トップページ  >  教員個別情報  >  学術貢献活動
日高 昇平 (HIDAKA, Shohei)准教授
知識科学系, ヒューマンライフデザイン領域

学術貢献活動

18件
International Conference on Development and Learning (ICDL2010) , General Chairs:Benjamin Kuipers, Professor, University of Michigan, Ann Arbor Thomas Shultz, Professor, McGill University , 2010 - 2010 , Place: University of Michigan, MI USA URL: http://www.eecs.umich.edu/icdl-2010/Comments: My role in this conference is a program committee.
常任運営委員会 , 日本認知科学会
運営委員 , 日本認知科学会
第10回日仏先端科学シンポジウム・プラニング・グループ・メンバー主査 , 日本学術振興会
「認知科学」編集委員会 編集幹事 , 日本認知科学会
「認知科学」編集委員 , 日本認知科学会
プログラム委員 , 日本認知科学会第29回大会
第14回日独先端科学シンポジウムプランニング・グループ・メンバー , 日本学術振興会
プログラム委員長 , 日本認知科学会第34回大会
編集委員 , 電気情報通信学会
特別研究員等審査会専門委員 , 日本学術振興会 , 2019 - 2020
第2回ワークショップ「圏論による認知モデリングの可能性」. , 日髙昇平・高橋康介 , 2020 - 2020
日本認知科学会第36回大会オーガナイズドセッション「圏論による認知モデリングの可能性:ホモ・クオリタスとしての人間理解へ向けて」 , 日髙昇平・高橋康介 , 2019 - 2019
第9回知識共創フォーラム , 知識共創フォーラム委員会 , 2019 - 2019
第1回ワークショップ「圏論による認知モデリングの可能性」. , 日髙昇平;高橋康介 , 2019 - 2019
日本認知科学会第35回大会オーガナイズドセッション「意味理解とオブジェクト認知:ホモ・クオリタスとしての人間理解へ向けて」 , 日髙昇平; 高橋康介 , 2018 - 2018
日本認知科学会第34回大会オーガナイズドセッション「過剰に意味を創り出す認知:ホモ・クオリタスとしての人間理解へ向けて」 , 高橋康介; 日髙昇平 , 2017 - 2017