金子 達雄 (KANEKO, Tatsuo)教授
マテリアルサイエンス系,環境・エネルギー領域
◆学位
博士(工学) 東京工業大学
◆職歴
2016/03 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 先端科学技術研究科 , 教授
2006/05 - 2016/02 : 北陸先端科学技術大学院大学 , マテリアルサイエンス研究科 , 准教授
2004/04 - 2006/04 : 大阪大学大学院工学研究科 , 分子化学専攻および応用化学専攻 , 助手
2001/07 - 2004/03 : 鹿児島大学工学部および大学院理工学研究科 助手
1997/04 - 2001/06 : 北海道大学大学院理工学研究科 助手
◆専門分野
高分子化学、ソフトマタ、環境材料学
◆研究キーワード
多糖, High-performance polymers, Polysaccharides, Gels, Liquid crystals, 天然物化学, バイオプラスチック, 液晶, 高性能高分子, 繊維, ゲル, 自己組織化, ナノ粒子
◆研究課題
環境適応型・高性能プラスチックの開発
天然物を用いた高分子鎖の革新的ナノデザイン

■研究業績

◆発表論文
Micro-deposition control of polysaccharides on evaporative air-LC interface to design quickly swelling hydrogels
Joshi Gargi, Okeyoshi Kosuke, Mitsumata Tetsu, Kaneko Tatsuo
JOURNAL OF COLLOID AND INTERFACE SCIENCE, 546, 184-191, 2019/06/15
High-performance poly( benzoxazole/benzimidazole) bio-based plastics with ultra-low dielectric constant from 3-amino-4-hydroxybenzoic acid
Nag Aniruddha, Ali Mohammad Asif, Watanabe Makoto, Singh Maninder, Amornwachirabodee Kittima, Kato Shunsuke, Mitsumata Tetsu, Takada Kenji, Kaneko Tatsuo
POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 162, 29-35, 2019/04
N-Boronated polybenzimidazole for composite electrolyte design of highly ion conducting pseudo solid-state ion gel electrolytes with a high Li-transference number
Nag Aniruddha, Ali Mohammad Asif, Singh Ankit, Vedarajan Raman, Matsumi Noriyoshi, Kaneko Tatsuo
JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A, 7, 9, 4459-4468, 2019/03/07
Fascination of Cyanobacterium Aphanothece sacrum and Sacran as Functional Materials
Arima Hidetoshi, Kaneko Tatsuo
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 139, 3, 349-350, 2019/03
Industrial and Medical Material Applications of a Mega-polysaccharide Derived from Cyanobacteria
Okajima Maiko, Kaneko Tatsuo
YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 139, 3, 363-369, 2019/03
◆書籍
光機能化された桂皮酸系バイオポリマー、光機能性有機・高分子材料における新たな息吹 第 6 編 光機能性ポリマー第 2 章
高田健司、金子達雄, シー・エム・シー出版, 2019
微生物生産新奇物質をベースとした高性能バイオプラスチックとその可能性、次世代のポリマー・高分子開発、新しい用途展開と将来展望
高田健司、金子達雄, 株式会社技術情報協会, 2019
高強度・高耐熱・高透明性バイオプラスチックの開発、自動車への展開を見据えたガラス代替樹脂開発、第 4 章
高田健司、金子達雄, シー・エム・シー出版, 2018
Novel Sulfated Polysaccharide as Anti-Allergic Skincare Biomaterial for Atopic Dermatitis, In_ Ngatu N., Ikeda M. (eds) Occupational and Environmental Skin Disorders_
K.Motoyama, T.Higashi, N.R.Ngatu, M.K.Okajima, Y.Nishimura, H.Arima, T.Kaneko, , Springer, Singapore, 2018
Aromatic Bioplastics with Heterocycles, Green Polymer Chemistry: New Products, Processes, and Applications
T. Kaneko, D.Sumant , ACS Books , 2018
◆講演・口頭発表
Bio-based amino acid polymers and their self-assembly phenomenon
Thawinda KONGPRATHET, Kenji TAKADA, Tatsuo KANEKO
Spring 2019 ACS National Meeting & Exposition, Orlando, Florida, USA, 2019/03/31
A-01 屈曲型桂皮酸二量体の光学分割と芳香族バイオベースポリマーの合成
野田拓海、奥田淳也、高田健司、金子達雄
第 67 回 高分子学会北陸支部研究発表会, 富山大学五福キャンパス, 2018/11/17
Bioplastic wonderland: from metal-alternates to water-solubles
Tatsuo Kaneko
CPM2018,, VAST(ハノイ), 2018/09/20
アミノ酸誘導体のビルディングブロックを利用したバイオベースポリマーの分子設計
高田健司、金子達雄
第67回高分子討論会, 北海道大学 札幌キャンパス, 2018/09/12
桂皮酸誘導体をベースとした高性能バイオプラスチックの開発
高田健司、金子達雄
第67回高分子討論会, 北海道大学札幌キャンパス, 2018/09/12

■担当講義

高分子化学特論Ⅰ, 分子設計特論(E), ナノ材料分析論(実習付)

■学外活動

◆所属学会
高分子学会 日本化学会 バイオ高分子研究会 バイオマテリアル学会, 高分子ゲル研究会
◆学術貢献活動
The 4th International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2017) , 北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 環境・エネルギー領域 金子達雄 , 2017/09/26 , JAIST
The 1st International Symposium of Energy & Environment in JAIST (I SEE JAIST 2016) , JAIST, Assoc.Prof, Tatsuo Kaneko , 2016/02/26 - 2016/02/29 , 石川ハイテク交流センター
The 3rd International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2016) , JAIST, Prof, Tatsuo Kaneko , 2016/03/04 - 2016/03/05 , 石川ハイテク交流センター

■賞等

・ 第9回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2017」 , ドイツ商工会議所 , 2017
・ 特別賞 , 国際純正・応用化学連合 , 2016
・ 最優秀発表賞 , アメリカ化学会 , 2016