藤本 健造 (FUJIMOTO, Kenzo)教授
マテリアルサイエンス系, 生命機能工学領域, マテリアルサイエンス研究科
◆学位
博士(工学) 京都大学
◆職歴
2009 - : - 北陸先端科学技術大学院大学 教授
2008 - : - 文部科学省 研究振興局 学術調査官
2002 - 2009 : 北陸先端科学技術大学院大学 准教授
2002 - 2005 : JSTさきがけ研究者「ナノテク融合」領域
1997 - 2002 : 京都大学大学院工学研究科 助教 , Graduate School of Engineering
1994 - 1997 : 日本学術振興会特別研究員(DC1)
: (兼任)
◆専門分野
グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学, 機能物性化学, 高分子化学, 有機合成化学, 分析化学, 生物分子化学, ナノバイオサイエンス, ナノ材料科学, ナノ構造物理, ナノ構造化学, 生命、健康、医療情報学
◆研究キーワード
生物有機化学, 化学生物学, 核酸化学, 人工DNA, 遺伝子診断, 光遺伝子操作, DNAコンピューティング, DNAメモリー
◆研究課題
DNAチップを用いた遺伝子解析
酵素が苦手とする基盤上での遺伝子操作への展開を狙い、DNA チップ上での遺伝子解析研究も行っています。このオリジナルな方法論がSNPs解析に有効であり、4種類全ての塩基に対して特異的に選別可能であるだけでなく1塩基欠損したものについても正確に選別できることを見出しています。 備考
DNAナノアーキテクチャーの構築
本研究室ではブランチDNA、カテナンDNA、キャップDNA、クリップDNAといった非天然核酸構造の基本ユニット作成に成功しています。これらは従来の酵素法では非常に難しいとされている構造です。こうした今までにない2次構造、3次構造をもつDNAナノアーキテクチャーを作り上げることで、RNAがそうである様に、構造に依存した新しい物性を生み出すことができるのではと期待しています。 備考
精密有機合成に基づインテリジェント核酸創製
本研究室では分子計算を用いた精密分子設計に基づき有機金属化学を利用した精密合成により高性能機能性核酸を創製しています。今までにない機能を有するインテリジェント核酸を創製し新しい分子素子、新しい分子センサー、新しい材料への応用も行っています。具体的には導電性DNAワイヤーやターゲット遺伝子を見つけ出すDNAセンサー、光によって書き込みできるDNAメモリー、並列処理素子としてDNAを用いたDNAコンピューティングなど目的に応じた機能性インテリジェント核酸を創製しています。 備考
光を用いた新規遺伝子操作法の開発
現在の蛋白工学の基礎となっているのは、1960年代以降発展してきた遺伝子工学であり、さまざまな制限 酵素やポリメラーゼの発見、PCR、DNAシーケンシング法など多くのノーベル賞受賞者を出してきました。こうした既存のバイオテクノロジーが現在の遺伝子診断・及び生化学分野における基礎研究等に不可欠のも のとなっています。しかし、酵素を用いた場合、酵素濃度、pH、温度といった既約条件によりその使用に際して様々な制限を受けています。 本研究室では、これまでの酵素を用いた遺伝子操作とは全く異なる、光を用いてDNAをつないだり切ったりする遺伝子の操作手法論について開発を行うと共にこの技術の応用を行い、ポストゲノム時代において役割を果たすことを目的としています。 備考

■研究業績

◆発表論文
Photochemical RNA editing of C to U using ultrafast reversible RNA photo-cross-linking in DNA/RNA duplexes.
Shigetaka Nakamura, Kanako Ishino, Kenzo Fujimoto
Chembiochem : a European journal of chemical biology, -, 2020
Effect of linker length on photo-cross-linking position mediated by click chemistry via [2 + 2]photocycloaddition.
Kenzo Fujimoto, Kenta Ishida, Li Xue, Shigetaka Nakamura
Photochemical & photobiological sciences : Official journal of the European Photochemistry Association and the European Society for Photobiology, -, 2020
Simultaneous Amino Acid Analysis Based on F-19 NMR Using a Modified OPA-Derivatization Method
Takashi Sakamoto, Zhiyong Qiu, Miyu Inagaki, Kenzo Fujimoto
ANALYTICAL CHEMISTRY, 92, 2, 1669-1673, 2020
RNA fluorescence in situ hybridization hybridisation using photo-cross-linkable beacon probes containing pyranocarbazole in living E. coli.
Fujimoto K, Hashimoto M, Watanabe N, Nakamura S
Bioorganic & medicinal chemistry letters, 29, 16, 2173-2177, 2019
Strong Inhibitory Effects of Antisense Probes on Gene Expression through Ultrafast RNA Photocrosslinking.
Fujimoto K, Yang-Chun H, Nakamura S
Chemistry, an Asian journal, 14, 11, 1912-1916, 2019
◆Misc
光化学的DNA及びRNA操作法の開発―ゲノムDNAの光操作・RNA光編集に向けて―
藤本健造
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト, 45, 9, 570‐571-571, 2019
標的シトシン周辺環境が3‐cyanovinylcarbazoleを用いた光化学的RNA編集に及ぼす影響
中野雅元, SETHI Siddhant, 本田望, 中村重孝, 藤本健造
日本RNA学会年会要旨集, 21st, 83-, 2019
従来と異なる位置のピリミジンと架橋する新規DNA光架橋反応
石田健太, 中村重孝, 藤本健造
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 99th, ROMBUNNO.1G4‐06-, 2019
可視光応答性人工核酸の開発および生細胞内遺伝子発現制御への応用
三原純一, 笹子しのぶ, 中村重孝, 藤本健造
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 99th, ROMBUNNO.3G4‐26-, 2019
Strong Inhibitory Effects of Antisense Probes on Gene Expression through Ultrafast RNA Photocrosslinking
Kenzo Fujimoto, Hung Yang-Chun, Shigetaka Nakamura
Chemistry - An Asian Journal, -, 2019
◆講演・口頭発表
超高速光架橋反応を用いた部位特異的 RNA 編集(C to U)
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019
可視光で架橋可能なピラノカルバゾールを用いた大腸菌16S rRNA FISH
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019
シトシン誘導体5位の置換基が光化学的RNA編集(C to U)に与える影響
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019
光化学的ピンポイント塩基編集における標的シトシンの周辺塩基の影響
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019
可逆的光架橋反応を用いたDNAzyme活性のOFF-ONスイッチング
第13回バイオ関連化学シンポジウム, 2019

■担当講義

Bioscience and Biotechnology(E), Bioorganic Chemistry, 生命機能工学特論(E), 生物有機化学特論

■学外活動

◆所属学会
高分子学会, アメリカ化学会, 生物物理学会, 日本分析化学会, 分子生物学会, 日本化学会
◆審議会等への参画状況
・ , - 文部科学省 研究振興局 学術調査官 , 2008-

■賞等

・ 文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術振興部門) , 文部科学省 , 2015
・ 文部科学大臣表彰 若手科学者賞 , 2009
・ バイオビジネスコンペ協賛企業特別賞 , 2007