藪内 公美 (YABUUCHI, Kumi)特任助教
知識科学系, ヒューマンライフデザイン領域, 知識科学研究科
◆学位
金沢美術工芸大学学士(芸術)(2004), 金沢美術工芸大学修士(芸術)(2006), 金沢美術工芸大学博士(芸術)(2009)
◆職歴
2018 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 先端科学技術研究科 , 特任助教
2018 - 2018 : 北陸先端科学技術大学院大学 , 先端科学技術研究科 , 研究員
2013 - 2018 : 金沢美術工芸大学 , 工芸科 , 助教
2012 - 2013 : 金沢卯辰山工芸工房 , 金工工房 , 専門員
◆専門分野
芸術実践論
◆研究キーワード
金属工芸, 工芸, 美術, 湯床吹き技法, 鍛金

■研究業績

◆発表論文
制作記録】金工アーカイブ―制作手法の工夫から生み出される作品表現―
藪内公美
金沢美術工芸大学紀要, 62, 32-35, 2018
工芸におけるキャリア教育研究について
宮永春香, 大高亨, 池田晶一, 林泰史, 藪内公美, 青木千絵, 中村有希
金沢美術工芸大学紀要, 61, 55-66, 2017
【制作記録】“湯床吹き技法”による金属材料の可能性(四)
藪内公美
金沢美術工芸大学紀要, 61, 50-53, 2017
【制作記録】“湯床吹き技法”による金属材料の可能性(三)
藪内公美
金沢美術工芸大学紀要, 60, 16-19, 2016
【制作記録】“湯床吹き技法”による金属材料の可能性(二)
藪内公美
金沢美術工芸大学紀要, 59, 10-13, 2015
◆講演・口頭発表
バイオニックデザインに基づくアイデアを発想する方法論の提案
Designシンポジウム2019, 2019
芸術家のリフレクションによる文様パターン生成の考察
芸術工学会2019秋期大会, 2019
評価グリッド法を用いたビジュアル・シンキング分析 ―作り手と受け手の主観に基づく知識共有にむけて―
2019
新しいカタチの生涯学習施設における工芸ワークショップ事例報告ーコミュニティにおける創造性喚起への可能性
芸術工学会2018秋期大会, 2018
デザインにおける感性と感性評価指標に関する考察
芸術工学会2018秋期大会, 2018

■担当講義

イノベーションデザイン論

■学外活動

◆所属学会
加賀金工作家協会, 金沢市工芸協会, 芸術工学会, 日本創造学会, 形の科学会