トップページ  >  教員個別情報  >  講演・口頭発表
芳坂 貴弘 (HOHSAKA, Takahiro)教授
マテリアルサイエンス系, 生命機能工学領域, 超越バイオ医工学研究拠点

講演・口頭発表

31件
非天然アミノ酸の導入によるタンパク質機能の人工的カスタマイズ
第16回蛋白質科学会年会, 福岡, 2016
非天然アミノ酸導入技術のバイオ医薬への応用展開
第22回ペプチドフォーラム, 金沢, 2016
Incorporation of nonnatural amino acids through expansion of the genetic code and its application to fluorescence analysis of proteins
BMB2015(第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会), 神戸, 2015
Incorporation of nonnatural amino acids by expanding the genetic code and its application to fluorescence analysis of proteins
The 14th KIAS Conference on Protein Structure and Function, Korea Institute for Advanced Study, Seoul, Korea, 2014
Site-specific incorporation of fluorescent nonnatural amino acids into proteins and its application to fluorescence analysis of proteins
6th International Symposium on Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions, Kyoto, 2013
Incorporation of nonnatural amino acids through expansion of the genetic code and its application to fluorescence analysis of proteins
The 65th Fujihara Seminar, International Symposium on Synthetic Biology of Unnatural Base Pairs and Amino Acids, Hokkaido, 2013
非天然アミノ酸導入技術を利用したタンパク質の部位特異的PEG化法の開発
第12回国際バイオテクノロジー展アカデミックフォーラム, 東京, 2013
タンパク質への非天然アミノ酸の導入技術の開発と応用
理研バイオものづくりシンポジウム, 和光, 2012
Site-specific incorporation of fluorescent nonnatural amino acids into proteins and its application to FRET analysis of protein structure.
4th Japan-Korea Seminar on Biomolecular Sciences: Experiments and Simulations, Nara, Japan., 2012
Application of nonnatural amino acid mutagenesis to proving protein fluctuations
生物物理学会年会シンポジウム「New approaches for proving biomolecular fluctuations」, 姫路, 2011
非天然アミノ酸のタンパク質への導入技術の開発とタンパク質の機能拡張への応用
蛋白質科学会ワークショップ「非天然アミノ酸の導入による蛋白質の機能拡張」, 大阪, 2011
タンパク質の部位特異的修飾のためのアミノアシルtRNA試薬の開発
バイオアカデミックフォーラム, 東京, 2009
Site-Specific Fluorescence Labeling of Proteins through Extension of the Genetic Codeand its Application to FRET Analysis of proteins
The 2nd Open Workshop for the Scientific Research on Innovative Areas Molecular science of fluctuations toward biological functions, Okazaki, 2009
非天然アミノ酸導入技術を用いたタンパク質のピンポイント標識法の開発と応用
大阪大学蛋白質研究所セミナー「蛋白質合成法の最近の進歩と生命科学」, 2008
非天然アミノ酸導入技術を利用したタンパク質のピンポイント標識技術
バイオアカデミックフォーラム, 東京, 2008
拡張遺伝暗号を用いたタンパク質のピンポイント蛍光標識技術
バイオアカデミックフォーラム, 東京, 2007
Pin-point Fluorescence Labeling of Proteins through Extension of the Genetic Code
生物物理学会, 横浜, 2007.12.23., 2007
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システムの開発と応用
生物工学会若手の会, 熱海, 2007.7.7., 2007
遺伝暗号の拡張による部位特異的修飾タンパク質の発現技術の開発
国際バイオEXPOアカデミックフォーラム, 東京, 2006
遺伝暗号を拡張した非天然タンパク質合成系の開発と応用
第22回Combinatorial Chemistry研究会,大阪,2006.4.20, 2006
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システムの開発と応用
バイオ高分子研究会,石川,2006.9.23, 2006
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システム~DDSへの応用に向けて~
第12回創剤フォーラム若手研究会,川崎,2006.12.2, 2006
Extension of the genetic code and its application to position-specific incorporation of caged amino acids into proteins in a cell-free translation system
PACIFICHEM2005, Honolulu (2005.12.16), 2005
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システムの開発と応用
高分子学会九州支部若手研究会, 福岡, 2004
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システムの開発
第16回生体機能関連化学若手の会サマースクール, 愛知, 2004
遺伝暗号の拡張によるタンパク質の新規部位特異的修飾技術の開発
第20回日本DDS学会, 東京, 2004
遺伝暗号の拡張による非天然アミノ酸のタンパク質への部位特異的導入
第27回分子生物学会年会(2004.12.9), 2004
遺伝暗号を拡張した人工タンパク質合成システムの開発とその応用
日本薬学会第125年会(2005.3.30), 2004
生命原理への挑戦から生まれた新しいバイオ技術
ゴールド・メダル賞受賞記念講演会, 東京, 2003
遺伝暗号の拡張による非天然アミノ酸のタンパク質への導入
日本化学会進歩賞受賞講演, 早稲田大学(東京), 2003
遺伝暗号の拡張による人工タンパク質の合成とその応用
第52回高分子学会年会(2003.5.29), 2003