高村 禅 (TAKAMURA, Yuzuru)教授
マテリアルサイエンス系, 生命機能工学領域, サイレントボイスセンシング国際研究拠点
◆学位
博士(工学) 東京大学
◆職歴
1993 - : 日本学術振興会 特別研究員(1993), 文部省宇宙科学研究所 助手(1966)、東京大学 大学院工学系研究科 助手(1999), 科学技術振興機構 戦略的創造推進事業「さきがけ21」 領域研究者(兼任、2003~)
1993 - : Research Fellow of Japan Society for the Promotion of Science (1993), Research Associate Institute of Space and Astronautical Science(1996), Research Associate The Univ. of Tokyo(1999), PRESTO Researcher, Japan Science and Technology Agency(2002-)
◆専門分野
ナノバイオサイエンス, ナノ材料科学
◆研究キーワード
ナノ流路, 電気浸透流ポンプ, DNA解析
◆研究課題
微細加工を駆使した高機能バイオチップ創製
電子線リソグラフィー等を用いて作成した人工ナノ構造と生体高分子の相互作用による新しい微小流体デバイスの開発を行っている。特に電場と圧力場を用いたDNAトラップは、DNAチップの前処理や濃縮に使えると期待されている。
リニア-ステッピングアクチュエータを用いた集積化バイオケミカルチップの開発
バイオチップの高機能化を目指して、チップ上での微小流体の正確なハンドリング法の開発を行っている。特に、電気浸透流やその応用であるリニア-ステッピングアクチュエータを利用した研究を進めている。
液体電極プラズマを用いた超小型元素分析装置の開発
中央部を狭くした微小流路中に液体試料を導入し両端より電圧を印加すると流路中でプラズマが発生する。これは液体を電極としたプラズマなので液体電極プラズマと呼ぶ。このスペクトルより高感度に元素分析を行う手法の開発を行っている。

■研究業績

◆発表論文
A facile solution-combustion-synthetic approach enabling low-temperature PZT thin-films
Phan Trong Tue, Tatsuya Shimoda, Yuzuru Takamura
APL Materials, 8, 2, -, 2020
High-transconductance indium oxide transistors with a lanthanum-zirconium gate oxide characteristic of an electrolyte
Jinwang Li, Hirokazu Tsukada, Takaaki Miyasako, Phan Trong Tue, Kazuhiro Akiyama, Hiromi Nakazawa, Yuzuru Takamura, Tadaoki Mitani, Tatsuya Shimoda
Journal of Applied Physics, -, 2020
Palm-size and one-inch gel electrophoretic device for reliable and field-applicable analysis of recombinase polymerase amplification
Rathore Himankshi, Biyani Radhika, Kato Hirotomo, Takamura Yuzuru, Biyani Manish
ANALYTICAL METHODS, 11, 39, 4969-4976, 2019
Study on effect of introduced gas bubbles for the low channel damage in direct and alternating current liquid electrode plasma atomic emission spectrometry
Ruengpirasiri Prasongporn, Phan Trong Tue, Miyahara Hidekazu, Okino Akitoshi, Takamura Yuzuru
Japanese Journal of Applied Physics, 58, 9, -, 2019
Direct integration of piezoactuator array with active-matrix oxide thin-film transistors using a low-temperature solution process
Phan Trong Tue, Shimura Reijiro, Shimoda Tatsuya, Takamura Yuzuru
SENSORS AND ACTUATORS A-PHYSICAL, 295, 125-132, 2019
◆Misc
携帯電話を用いた在宅健康サービスの構築と血圧,血糖,脂質に及ぼす影響
森俊介, 米谷充弘, 唐島成宙, 出村昌史, 米田隆, 山岸正和, 武田仁勇, 澤村俊孝, 大江真史, 臼倉幹哉, 仲井培雄, 高村禅, 民谷栄一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, 34th, 435-435, 2011
携帯電話を用いた軽症糖尿病患者に対する在宅健康サービスの構築
森俊介, 米田隆, 澤村俊孝, 大江真史, 唐島成宙, 出村昌史, 武田仁勇, 山岸正和, 臼倉幹哉, 米谷充弘, 仲井培雄, 高村禅, 民谷栄一
糖尿病, 54, Supplement 1, S.174-174, 2011
DNA Analisys Employing Nano-Fabricated Structure
-, 2003
◆書籍
超小型元素分析装置の開発、ぶんせき, 第1号
32-36, 日本分析化学会, 2009
Nanomaterial-based electrochemical biosensors for medical applications
585-592, TrAC Trends in Analytical Chemistry, 27(7), 2008
電気浸透流、「ナノバイオ大辞典」
単著, 341-347, テクノシステム, 2007
フォトリソグラフィー、「ナノバイオ大辞典」
単著, 486-487, テクノシステム, 2007
第10章 カーボンナノチューブを用いたアンペロメトリー型バイオセンサ、「バイオセンサの先端科学技術と応用」
単著, 312-319, シーエムシー出版, 2007
◆講演・口頭発表
Development of Single Cell Analysis Chip for Spatial Transcriptome of Cell Network and Tissues
ISNM2017, 東北大学, 2017
Massive Parallel Operation of Bio-Substance by Microfluidic Techniques
The 6th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2017), 福井 Aossa, 2017
Development of a molecular analysis chip for single cells on 2D-plane with positional information
International Conference on Single Cell Research 2016, Tokyo, 2016
Biomedical application of microfluidic device with low cost flow control
第68回日本生物工学会大会 国際シンポジウム「Japan-Korea Joint Symposium “Advancements in Medical Engineering Using Nano- and Micro-biotechnology”」, ANAクラウンプラザホテル富山, 2016
アクチュエータを集積化した微小流体デバイスのバイオ応用
電気化学会 化学センサ研究会, ホテルグランテラス富山, 2016

■担当講義

Advanced Biofunctions(E), Study on Nanobiotechnology with Training Course, Biofunction and Organization(E), Biomaterial Sensing, 先端生体機能特論(E), ナノバイオテクノロジー論(実習付), バイオ機能・組織化特論(E), 生体材料分析特論

■学外活動

◆所属学会
米国鉱物金属材料学会, 化学とマイクロ・ナノシステム研究会, 日本マイクログラビティー応用学会, 日本金属学会, 応用物理学会, Metals & Materials Society, The Minerals, Society for Chemistry and Micro-Nano Systems, The Japan Society of Microgravity Application, The Japan Institute of Metal, The Japan Society of Applied Physics
◆学術貢献活動
22nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference ,Section Sub Head , Waseda Univ., Prof., Shuichi Shoji , 2009 - 2009 , Sheraton Sapporo Hotel
International Symposium on Microchemistry and Microsystems , 北陸先端科学技術大学院大学・准教授・高村禅 , 2009 - 2009 , Kanazawa Excell Hotel Tokyu Hotel
21st International Microprocesses and Nanotechnology Conference,Program comittee member , JST, , Y. Ochiai , 2008 - 2008 , JAL Resort Sea Hawk Hotel Fukuoka

■賞等

・ 文部科学大臣表彰科学技術賞 , 文部科学省 平成26年度科学技術分野 , 2014
・ 文部科学大臣発明奨励賞 , 発明協会中部地方発明表彰 , 2010
・ 21th CHEMINAS 奨励賞 , 21th CHEMINAS , 2010