谷池 俊明 (TANIIKE, Toshiaki)教授, マテリアルズインフォマティクス国際研究拠点長
マテリアルサイエンス系, 物質化学領域, マテリアルズインフォマティクス国際研究拠点
◆学位
博士(理学) 東京大学
◆職歴
2020 - : エクセレントコア推進本部 マテリアルズインフォマティクス国際研究拠点長
: シミュレーション科学研究センター准教授
: 高資源循環ポリマー研究センター准教授
: 日本学術振興会 特別研究員 DC1
: 東京大学大学院理学系研究科COE特別研究員 , Graduate School of Science
◆専門分野
無機物質、無機材料化学
◆研究キーワード
化学反応

■研究業績

◆発表論文
Structure-performance relationship of Mg(OEt)2-based Ziegler-Natta catalysts
Toru Wada, Toshiki Funako, Patchanee Chammingkwan, Ashutosh Thakur, Akanksha Matta, Minoru Terano, Toshiaki Taniike
Journal of Catalysis, 389, 525-532, 2020
Stabilizer Formulation Based on High-Throughput Chemiluminescence Imaging and Machine Learning
Toshiaki Taniike, Taishi Kitamura, Koyuru Nakayama, Ken Takimoto, Naoki Aratani, Toru Wada, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan
ACS Applied Polymer Materials, 2, 8, 3319-3326, 2020
Revisiting the identity of δ-MgCl2: Part II. Morphology and exposed surfaces studied by vibrational spectroscopies and DFT calculation
Alessandro Piovano, Maddalena D'Amore, Toru Wada, Paolo Cleto Bruzzese, Gentoku Takasao, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan, Minoru Terano, Bartolomeo Civalleri, Silvia Bordiga, Toshiaki Taniike, Elena Groppo
Journal of Catalysis, 387, 1-11, 2020
Design and Control of Bioinspired Millibots
Sheethal Reghu, Hui You, Kalaivani Seenivasan, Shun Nishimura, Toshiaki Taniike, Eijiro Miyako
Advanced Intelligent Systems, 2, 7, 2000059-2000059, 2020
Revisiting the identity of δ-MgCl2: Part I. Structural disorder studied by synchrotron X-ray total scattering
Toru Wada, Gentoku Takasao, Alessandro Piovano, Maddalena D'Amore, Ashutosh Thakur, Patchanee Chammingkwan, Paolo Cleto Bruzzese, Minoru Terano, Bartolomeo Civalleri, Silvia Bordiga, Elena Groppo, Toshiaki Taniike
Journal of Catalysis, 385, 76-86, 2020
◆Misc
次世代化学技術の展望 次世代型高機能ポリオレフィン系材料の創成
谷池俊明, 岡本建三, 山口政之, 寺野稔
ケミカルエンジニヤリング, 54, 1, 39-43, 2009
二酸化チタン表面上での可視光誘起光反応とその反応機構
有賀寛子, 谷池俊明, 唯美津木, 渡邊一也, 松本吉泰, 池田進, 斉木幸一朗, 岩澤康裕
固体・表面光化学討論会講演要旨集, 25th, 50-51, 2006
TiO2(001)表面階段状格子構造上での可視光応答光触媒反応
有賀寛子, 谷池俊明, 守川春雲, MIN Byoung Koun, 唯美津木, 池田進, 斉木幸一朗, 岩澤康裕
日本化学会講演予稿集, 86th, 1, 306-, 2006
TiO2(001)表面上における可視光応答反応とその機構解明
有賀 寛子, 谷池 俊明, 唯 美津木, 渡辺 一也, 松本 吉泰, 池田 進, 斉木 幸一朗, 岩澤 康裕
表面科学講演大会講演要旨集, 26, 0, 190-190, 2006
◆書籍
ハイスループット実験に基づく高分子材料の耐久性設計
284-285, 高分子, 2020
熱拡散率に着目したポリプロピレンナノコンポジットの設計
72-78, 次世代ポリオレフィン総合研究 Vol. 13, 三恵社, 2019
ハイスループット化学発光イメージングと機械学習を併用した安定化剤配合の探索 (特集 材料評価におけるケモメトリクスの進展)
41-46, マテリアルライフ学会誌, 2018
ポリオレフィン研究の魅力(巻頭言)
475-476, 高分子論文集, 2018
POSS担持Cr触媒におけるCr中心周辺環境の触媒特性への影響
66-72, 次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.12, 三恵社, 2018
◆講演・口頭発表
High-throughput experimentation and application of catalyst informatics on oxidative coupling of methane
ETH–ICAT joint symposium on catalysis, 2019
熱伝導率に着目したポリプロピレンナノコンポジットの設計
第14回ポリオレフィン総合研究会, 2019
Revisiting the identity of primary particles: A key to understand Ziegler-Natta catalysts
The 8th Asia Pacific Congress on Catalysis (APCAT-8), 2019
データ駆動型アプローチ、材料科学における実践
高分子分析研究懇談会第398回例会, 2019
ハイスループット化学発光イメージングと機械学習を併用した安定化剤配合の探索
マテリアルライフ学会第30回研究発表会, 2019

■担当講義

Computational Material Design, Materials Morphology (E), Introduction of Chemistry, 物質計算科学特論, 材料形態特論(E), 材料化学概論

■学外活動

◆所属学会
日本石油学会, マテリアルライフ学会, 高分子討論会, 触媒学会, 日本化学会, 日本表面科学会

■賞等

・ マテリアルライフ学会総説賞 , 中山 超, 北村 大志, 和田 透, 谷池 俊明 , マテリアルライフ学会 , 2019
・ 平成28年度奨励賞 , 石油学会 , 2017
・ 論文賞 , マテリアルライフ学会誌 , 2013