問題は、グラフを制限した場合には効率よく解ける場合がある。特にPerfect graph と呼ばれるグラフのサブクラスの上で、困難な問題を効率よく解くアルゴリズムを作ることが主な研究内容である。
折り紙などの剛体グラフ構造の研究
折り紙は面・折り線・交点などを構成要素とする剛体グラフ構造であると考えることができる。コンピュータサイエンスの観点から、こうした剛体グラフ構造の折りたたみに関するアルゴリズムの効率や困難性の研究を行っている。 備考

■研究業績

◆発表論文
Any Regular Polyhedron Can Transform to Another by O(1) Refoldings
Erik D. Demaine, Martin L. Demaine, Yevhenii Diomidov, Tonan Kamata, Ryuhei Uehara, Hanyu Alice Zhang
The Canadian Conference on Computational Geometry (CCCG 2021), 332-342, 2021
Shortest reconfiguration of sliding tokens on subclasses of interval graphs
Takeshi Yamada, Ryuhei Uehara
Theoretical Computer Science, 863, 53-68, 2021
Bicolored Path Embedding Problems in Protein Folding Models
Tianfeng Feng, Ryuhei Uehara, Giovanni Viglietta
The 37th European Workshop on Computational Geometry (EuroCG 2021), 24:1-24:9, 2021
パズルとゲームと計算量
上原隆平
日本シミュレーション学会誌, 40, 1, 29-34, 2021
Mathematical Characterizations and Computational Complexity of Anti-Slide Puzzles
Ko Minamisawa, Ryuhei Uehara, Masao Hara
The 15th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2021), LNCS 12635, 321-332, 2021
◆書籍
『数学セミナー』パズルの算法/15パズル
その他, 日本評論社, 2021
『数学セミナー』パズルの算法/ペグソリテア
その他, 日本評論社, 2021
『数学セミナー』パズルの算法/ペンシルパズル
その他, 日本評論社, 2021
『数学セミナー』パズルの算法/スライディングブロックパズル
その他, 日本評論社, 2021
『数学セミナー』パズルの算法/ハノイの塔
その他, 日本評論社, 2021
◆講演・口頭発表
Reconfiguring undirected paths
16th Algorithms and Data Structures Symp. (WADS 2019), 2019
Folding and unfolding algorithms on (super)computer
The 5th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2017), Aomori, Japan, 2017
Development of Peg Solitaire Font
IEICE Technical Report, COMP2016-50, Vol. 116 No. 503, pp. 1-4, Nagoya, 2017
シルエットパズルの凸配置の個数の研究
IEICE Technical Report, COMP2016-29, Vol. 116, No. 262, pp. 39-45, Sendai, 2016
Experimental Enumeration of Solutions for Peg Solitaire
IPSJ SIG Technical Report, 2016-AL-159-3, p. 1, Tokushima, 2016

■担当講義

Information Processing Theory(E), Theory of Advanced Algorithms, Algorithms and Data Structures(E), Advanced Algorithms for Computational Geometry, Computational Complexity and Discrete Mathematics(E), Computation Theory, 情報処理論(E), 実践的アルゴリズム理論, アルゴリズムとデータ構造(E), 実践的幾何アルゴリズム, 計算量の理論と離散数学(E), 計算論

■学外活動

◆所属学会
電気通信学会, ACM, EATCS, IEEE, 電子情報通信学会
◆学術貢献活動
The 13th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation , JAIST, Professor, Tetsuo AsanoJAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2010 - 2010 , Kanazawa Culture Hall, Kanazawa, Ishikawa, Japan
Japan Conference on Computational Geometry and Graphs , JAIST, Professor, Tetsuo AsanoKyoto University, Associate Professor, Hiro ItoJAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2009 - 2009 , Kanazawa Culture Hall
Workshop on Algorithms and Computation , Indian Statistical Institute, Professor, Sandip Das,JAIST, Associate Professor, Ryuhei Uehara , 2009 - 2009 , インド・コルカタ
◆社会貢献活動
・ パズル島へようこそ2021 , 多摩六都科学館 , パズル島へようこそ2021 2021 - 2021
・ The 15th International Conference and Workshops on Algorithms and Computing 2021 - 2021

■賞等

・ 山下記念研究賞 , 情報処理学会 , 2012
・ LA/EATCS-Japan発表論文賞 , EATCS日本支部およびLAシンポジウム , 2009