村田 英幸 (MURATA, Hideyuki)教授
マテリアルサイエンス系, 応用物理学領域
◆学位
博士(工学) 九州大学
◆職歴
2018 - 2020 : 北陸先端科学技術大学院大学 , マテリアルサイエンス系 , 学系長
2016 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 先端科学技術研究科 , 教授
2009 - 2016 : 北陸先端科学技術大学院大学 , マテリアルサイエンス研究科 , 教授
2006 - 2009 : 北陸先端科学技術大学院大学 , マテリアルサイエンス研究科 , 准教授
2002 - 2006 : 北陸先端科学技術大学院大学 材料科学研究科 助教授
2001 - 2002 : University of London, Imperial College London, Department of Chemistry, Senior Lecturer
1996 - 2001 : US Naval Research Laboratory, DivisionOptical Science , Research Contractor
1992 - 1996 : 三井石油化学工業 機能材料研究所 研究員
◆専門分野
電子デバイス、電子機器
◆研究キーワード
分子エレクトロニクス, 有機メモリー, 有機薄膜太陽電池, 有機EL, 有機エレクトロニクス
◆研究課題
有機エレクトロルミネッセンス素子のデバイス物理
有機エレクトロルミネッセンス素子のデバイス構造を最適化したり蛍光色素を微量に添加することで素子の発光効率と耐久性が飛躍的に向上する。これらの現象を有機光物理化学と半導体デバイス物理の両者の視点から素子を解析し特性向上のメカニズムを明らかにする。
新規な有機電子デバイスのデバイス設計と物性評価
有機薄膜中への電荷注入、移動、再結合機構について詳細に理解することで高効率な有機太陽電池、有機電界効果トランジスター、有機メモリーなどへの応用を目指す。
秩序構造を制御した共役系高分子薄膜の気相成長
配向状態が厳密に制御されたπ共役系高分子の薄膜を作製すれば分子構造から予測されるような特性が得られる可能性がある。そこで、π共役系高分子の高次構造を精密に制御する成膜技術を開発したいと考えている。そのような材料をデバイスに応用することにで究極的なエネルギー変換効率を持った有機電子・光デバイスの実現を目指す。さらに得られた高分子薄膜とシリコンテクノロジーとを融合させた新しい電子デバイスを構築したいと考えている。 備考

■研究業績

◆発表論文
Degradation of fluorescent organic light emitting diodes caused by quenching of singlet and triplet excitons
Duy Cong Le, Duong Dai Nguyen, Savanna Lloyd, Toshi Kazu Suzuki, Hideyuki Murata
Journal of Materials Chemistry C, 8, 42, 14873-14879, 2020
Controlling the concentration gradient in sequentially deposited bilayer organic solar cellsviarubbing and annealing
Mohd Zaidan Abdul Aziz, Koichi Higashimine, Nobutaka Shioya, Takafumi Shimoaka, Takeshi Hasegawa, Heisuke Sakai, Varun Vohra, Hideyuki Murata
RSC Advances, 10, 61, 37529-37537, 2020
Effect of Perioperative Mental Status on Health-related Quality of Life in Patients With Adult Spinal Deformities
Yuh Watanabe, Go Yoshida, Tomohiko Hasegawa, Yu Yamato, Daisuke Togawa, Tomohiro Banno, Shin Oe, Hideyuki Arima, Hiroki Ushirozako, Tomohiro Yamada, Hideyuki Murata, Yukihiro Matsuyama
SPINE, 45, 2, E76-E82, 2020
Investigation of the improvement in short-term stability by post annealing of fluorescent organic light-emitting diodes
Duy Cong Le, Hideyuki Murata
Digest of Technical Papers - SID International Symposium, 51, 1, 2027-2029, 2020
Investigation of the sensing mechanism of dual-gate low-voltage organic transistor based pressure sensor
Olamikunle Osinimu Ogunleye, Heisuke Sakai, Yuya Ishii, Hideyuki Murata
Organic Electronics, 75, -, 2019
◆Misc
第78回応用物理学会秋季学術講演会報告(9月5日~8日)
村田 英幸
Molecular electronics and bioelectronics = 応用物理学会,有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌, 28, 4, 253-259, 2017
P3HT/PCBM積層型太陽電池の素子特性に及ぼすチオフェン環の配向角度の影響
伊東嶺, 小野裕太郎, 酒井平祐, 長尾祐樹, 村田英幸
応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 63rd, ROMBUNNO.20P-W531-3-, 2016
大面積感圧センサーシートの開発
酒井平祐, 石井佑弥, 延島大樹, 村田英幸, 植村聖
電子情報通信学会技術研究報告, 115, 163(OME2015 34-41), 1-4, 2015
29pPSA-63 SHG分光法による劣化有機EL素子の評価に関する研究(29pPSA 領域5ポスターセッション,(放射光,光電子分光,発光,非線形,フォトニック結晶),領域5(光物性))
伊原 知幸, NGAHDEMON Siti Zulaikha, 松本 一樹, Ullah Muhammad Samir, 水谷 五郎, 松島 敏則, 村田 英幸
日本物理学会講演概要集, 69, 0, 775-775, 2014
24pCC-3 Si(001)に吸着したDATのSTM像探針バイアス依存性(24pCC 表面界面構造,領域9(表面・界面,結晶成長))
小田 将人, 西村 高志, 笹原 亮, 村田 英幸, 新井 豊子, 富取 正彦
日本物理学会講演概要集, 67, 0, 936-936, 2012
◆書籍
Systematic study of organic solar cells cross-section by EDS to correlate donor-acceptor vertical concentration gradients and device performances, Varun Vohra, Nur Tahirah Razali, and Hideyuki Murata in “Science and Applications of Tailored
128-147, One Central Press, USA 2017, 2017
Chapter 7: Interface Engineering: A key aspect for the potential commercialization of printable organic photovoltaic cells, in Printable Solar Cells
235-261, Scrivener Publishing LLC, 2017
第5章 有機EL素子の劣化機構
編者(編著者) , 「最先端の有機EL ―基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術」(監修: 安達千波矢、藤本弘)(シーエムシー出版2017年4月), 2017
Chemical Science of π-Electron Systems・Comparative Study of Fullerene Derivatives Blended with a High Efficiency Naphthobisthiadiazole-Based Polymer for Organic Photovoltaic Applications
Springer, 2015
高次π空間の創発と機能開発・第3章 10節 自己組織的高次π空間を利用した高効率有機薄膜太陽電池
共著, 183-186, シーエムシー出版, 2013
◆講演・口頭発表
有機EL素子の高信頼化を目指した基礎研究(業績賞受賞記念講演)
有機EL討論会 第26回例会, 東京, 2018
Degradation analysis of OLED by Fourier transform ion cyclotron resonance mass spectrometry imaging
The 10th International Symposium on Organic Molecular Electronics, Sunmessse Tosu (Saga, Japan), 2018
A High sensitive and flexible dual-gate organic pressure sensor (Invited)
The 2nd Nippon-Taiwan Workshop on Innovation of Emergent Materials, Ishikawa, Japan, 2018
Efficient organic solar cells employing controlled molecular orientation(Invited)
2017 North East Asia Symposium of Emerging Materials Innovation, Seoul. Korea, 2017
Efficient organic solar cells employing controlled molecular orientation (Invited)
The 3rd Symposium of the Center for High-performance Nature-derived Materials and the 4th Int. Symposium for Green-Innovation Polymers, Ishikawa, Japan, 2017

■担当講義

Quantum Mechanics, Optical Properties of Solids (E), Solid State Physics and its Application to Electronics I, 量子力学特論, 光物性特論(E), 固体電子物性・デバイス特論Ⅰ(E)

■学外活動

◆所属学会
映像情報メディア学会, 有機EL討論会, 高分子学会 有機EL研究会, Society for Information Display, アメリカ化学会, アメリカ物理学会, 日本化学会, 応用物理学会
◆学術貢献活動
The 25th International Display Workshop , Program Committee , 2018 - 2018
The 2nd Nippon-Taiwan Workshop on Innovation of Emergent Materilas , JAIST, Professor Hideyuki Murata , 2018 - 2018 , Japan advanced Institute of Science and Technology
The 24th International Display Workshops, , Program Committee , 2017 - 2017 , Sendai International Center、Japan

■賞等

・ 第11回業績賞 , 村田 英幸 , 有機EL討論会 , 2018