池田 満 (IKEDA, Mitsuru)教授
知識科学系, 知識マネジメント領域, 知識科学研究科, サービスサイエンス研究センター
◆学位
工学博士 大阪大学
工学修士 宇都宮大学
◆職歴
: 宇都宮大学工学部助手(1989),大阪大学産業科学研究所助手(1991),大阪大学産業科学研究所助教授(1997)
◆専門分野
通信工学, 機械力学、メカトロニクス, ロボティクス、知能機械システム
◆研究キーワード
人工知能, 知識ベースシステム, 知的教育システム, オントロジー工学, ナレッジマネジメント, e-Learning, セマンティックウェッブ
◆研究課題
組織知の継承・創造活動のモデルに基づく組織知マネジメント支援システムの構築
オントロジーアウェアな学習コンテンツデザイン環境の構築
コンピテンシーオントロジーの構築
SemanticWeb技術基盤を基礎にしたナレッジマネジメント・システムの設計と開発

■研究業績

◆発表論文
Causation: A functional perspective.
Fumiaki Toyoshima, Riichiro Mizoguchi, Mitsuru Ikeda
Applied Ontology, 14, 1, 43-78, 2019
知識共創力を高めるメタ認知スキルの学び方の学び:議論のファシリテーションを通じた経験学習
田中孝治, 陳 巍・ダムヒョウチ, 小林重人, 橋本 敬, 池田 満
電子情報通信学会和文誌D, J1-1-D, 830-842-, 2018
新入社員の学び方の学びを促進する週報の構成:質的データ分析手法SCAT を用いた週報の分析
田中孝治, 水島和憲, 仲林 清, 池田 満
電子情報通信学会和文誌D, J101-D, 6, 874-883-, 2018
Computer-Supported Meta-reflective Learning Model via mathematical word problem learning for training metacognition.
Array,Thepchai Supnithi, Gun Srijuntongsiri, Mitsuru Ikeda
Research and Practice in Technology Enhanced Learning, 13, 1, 14-, 2018
Collaborative Ontology Development Approach for Multidisciplinary Knowledge: A Scenario-Based Knowledge Construction System in Life Cycle Assessment.
Akkharawoot Takhom, Sasiporn, Usanavasin,Thepchai Supnithi, Mitsuru Ikeda
IEICE Transactions, 101-D, 4, 892-900, 2018
◆Misc
災害時の避難行動選択に関わる情報解釈能力向上のための逆思考問題による学習支援方式の検討
北川 悠一, 久山 勝生, 池内 惟真, 田中 孝治, 池田 満, 堀 雅洋
教育システム情報学会誌, 35, 2, 122-133, 2018
疑似被災体験により不安全避難行動を誘発する学習支援方式
田中 孝治, 梅野 光平, 池田 満, 堀 雅洋
教育システム情報学会誌, 34, 1, 44-53, 2017
情報モラル行動における知識と行動の不一致に関する心理実験的検討
田中 孝治, 園田 未来, 池田 満, 堀 雅洋
日本教育工学会論文誌, 40, 3, 153-164, 2016
◆書籍
Intelligent Tutoring Systems, Eighth International Conference on Intelligent Tutoring Systems,
編者(編著者) , LNCS4053, Springer-Verlag Berlin, Hidelberg, 2006
人工知能学辞典・第18章 AI応用:教育支援,編集担当
共著, 830-881, 共立出版, 2005
人工知能学辞典・Soar, Conceptural graph, オントロジーアウェアモデリング環境, 学習者モデル, オーサリング支援
共著, 共立出版, 2005
Towards Sustainable Educational Innovations Informed by The Learning Science Proceedings of The Thirteenth International Conference on Computer and Education,
編者(編著者) , IOS Press, 2005
プログラミング教育のためのプログラム理解知識の構造について
CAI学会誌, 1993
◆講演・口頭発表
環境配慮行動における知識と行動意図の不一致:動物生態系への負荷に関する想像のし易さが意図形成に及ぼす影響
日本心理学会第81回大会, 福岡, 2017
議論参加者による議題設定のファシリテートを通じたTAのメタ認知スキルの育成
日本教育工学会第33回大会, 島根, 2017
共助マップ共創システムによる高齢住民の共助意識の啓発支援:石川県河北郡内灘町高齢者コミュニティ鶴親会における事例
日本認知科学会第34回大会, 石川, 2017
新入社員研修における指導員の経験学習を促す指導員週報の導入:学習プロセスの質的分析
第42回教育システム情報学会全国大会, 福岡, 2017
知識と行動の不一致の自覚を促す情報モラル教育-大学初年次生を対象とした実践と評価-
第42回教育システム情報学会全国大会, 福岡, 2017

■担当講義

Advanced Topics in Healthcare Service Knowledge Science, Medical Service and Information Management, Medical Service Knowledge Management, Introduction to Medical Service Science 2, Introduction to Medical Service Science 1, Introduction to Medical Service Science, 先端医療・介護サービス知識科学特論, 医療サービス情報経営論, 医療サービス知識経営論, 医療サービスサイエンスⅡ, 医療サービスサイエンスⅠ, 医療サービスサイエンス基礎

■学外活動

◆所属学会
米国人工知能学会 AAAI(The American Association for Artificial Intelligence), ACM(Association for Computer Machinery), IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers), 情報処理学会, 人工知能学会, 電子情報通信学会
◆学術貢献活動
International Conference on Computer and Education,