山口 政之 (YAMAGUCHI, Masayuki)教授, マテリアルサイエンス系長, 物質化学領域長
マテリアルサイエンス系, 物質化学領域
◆学位
京都大学工学修士(1989),京都大学工学博士(1999)
◆職歴
: 東ソー株式会社四日市研究所研究員(1989-1999), 北陸先端科学技術大学院大学受託研究員(1995-1996), 東ソー株式会社四日市研究所主任研究員(1999-2005), Polymer Processing Institute, Visiting Scientist(2000-2002), 大阪市立大学工学部非常勤講師(2002-2006) , Yokkaichi Research Laboratory
◆専門分野
高分子材料
◆研究キーワード
自己修復材料, バイオマス系高分子, 高分子成形加工, 高分子複合材料, レオロジー
◆研究課題
バイオマス系プラスチックの高機能・高性能化
低環境負荷材料として今後の需要が増加すると考えられているバイオマス系プラスチック材料の高性能化・高機能化を行う
副資材による高分子材料への機能付与
添加剤やナノ粒子などの副資材の添加により新しい機能を付与する
自己修復性高分子材料の設計
分子鎖のトポロジー相互作用を利用した新しいタイプの自己修復性高分子を設計する
レオロジー制御による熱可塑性樹脂の加工性改質
ポリマーブレンドなどの技術により熱可塑性樹脂の成形加工性を向上する

■研究業績

◆発表論文
Experimental and numerical study on transient elongational viscosity for polypropylene/low-density polyethylene blends
Y. Otsuki, Y. Fujii, H. Sasaki, P. Phulkerd, M. Yamaguchi
Polym. J., in press., -, 2019
Improvement of Mechanical Toughness of Polypropylene by Laminating with Elastomer
蜂須賀 良祐, 小林 利彰, 山口 政之
Journal of Polymer Research, -, 2019
Carbon nanotube localization at interface in co-continuous blends of polyethylene and polycarbonate
R. Nishikawa, K. Tamaki, O. Notoya, M. Yamaguchi
J. Appl. Polym. Sci, -, 2019
Improvement of mechanical toughness of poly(lactic acid) by addition of ethylene-vinyl acetate copolymer
D. Kugimoto, S. Kouda, M. Yamaguchi
Polymer Testing, 80, 106021/1-106021/1-106021/8, 2019
The effect of poly(4-methyl-1-pentene) on the non-isothermal crystallization kinetics of polypropylene
Y. Furushima, A. Masuda, T. Kuroda, K. Okada, N. Iwata, M. Ohkura, M. Yamaguchi
Polymer Crystallization, -, 2019
◆Misc
ポリマー溶融体中におけるカーボンナノチューブのネットワーク形成
西川理穂, 山口政之
成形加工シンポジア, 2018, 317‐318-, 2018
金属塩との相互作用を利用したポリアミド6の高性能化
佐藤優介, 伊藤麻絵, 前田修一, 山口政之
成形加工シンポジア, 2018, 291‐292-, 2018
低分子添加によるセルロースアセテートの加工性向上に関する検討
畑本和哉, 山口政之
成形加工シンポジア, 2018, 335‐336-, 2018
相分離系ポリマーにおけるカーボンナノ粒子の偏在
玉木翔悠, 山口政之
成形加工シンポジア, 2018, 295‐296-, 2018
金属塩を用いたポリメタクリル酸メチルの改良
伊藤麻絵, 山口政之
成形加工シンポジア, 2018, 299‐300-, 2018
◆書籍
'Self-repairing property of a polymer solid with enhanced segmental motion' in 'Self-Healing Composite Materials',
Chap. 12, Eds. A. Khan, M. Jawaid, R. Shiju, A. M. A. Asiri, Elsevier, Amsterdam, 2019., 2019
'分子運動を利用した自己修復性高分子材料の設計','次世代のポリマー・高分子開発,新しい用途展開と将来展望',
第2章 2節, pp.69-80, 技術情報協会, 2019, 2019
押出成形加工の理解に必要となるレオロジー特性の基礎','押出成形の条件設定とトラブル対策',
第1章 1節, pp.3-10, 技術情報協会, 2018, 2018
'添加剤による耐熱性向上', '高耐熱樹脂の開発事例集'
第5章 10節, 技術情報協会, 2018, 2018
'高機能熱可塑性エラストマー:オレフィン系' 'CSJカレントレビュー29 構造制御による革新的ソフトマテリアル創成',
第15章, 日本化学会編, 化学同人, 2018., 2018
◆講演・口頭発表
ナノ粒子の局在化とその応用
第49回木材の化学加工研究会シンポジウム, 富山, 2019
高分子の固体構造と物性
第27回東海高分子基礎研修コース, 名古屋, 2019
温度勾配下における相溶系ブレンドの分別現象
第68回高分子討論会, 福井, 2019
Enhanced flowability of polycarbonate by addition of polystyrene
Novel Trends in Rheology VIII, Zlin, Czech Republic, July 30-31, 2019., ズリン, 2019
Modification of Polar Plastics by Salt Addition
2019 Collaborative Conference on Materials Research (CCMR), Goyang Gyeonggi, Korea, June 3-7, 2019., 韓国, 2019

■担当講義

Material Analysis with Training Course, Molecular and Functionality Design of Polymers (E), Polymer Chemistry II, New Materials Design and Synthesis(E), ナノ材料分析論(実習付), 分子設計特論(E), 高分子化学特論II, 物質デザイン・創出特論(E)

■学外活動

◆所属学会
Society of Plastic Engineering, 日本ゴム協会, Polymer Processing Society, 日本化学会, 成形加工学会, 高分子学会, 日本レオロジー学会
◆学術貢献活動
4th International Workshop on Polymer Engineering and Processing , Masayuki Yamaguchi, JAIST , 2012 , JAIST
3rd International Workshop on Polymer Engineering and Processing , M. Yamaguchi and T. Kaneko (JAIST) , 2011 , JAIST
JAIST International Symposium on Nano Technology 2010 , 責任者 マテリアルサイエンス研究科 山口政之 , 2010 , 石川県ハイテク交流センター
◆審議会等への参画状況
・ , NEDO先導研究プログラム/新産業創出新技術先導研究プログラム/「”竹由来ナノセルロース・ハニカム筋樹脂”製造法の開発」研究開発推進委員会委員 , 2019-

■賞等

・ 功労者表彰 , プラスチック成形加工学会 , 2018
・ Best Paper Award, SPE Engineering Properties and Structure Division , Society of Plastics Engineering , 2016
・ 総説賞 , マテリアルライフ学会 , 2015