前園 涼 (MAEZONO, Ryo)教授
情報科学系, 環境・エネルギー領域, サスティナブルマテリアルズ国際研究拠点
◆学位
博士(工学) 東京大学
◆職歴
2017 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 情報科学系 , 教授
2011 - 2017 : 北陸先端科学技術大学院大学 , 情報科学研究科 , 准教授
2007 - 2011 : 北陸先端科学技術大学院大学 , 情報科学研究科 , 講師
2001 - 2007 : 国立研究開発法人物質・材料研究機構 , 計算材料研究センター , 常勤研究員(テニュア)
2001 - 2002 : ケンブリッジ大学 , キャベンディッシュ研究所 , ポスドク(EPSRC)
1999 - 2001 : 東京大学 , 物理工学専攻 , 日本学術振興会特別研究員
◆専門分野
計算科学, 無機・錯体化学, 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理, 半導体、光物性、原子物理, 磁性、超伝導、強相関系, ナノバイオサイエンス, ナノ材料科学
◆研究キーワード
マテリアルインフォマティクス, 多体電子論, 量子化学, 物性理論, 電子状態計算, 超並列シミュレーション, 量子シミュレーション
◆研究課題
多体電子論の未解決課題に対する解明
グループが専門とする第一原理量子拡散モンテカルロ法は、磁性や超伝導など特異物性の起源に関わる量子多体問題上の未解決問題群に対し「決定版的切札」とされている強力手法です。これまで、フント則の起源、電子相関によるバンド幅変化、磁気モーメントの発生起源、カシミア・ポルダー力、励起子モット転移といった話題に業績を挙げています。当該分野では、物理学/ 化学などの基礎科学のみならず、大型計算機に関する深い素養なくしてはトップレベルの理論研究は遂行出来なくなってきています。JAISTの高速計算機群に慣れ親しみ、計算機科学に関する優れた系統的コースワークを経験した新しいタイプの数値的多体電子論研究者の養成を目指しています。我々の研究成果は、JACS(IF=13.858)/Angewande(11.709)/Phys.Rev.Lett.(7.435)/JCTC(5.39)/Sci.Rep.(5.228)/Inorg.Chem.(4.857)/Phys.Rev.B(3.767)/J.Chem.Phys.(3.164)/J.Comput.Chem.(3.84)/Appl.Phys.Lett.(3.794)などに出版されています。

■研究業績

◆発表論文
Atomic forces by quantum Monte Carlo: Application to phonon dispersion calculations
Kousuke Nakano, Tommaso Morresi, Michele Casula, Ryo Maezono, Sandro Sorella
Physical Review B, 103, 12, -, 2021
Insights into the Mechanical and Electrical Properties of a Metal–Phosphorene Interface: An Ab Initio Study with a Wide Range of Metals
Abdul Ghaffar, Mohit D. Ganeriwala, Kenta Hongo, Ryo Maezono, Nihar R. Mohapatra
ACS Omega, 6, 11, 7795-7803, 2021
GaN bandgap bias caused by semi-core treatment in pseudopotentials analyzed by the diffusion Monte Carlo method
Yutaka Nikaido, Tom Ichibha, Kousuke Nakano, Kenta Hongo, Ryo Maezono
AIP Advances, 11, 2, 025225-025225, 2021
Exploring Heat-Shielding Nanoparticle-Based Materials via First-Principles Calculations and Transfer Learning
Tomohiro Yoshida, Ryo Maezono, Kenta Hongo
ACS Applied Nano Materials, 4, 2, 1932-1939, 2021
Synthesis, Electronic Structure, and Physical Properties of Layered Oxypnictides Sr2ScCrAsO3 and Ba3Sc2Cr2As2O5
Sugali Pavan, Kumar Naik, Yuki Iwasa, Kenta Kuramochi, Yoshihisa Ichihara, Kohji Kishio, Kenta Hongo, Ryo Maezono, Taichiro Nishio, Hiraku Ogino
Inorganic Chemistry, 60, 3, 1930-1936, 2021
◆Misc
First Principles Calculations of Superconducting Critical Temperature of ThCr$_2$Si$_2$-Type Structure
Gewinner Senderanto Sinaga, Keishu Utimula, Kousuke Nakano, Kenta Hongo, Ryo Maezono
-, 2019
ベイズ統計と第一原理計算を基盤とする新規物質構造探査
本郷研太, 本郷研太, 池端久貴, 磯村哲, 前園涼, 吉田亮, 吉田亮, 吉田亮
日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集(CD-ROM), 29th, ROMBUNNO.2H24-, 2016
$Ab$ $initio$ evaluation of Hamaker constants
Kenta Hongo, Ryo Maezono
-, 2016
言語モデルベースの化学構造生成手法の提案と生体活性分子をターゲットにしたInverse‐QSARモデルへの適用
池端久貴, 本郷研太, 磯村哲, 前園涼, 吉田亮, 吉田亮
情報処理学会研究報告(Web), 2016, BIO-45, VOL.2016‐BIO‐45,NO.10 (WEB ONLY)-, 2016
◆書籍
◆講演・口頭発表
動かして理解する 第一原理電子状態計算
第34期CAMMフォーラム 本例会, 一般社団法人 企業研究会, Zoomでのリモート会議, 2021
材料系シミュレーションにおける自作クラスタの活用
オープンCAE・FrontISTR合同シンポジウム2020, 共催:一般社団法人オープンCAE学会、一般社団法人FrontISTR Commons, オンライン/Zoom, 2020
格子離散化法 (LRDMC) による全電子の第一原理量子モンテカルロ法
物性研究所短期研究会 「量子多体計算と第一原理計算の新展開」, 東京大学 物性研究所, オンライン/Webex Meeting & Slack/Japan, 2020
第一原理計算を用いて物性量を推定する仕組み
2020年年会 公益社団法人日本セラミックス協会, 2020
第一原理量子モンテカルロ法の最近の進展 I:TurboRVBにおける全電子DFT計算
第75回日本物理学会年次大会, 2020

■担当講義

人間情報学処理特論, ダイナミクスのモデリング, 現代量子脳計算論, 情報解析学特論

■学外活動

◆所属学会
米国化学会, 米国物理学会, 日本セラミックス協会, 日本応用物理学会, 日本化学会, 日本物理学会
◆学術貢献活動
会員 , 日本物理学会