TOP  >  Personal Info.  >  Conference Activities & Talks
AKAGI, Masato Professor
School of Information Science, Human Life Design Area

Conference Activities & Talks

272 items
・ 避難呼びかけ音声の心理的評価 ~ 30~60代を対象とした調査 ~ , 小林まおり,赤木正人 , 音響学会聴覚研究会資料,H-2018-31 , 那覇IT創造館 , 2018/03/03
・ 雑音・残響環境下での緊迫感がある音声の知覚 , 小林まおり,赤木正人 , 日本音響学会騒音振動研究会資料,N-2018-17 , 金沢しいのき迎賓館 , 2018/03/09
・ 残響下の了解度と発話変形との関係-フォルマント分析による検討- , 久保理恵子,赤木正人 , 日本音響学会騒音振動研究会資料,N-2018-18 , 金沢しいのき迎賓館 , 2018/03/09
・ 発話時の残響時間によるフォルマント周波数の変化と残響下における了解度 , 久保理恵子,赤木正人 , 日本音響学会電気音響研究会資料,EA-2017-108 , 石垣 , 2018/03/19
・ 音声の緊迫感に関与する音響特徴の検討 , 小林 まおり 濱田 康弘 赤木 正人 (). “”,. , 音響学会聴覚研究会資料,H-2018-71 , 北海道大学 , 2018/07/24
・ 幅広い音域の歌声の声帯音源波形と声道形状の推定方法の提案 , 高橋 響子,赤木 正人(). “”,. , 音響学会聴覚研究会資料,H-2018-72 , 北海道大学 , 2018/07/24
・ 雑音残響環境での避難誘導音声呈示 , 赤木正人,鵜木祐史,久保理恵子,小林まおり , 音響学会聴覚研究会資料,H-2018-107 , 東北学院大学 , 2018/08/24
・ 残響時間が異なる環境において発話された音声の了解度変化‐高齢者を対象とした検討‐ , 久保理恵子,赤木正人 , 音響学会聴覚研究会資料,H-2018-108 , 東北学院大学 , 2018/08/24
・ Audio Source Separation via Constraint Robust Principal Component Analysis , Feng Li and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Spring Meeting, 1-P-18 , 日本工業大学 , 2018/03/13
・ Investigating the effective level of feature extraction for speech emotion recognition , Reda Elbarougy and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Spring Meeting, 2-Q-8 , 日本工業大学 , 2018/03/14
・ Towards automatic multilingual emotion detection in 2D space using a three-layer model , Xingfeng Li and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Spring Meeting, 2-Q-9 , 日本工業大学 , 2018/03/14
・ End-to-end speech emotion recognition using 3-d convolutional recurrent neural networks based on modulation spectral features , Zhizhao Peng, Zhi Zhu, Masashi Unoki, Jianwu Dang, and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Spring Meeting, 2-Q-10 , 日本工業大学 , 2018/03/14
・ 避難呼びかけ音声の音響的特徴の分析 , 濱田 康弘,小林 まおり,赤木 正人 , 日本音響学会平成30年度春季研究発表会, 2-Q-38 , 日本工業大学 , 2018/03/14
・ 避難呼びかけ音声の聴感印象 -30~60 代を対象にした調査- , 小林 まおり,赤木 正人 , 日本音響学会平成30年度春季研究発表会, 3-5-4 , 日本工業大学 , 2018/03/15
・ Speaker-independent control model for mimicking Lombard speech uttered in background noises with various levels , Thuan Van NGO, Rieko KUBO, and Masato AKAGI , Proc. ASJ '2018 Spring Meeting, 3-P-33 , 日本工業大学 , 2018/03/15
・ 残響時間の異なる環境における発話の母音フォルマントの比較 , 久保 理恵子,赤木 正人 , 日本音響学会平成30年度春季研究発表会, 3-P-34 , 日本工業大学 , 2018/03/15
・ 残響環境における音声の緊迫感の評価 , 小林 まおり,赤木 正人 , 日本音響学会平成30年度春季研究発表会, 3-P-4 , 日本工業大学 , 2018/03/15
・ 幅広い音域の歌声の声帯音源波形と声道形状の推定方法の提案 , 高橋響子,赤木正人 , 日本音響学会平成30年度秋季研究発表会, 1-4-10 , 大分大学 , 2018/09/12
・ Non-parallel Voice Conversion using Convolutional Variational Autoencoder , Tuan Vu Ho and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Fall Meeting, 2-4-7 , 大分大学 , 2018/09/13
・ 発話時の残響時間の違いが残響下での了解度に与える影響‐高齢者を対象とした検討‐ , 久保理恵子,赤木正人 , 日本音響学会平成30年度秋季研究発表会, 2-P-13 , 大分大学 , 2018/09/13
・ 音声の基本周波数軌跡が緊迫感に与える影響 -藤崎モデルによる検討- , 濱田康弘,小林まおり,赤木正人 , 日本音響学会平成30年度秋季研究発表会, 2-P-18 , 大分大学 , 2018/09/13
・ Acoustic Feature Selection Toward A Three-Layer Emotion Perception Model , Xingfeng Li and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Fall Meeting, 2-Q-10 , 大分大学 , 2018/09/13
・ Acoustic and articulatory analysis and synthesis of shouted vowels , Yawen Xue, Michael Marxen, Masato Akagi, and Peter Birkholz , Proc. ASJ '2018 Fall Meeting, 2-Q-11 , 大分大学 , 2018/09/13
・ Simultaneous estimation of glottal source waveform and vocal tract shape from speech signal based on ARX-LF model , Yongwei Li, Ken-Ichi Sakakibara, and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Fall Meeting, 2-Q-21 , 大分大学 , 2018/09/13
・ Continuous Tracking of Emotional State from Speech Based on Emotion Unit , Reda Elbarougy, Bagus Atmaja, and Masato Akagi , Proc. ASJ '2018 Fall Meeting, 2-Q-23 , 大分大学 , 2018/09/13
・ 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性 , 石川,小林,赤木,鵜木 , 日本音響学会平成29年度春季研究発表会, 1-P-19 , 明治大学(生田) , 2017/03/15
・ Acoustic feature selection for improving estimation of emotions using a three layer model , Li, X. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Spring Meeting, 1-Q-14 , 明治大学(生田) , 2017/03/17
・ 残響環境下での話速変化が音声了解度に与える影響 , 久保,森川,赤木 , 日本音響学会平成29年度春季研究発表会, 3-Q-5 , 明治大学(生田) , 2017/03/15
・ EMAデータに基づいた演技感情音声発話時の調音運動制御の分析 , 浅井,末光,赤木 , 日本音響学会平成29年度春季研究発表会, 3-Q-18 , 明治大学(生田) , 2017/03/17
・ Acoustic variation of Lombard speech produced in various noise-level environments , Ngo, V. T., Kubo, R., Morikawa, D., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Spring Meeting, 3-Q-20 , 明治大学(生田) , 2017/03/17
・ Acoustic features related to speaking styles in valence-arousal dimensional space , Xue, Y. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Spring Meeting, 3-Q-25 , 明治大学(生田) , 2017/03/17
・ Commonalities and differences of glottal sources and vocal tract shapes among speakers in emotional speech , Li, Y., Sakakibara, K., Morikawa, D., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Spring Meeting, 3-Q-28 , 明治大学(生田) , 2017/03/17
・ 「災害時に必要な情報を音声により確実に伝える」インテリジェント避難誘導音声呈示システムの研究開発 , 赤木,鵜木,久保,小林 , 音響学会聴覚研究会資料,47, 5, H-2017-58 , 北海道大学 , 2017/07/21
・ 了解性における音源の変調スペクトルと音環境の変調伝達関数の関係 , 小林,鵜木,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,47, 5, H-2017-59 , 北海道大学 , 2017/07/21
・ 避難呼びかけ音声の心理的評価 , 小林,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,H-2017-86 , 東北大学 , 2017/08/10
・ Acoustical rules for mimicking Lombard speech uttered in a various noise level background , Ngo, T. V., Kubo, R., and Akagi, M. , Proc. Auditory Res. Meeting, The Acoustical Society of Japan, H-2017-87 , 東北大学 , 2017/08/10
・ 残響時間が異なる環境において発話された音声の了解度変化 , 久保,森川,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,H-2017-88 , 東北大学 , 2017/08/10
・ 音声の変調スペクトルと音環境の変調伝達関数の関係が了解性に及ぼす効果 , 小林まおり,鵜木祐史,赤木正人 , 日本音響学会平成29年度秋季研究発表会, 1-P-7 , 愛媛大学 , 2017/9/25
・ Multilingual emotion recognition from speech using a three layer model , Li, X., Zhu, Z., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Fall Meeting, 1-R-33 , 愛媛大学 , 2017/9/25
・ Relationships between features of glottal sources and vocal tract shapes and perceived positions on valence and activation in emotional speech , Li, Y., Sakakibara, K-I., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Fall Meeting, 1-R-34 , 愛媛大学 , 2017/9/25
・ 避難呼びかけ音声の聴感印象 , 小林まおり,鵜木祐史,赤木正人 , 日本音響学会平成29年度秋季研究発表会, 2-7-3 , 愛媛大学 , 2017/9/26
・ Singing Voice Separation Using Weighted Robust Principal Component Analysis , Li, F. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Fall Meeting, 2-P-16 , 愛媛大学 , 2017/09/26
・ Acoustical control method for increasing intelligibility based on Lombard speech uttered in background noises with various levels , Ngo, T. V., Kubo, R., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2017 Fall Meeting, 2-Q-29 , 愛媛大学 , 2017/09/26
・ 発話時の残響時間の違いが残響下での音声了解度に与える影響 , 久保理恵子, 森川大輔,赤木正人 , 日本音響学会平成29年度秋季研究発表会, 3-P-18 , 愛媛大学 , 2017/09/27
・ 発話目的の違いに注目した感情音声発話時の調音運動の比較 , 浅井拓也, 末光厚夫, 赤木正人 , 日本音響学会平成29年度秋季研究発表会, 3-P-33 , 愛媛大学 , 2017/09/27
・ Study on speech privacy protection by controlling speech transmission index in simulated room , Masashi Unoki, Yuta Kashihara, Maori Kobayashi, Masato Akagi , Proc. Auditory Res. Meeting, ASJ, Vol. 47, No. 8, H-2017-125 , Auckland University , 2107/12/01
・ Toward Affective Speech-to-Speech Translation , Masato Akagi , Proc. Auditory Res. Meeting, ASJ, Vol. 47, No. 8, H-2017-126 , Auckland University , 2107/12/01
・ ロンバード効果が音声の了解度と耳障りさに与える影響 , 久保 理恵子,森川 大輔,赤木 正人 , 日本音響学会平成28年度春季研究発表会 , 桐蔭横浜大学 , 2016/03/9
・ 音声の耳障り感と了解性にロンバード効果が与える影響 , 久保 理恵子,森川 大輔,赤木 正人 , 電子情報通信学会技術報告,SP2015-110 , ビーコンプラザ(別府) , 2016/03/28
・ Quality improvement of HMM-based synthesized speech based on decomposition of naturalness and intelligibility using asymmetric bilinear model with non-negative matrix factorization , Dinh, T. A, and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, SP2015-141 , ビーコンプラザ(別府) , 2016/03/29
・ Application of emotional voice conversion system based on three-layer model for dimensional space to multiple languages , Xue, Y. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2016 Fall Meeting, 2-Q-33 , 富山大学 , 2016/09/15
・ Estimation of glottal source waves and vocal tract shapes of emotional speech using ARX-LF model , Li, Y., Morikawa, D., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2016 Fall Meeting, 2-Q-36 , 富山大学 , 2016/09/15
・ 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討 , 鵜木,石川,柏原,小林,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA2016-67 , コンパルホール4階400会議室(大分市) , 2016/11/17
・ Toward Affective Speech-to-Speech Translation , Akagi, M. , International Conference on Advances in Information and Communication Technology 2016, DOI 10.1007/978-3-319-49073-1 3 , Thai Nguyen, Vietnam , 2016/12/13
・ Valence-Activation2次元感情空間で定式化された感情音声合成法の提案 , 濱田康弘,Elbarougy, R., 赤木正人 , 電子情報通信学会音声研究会,SP2014-74 , 和歌山県白浜 , 2014/10/23
・ Analysis of glottal source waves for emotional speech using ARX-LF model , 李 永偉,浜田 康弘,赤木 正人 , Proc. ASJ '2015 Spring Meeting, 2-Q-44 , 中央大学(東京都) , 2015/03/16
・ 感情音声合成におけるValence-Activation 2 次元空間と関連する音響特徴の制御法の検討 , 濱田 康弘,Elbarougy Reda,Li Yongwei,赤木 正人 , Proc. ASJ '2015 Spring Meeting, 2-Q-45 , 中央大学(東京都) , 2015/03/16
・ 表現豊かな音声の認識・合成とAffective Speech-to-Speech Translationへの応用 , 赤木正人 , 2015音学シンポジウム,情報処理学会研究報告,2015-MUS-107, 6 , 電気通信大学 , 2015/05/23
・ 米語/r/-/l/知覚で生じる母語干渉における成人の年代変化 , 久保理恵子,赤木正人 , 2015音学シンポジウム(電通大学),情報処理学会研究報告,2015-MUS-107, 41 , 電気通信大学 , 2015/05/23
・ Analysis of glottal source waves for emotional speech using ARX-LF model , Li, Y., Hamada, Y., and Akagi, M. , 2015 Otogaku Symposium, IPSJ SIG Technical Report, 2015-MUS-107, 69 , 電気通信大学 , 2015/05/24
・ 雑音残響環境における室内音響パラメータのブラインド推定法の検討 , 鵜木 祐史,森田 将太,宮崎 晃和,赤木 正人 , 日本音響学会平成27年度秋季研究発表会, 1-6-11 , 会津大学 , 2015/09/16
・ Study on estimation of bilingual speech emotion dimensions using a three-layered model , Li, X., Akagi, M. , Proc. ASJ '2015 Fall Meeting, 1-Q-39 , 会津大学 , 2015/09/16
・ A method for synthesizing emotional speech using the three-layered model based on a dimensional approach , Xue, Y., Hamada, Y., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2015 Fall Meeting, 1-Q-40 , 会津大学 , 2015/09/16
・ 雑音呈示方法が Lombard 効果に与える影響 , 久保 理恵子,森川 大輔,赤木 正人 , 日本音響学会平成27年度秋季研究発表会, 2-P-46 , 会津大学 , 2015/09/17
・ 雑音残響環境における音声伝達指標の推定と音声回復処理 , 鵜木,森田,宮崎,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,45, 5, H-2015-80 , ジーベックホール(神戸) , 2015/07/22
・ Improving estimation accuracy of dimension values for speech emotion in bilingual cases using a three-layered model , Li, X. and Akagi, M. , Proc. Auditory Res. Meeting, The Acoustical Society of Japan , Taiwan , 2015/10/23
・ Rule-based emotional voice conversion utilizing three-layered model for dimensional approach , Xue, Y. and Akagi, M. , Proc. Auditory Res. Meeting, The Acoustical Society of Japan , Taiwan , 2015/10/23
・ 競合音声マスキングを用いた第二言語音韻知覚における年齢効果の検討 , 久保,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,44, 1, H-2014-5 , 2014/02/08
・ Binaural sound source localization in noisy reverberant environments based on Equalization-Cancellation Theory , Chau, D. T., Li, J., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, EA2013-123 , 2014/03/28
・ 変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法:帯域分割型SNR推定法の利用 , 森田,鵜木,ルー,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,SP2014-41 , 2014/05/24
・ Comparison of perceived results of emotional states on Valence-Activation space among multi-languages , Han, X., Elbarougy, R., Akagi, M., and Li, J. , IEICE Tech. Report, SP2014-55 , 2014/06/19
・ Accurate phoneme segmentation method using combination of HMM and Fuzzy Inference system , Dong, L., Elbarougy, R., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, SP2014-57 , 2014/06/20
・ 非負値行列因子分解を用いたピアノ音の個体差要因の分析 , 小林,森川,赤木 , 日本音響学会平成26年春季研究発表会,1-5-5 , 2014/03/10
・ 遅延器による位相差を利用するデジタルFM復調器の提案 , 西江,赤木 , 日本音響学会平成26年春季研究発表会,1-6-9 , 2014/03/10
・ 音声マスキングを用いた第二言語音韻知覚の年齢効果の検討 , 久保,赤木,山田 , 日本音響学会平成26年春季研究発表会,2-P5-26 , 2014/03/11
・ Emotion recognition using optimized adaptive neuro-fuzzy inference systems , Elbarougy, R. and Akagi, M. , 日本音響学会平成26年春季研究発表会,2-Q4-18 , 2014/03/11
・ PRISM の総合評価:PRISM をフロントエンドとした音声認識性能 , 森田,鵜木,ルー,赤木 , 日本音響学会平成26年春季研究発表会,3-Q5-25 , 2014/03/12
・ HMM-based phonetic segmentation using Adaptive Neuro Fuzzy Inference , Dong, L., Elbarougy. R., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2014 Fall Meeting, 1-7-2 , 2014/09/03
・ Study on perceived emotional states in multiple languages on Valence-Activation space , Han, X., Elbarougy, R., Akagi, M., and Li, J. , Proc. ASJ '2014 Fall Meeting, 1-7-11 , 2014/09/03
・ Valence-Activation 2 次元空間での感情表現にもとづいた感情音声合成 , 濱田康弘, ELBAROUGY Reda, 赤木正人 , 日本音響学会平成26年度秋季研究発表会, 1-7-12 , 2014/09/03
・ 第二言語音韻知覚時におけるマスキング音の影響 -異なる言語のバブルノイズをマスキング音とした場合の比較- , 久保理恵子,赤木正人,山田玲子 , 日本音響学会平成26年度秋季研究発表会, 3-Q-43 , 2014/09/05
・ 声区の違いによる声質の変化と声帯音源特性の関連性 , 元田,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2012-10 , 2012/10/13
・ 声区表現可能な歌声合成を目的としたARX-LFパラメータの制御法の検討 , 元田,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2013-7 , 2013/02/03
・ Automatic Speech Emotion Recognition Using A Three Layer Model , Elbarougy, R. and Akagi, M. , 電子情報通信学会技術報告,SP2012-127 , 2013/03/01
・ 聴覚機能低下が/r/-/l/音韻訓練へ与える影響 , 久保,赤木 , 日本音響学会平成25年春季研究発表会,1-8-6 , 2013/03/13
・ Improving the flexibility of unit-selection speech synthesis with Temporal Decomposition , Phung, T. N., Luong, M. C., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2013 Spring Meeting, 1-7-16 , 2013/03/13
・ Binaural multiple-source localization in noisy reverberant environments based on Equalization-Cancellation model , Chau, T. D., Li, J. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2013 Spring Meeting, 1-P-44 , 2013/03/13
・ Acoustic Analysis of Register Transition between Chest-to-Head Register in Singing Voice , Elbarougy, R., Tokuda, I., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2013 Spring Meeting, 1-Q-7c , 2013/03/13
・ ARX-LFに基づく声区表現を組み込んだ歌声合成システムの構築 , 元田,赤木 , 日本音響学会平成25年春季研究発表会,2-7-13 , 2013/03/14
・ フーリエ変換を使用しない実時間F0 推定の試み , 西江,赤木 , 日本音響学会平成25年春季研究発表会,3-P-52b , 2013/03/15
・ Adaptive equalization-cancellation model and its application to sound localization in noisy reverberant environments , Chau, D. T., Li, J., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, EA2013-24, SP-2013-24 , 2013/05/16
・ /r/-/l/訓練における年齢効果:聴覚機能劣化の影響の有無 , 久保,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,43, 4, H-2013-61 , 2013/06/14
・ フーリエ変換を使用しない基本周波数推定による楽器音F0推定 , 西江,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA-2013-36 , 2013/0718
・ 残響音声からの音声伝達指標のブラインド推定法の検討 , 鵜木,佐々木,宮内,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA-2013-44 , 2013/07/18
・ Cross-lingual Speech Emotion Dimensions Estimation Based on a Three-Layer Model , Elbarougy, R. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2013 Fall Meeting, 1-P-1a , 2013/09/25
・ 微細ドップラーシフト計測による移動音源追跡 , 西江,赤木 , 日本音響学会平成25年度秋季研究発表会, 1-P-35c , 2013/09/25
・ 雑音残響にロバストな音声区間検出法の検討 , 森田,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成25年度秋季研究発表会, 1-P-22b , 2013/09/25
・ Improving the naturalness of speech synthesized by HMM-based systems by producing an appropriate smoothness , Phung, T. N. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2013 Fall Meeting, 2-7-9 , 2013/09/26
・ 遅延器による位相差を利用する瞬時周波数測定方法の提案 , 西江,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA-2013-93 , 2013/12/13
・ 音情景理解を応用した音声プライバシー保護 , 赤木,入江 , 電子情報通信学会技術報告,EMM2011-59 , 機械振興会館(東京) , 2011/12/09
・ 振幅変調成分の動きの知覚と検出に関する研究 , 矢野,宮内,鵜木,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,42, 1, H-2012-11
・ 疑似直交変換による瞬時位相計測方法 ―Hilbert変換器の位相精度検証― , 西江,赤木 , 電気学会計測研究会資料,IM-12-021 , 2012/03/09
・ 二チャンネルマイクロホンアレイによる雑音残響環境下音声強調手法 , 佐々木,赤木 , 日本音響学会平成24年春季研究発表会,1-Q-7 , 神奈川大学 , 2012/03/13
・ 音声の動的成分に着目した個人性聴取印象の検討 , 出水田,赤木 , 日本音響学会平成24年春季研究発表会,1-R-1 , 神奈川大学 , 2012/03/13
・ カクテルパーティ効果とスピーチプライバシー保護 , 赤木,入江 , 日本音響学会平成24年春季研究発表会,2-2-3 , 神奈川大学 , 2012/03/14
・ 音信号の振幅変調成分の違いが音の聴き取りやすさに与える影響 , 矢野,宮内,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成24年春季研究発表会,2-8-8 , 神奈川大学 , 2012/03/14
・ 変調伝達関数に基づいたパワーエンベロープ回復処理における音声区間検出の検討 , 鵜木,Lu, S.,Reco, P.,森田,赤木,Hoffman, R. , 電子情報通信学会技術報告,EA-2012-2 , 2012/05/24
・ 2周波数混合波形による瞬時周波数計測の精度測定 , 西江,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA-2012-8 , 2012/05/24
・ EEGによる基本周波数の時間変化に応じた脳活動の計測 , 濱田,李,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,42, 3, H-2012-45 , 2012/05/25
・ A low-cost concatenative TTS for monosyllabic languages , Phung, T. N., Luong, M. C., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, SP-2012-35 , 2012/06/14
・ Comparison of methods for emotion dimensions estimation in speech using a three-layered model , Elbarougy, R. and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, SP-2012-36 , 2012/06/14
・ 音声の知覚と認識 -人は脳で音声を聞く.機械は?- , 赤木,羽二生 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/09
・ 方向性マスキング解除を説明する両耳聴モデルの提案 , 水川,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/11
・ 背景音に対する目的音の振幅包絡の動きの違いが目的音検知に与える影響 , 矢野,宮内,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京)
・ MTF に基づいたパワーエンベロープ回復処理による音声区間検出の検討 , 鵜木,森田,澤口,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/10
・ 雑音残響にロバストな音声認識のための帯域分割型パワーエンベロープ回復処理の検討 , 森田,Lu,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/10
・ 蝸牛遅延特性に基づく音声ステガノグラフィーの検討 , 小杉,羽二生,宮内,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/09
・ 線形予測に基づいた骨導音声回復法の改良とその総合評価 , 鵜木,フンチュンニア,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/09
・ MTF の概念に基づいた音声伝達指標のブラインド推定法に関する研究 , 池田,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成23年春季研究発表会 , 早稲田大学(東京) , 2011/03/09
・ 雑音残響環境下での変調伝達関数に基づくパワーエンベロープ回復処理と音声認識への応用 , 森田,Lu, X., 鵜木,赤木,Hoffmann, R. , 電子情報通信学会技術報告,EA2011-7 , 2011/05/12
・ 変調伝達関数の概念に基づいた音声伝達指標のブラインド推定法の検討 , 鵜木,池田,宮内,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA2011-47 , 2011/07/15
・ 電子音響透かし法のための蝸牛遅延フィルタの最適構成に関する検討 , 鵜木,小杉,羽二生,宮内,赤木 , 電子情報通信学会技術報告,EA2011-55 , 2011/08/09
・ 書籍紹介と総論・聴覚 , 赤木正人 , 日本音響学会平成23年秋季研究発表会ビギナーズセミナー , 島根大学 , 2011/09/20
・ 基本周波数の時間変化が事象関連電位に及ぼす影響 , 濱田,末光,赤木 , 日本音響学会平成23年秋季研究発表会, 1-Q-7 , 島根大学 , 2011/09/20
・ 中高齢者の日本語話者に対する米語音韻対/r/-/l/聴取訓練 , 久保,山田,山田,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2011-95 , 2011/10/01
・ 聴取印象に着目した音声の個人性知覚に関する基礎研究 , 出水田,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2011-98 , 2011/10/01
・ 雑音環境下におけるTS-BASE/WFの性能評価 TS-BASE/WFの改良手法についての検討 , 佐々木,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2011-101 , 2011/10/01
・ 聴覚と音研究 , 赤木正人 , 音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2011-104 , 2011/10/02
・ A DOA estimation algorithm based on equalization-cancellation theory , Chau, D. T., Li, J., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, EA2010-28
・ Comparative evaluation of bone-conducted-speech restoration based on linear prediction scheme , Phung, T. N., Unoki, M., and Akagi, M. , IEICE Tech. Report, EA2010-31
・ Subjective Evaluations of TS-BASE/WF for Speech Enhancement and Sound Localization , 李 軍鋒,坂本 修一,本郷 哲,赤木 正人,鈴木 陽一 , ASJ’2009 Fall Meeting, , Fukushima , September, 2009
・ Physiologically-inspired Feature Extraction for Emotion Recognition , 周 瑜, 李 軍鋒, 張 建平,顔 永紅,赤木 正人 , ASJ’2009 Fall Meeting , Fukushima , September, 2009
・ Comparative Evaluations of Single-channel Speech Enhancement Algorithms on Mandarin and English Speech Intelligibility , 李 軍鋒,楊 琳,張 建平,顔 永紅,赤木 正人 , ASJ’2009 Fall Meeting , Fukushima , September, 2009
・ Effects of single-channel speech enhancement algorithms on Mandarin speech intelligibility , Lin Yang, Junfeng Li, Jianping Zhang, Yonghong Yan and Masato Akagi , Technical Report of IEICE , Hokkaido , June, 2009
・ Multi-layer model for expressive speech perception and its application to expressive speech synthesis , Akagi, M. , NCMMSC2009, Lanzhou, China, 2009/08/14
・ 感情音声知覚モデルの提案とその応用 , 赤木正人 , 日本音響学会平成21年秋季研究発表会,郡山,2009/9/15
・ Intelligibility investigation of single-channel speech enhancement algorithms using Japanese corpus , Li, J. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2010 Spring Meeting , 電通大 , 2009/3/8
・ fMRI による感動詞「ええ」呈示時の脳活動測定 , 濱田康弘,北村達也,赤木正人 , 日本音響学会平成22年春季研究発表会 , 電通大 , 2010/3/8
・ 音色的高さに影響を及ぼす物理量の検討 , 石田舞,赤木正人 , 日本音響学会平成22年春季研究発表会 , 電通大 , 2010/3/8
・ 変調伝達関数に基づいた変調スペクトル逆フィルタ処理の検討 , 森田翔太,鵜木祐史,赤木正人 , 日本音響学会平成22年春季研究発表会 , 電通大 , 2010/3/9
・ 雑音残響環境下におけるMTF ベース・パワーエンベロープ回復処理の検討 , 鵜木祐史,山崎 悠,赤木正人 , 日本音響学会平成22年春季研究発表会 , 電通大 , 2010/3/9
・ Voice conversion to add non-linguistic information into speaking voices , Akagi, M. , International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2008) , Hoian, Vietnam , 2008/6/5
・ Applications of Temporal Decomposition to Voice Transformation , Nguyen, B. P. and Akagi, M. , International symposium on biomechanical and physiological modeling and speech science , 2009/02/20
・ Introduction of SCOPE project: Analysis of production and perception characteristics of non-linguistic information in speech and its application to inter-language communications , Akagi, M. , International symposium on biomechanical and physiological modeling and speech science , 2009/02/20
・ SingBySpeaking:ユーザの話声を歌声に変換する歌声合成インタフェース , 齋藤,後藤,鵜木,赤木 , 情報処理学会・インタラクション2009 , 2009/03/06
・ Conversion of speaking voice into singing voice , Akagi, M. , ICT Forum Hanoi , Hanoi, Vietnam , 2007/12/6
・ An LP-based blind restoration method for improving intelligibility of bone-conducted speech , Vu T. T., Unoki M., and Akagi, M. , 電子情報通信学会技術報告、SP2006-172 , 2007/3
・ A flexible temporal decomposition-based spectral modification method using asymmetric Gaussian mixture model , Nguyen B. P. and Akagi M. , 電子情報通信学会技術報告、SP2007-25 , 2007/7
・ 方向性の手がかりを利用した雑音環境下での報知音の知覚能力の向上 , 内山,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会技術報告、SP2007-27 , 2007/7
・ A study on expressive speech and perception of semantic primitives: Comparison between Taiwanese and Japanese , Huang C. F. and Akagi M. , 電子情報通信学会技術報告、SP2007-32 , 2007/7
・ Evaluation of an LP-based blind restoration method to improve intelligibility of BC speech , Unoki M., Vu T. T., Seide J., and Akagi, M. , 電子情報通信学会技術報告、SP2007-41 , 2007/7
・ A speech enhancement approach for binaural hearing aids , Li, J., Sakamoto, S., Hongo, S., Akagi, M., and Suzuki, Y. , Proc. 22th SIP Symposium , 2007/11
・ 変形聴覚フィードバックに対する発話系の反応の計測 , 内山田,Lu,党,赤木 , 平成19年春季音響学会講演論文,2-Q-18 , 2007/3
・ 異文化間の感情音声の認知における共通要素についての検討 , 沢村,党,赤木,Fang,Erickson,櫻庭,峯松,広瀬 , 平成19年春季音響学会講演論文,2-Q-19 , 2007/3
・ 自動車環境下の報知音知覚に関する検討 , 内山,鵜木,赤木 , 平成19年春季音響学会講演論文,2-Q-20 , 2007/3
・ Temporal decomposition-based spectral modification and its application to emotional speech synthesis , Nguyen B. P., Huang C. F., and Akagi M. , Proc. ASJ '2007 Spring Meeting, 3-8-8. , 2007/3
・ Rule-Based Speech Morphing for Evaluating Emotional Speech Perception Model , Huang C. F., Nguyen B. P., and Akagi M. , Proc. ASJ '2007 Spring Meeting, 3-8-9 , 2007/3
・ Perception of Japanese expressive speech: Comparison between Japanese and Taiwanese listeners , Huang, C. F. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2007 Fall Meeting, 1-4-6 , 2007/9
・ Temporal decomposition-based speech spectra modeling using asymmetric Gaussian mixture model , Nguyen B. P. and Akagi M. , Proc. ASJ '2007 Fall Meeting, 3-4-6 , 2007/9
・ Adaptive β-order generalized spectral subtraction for speech enhancement , Li, J., Sakamoto, S., Hongo, S., Akagi, M., and Suzuki, Y. , Tech. Report of IEICE, EA2006-42 , 2006/08
・ A parameter estimation method for a bone-conducted speech restoration based on the linear prediction , Vu, T., Unoki, M., and Akagi, M. , Trans. Tech. Comm. Psychol. Physiol. Acoust., ASJ, 36, 7, H-2006-104 , 2006/10
・ Generalized spectral subtraction based on sub-band SNR , Li, J., Sakamoto, S., Hongo, S., Akagi, M., and Suzuki, Y. , Proc. ASJ '2006 Fall Meeting, 1-1-21 , 2006/9
・ MRIデータを用いた軟口蓋の測定と声道音響モデルへの適用に関する研究 , 朴,党,中井,赤木 , 平成18年秋季音響学会講演論文、1-Q-6 , 2006/09
・ A study on predicting parameters of LP-based model for restoring bone-conducted speech , Vu, T., Unoki, M., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2006 Fall Meeting, 2-5-1 , 2006/09
・ 変形聴覚フィードバックによる発話系の補償動作について , 内山田,Lu,党,赤木 , 平成18年秋季音響学会講演論文、3-P-9 , 2006/09
・ 変調伝達特性に着目した骨導音声回復法の検討 , 鵜木,木村,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料、H-2005-33
・ 変調伝達関数に基づいた残響音声回復法の改良と総合評価 , 鵜木,戸井,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料、H-2005-55
・ 感情知覚モデルを検証するための規則の構築 , 黄,赤木 , 電子情報通信学会技術報告、SP2005-39
・ A noise reduction method based on a generalized subtractive beamformer , Li, J. and Akagi, M. , Tech. Report of IEICE, EA2005-44
・ 自然性の高い歌声合成のためのヴィブラート変調周波数の制御法の検討 , 齋藤,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会技術報告、TL2005-10
・ A study on restoration of bone-conducted speech with the lpc-based model , Vu, T. T., Unoki, M., and Akagi, M. , Proc. Int. Sympo. Frontiers in Speech and Hearing Research, 67-72
・ Sub-band temporal envelope restoration for ASR in reverberation environment , Lu, X., Unoki, M., and Akagi, M. , Proc. Int. Sympo. Frontiers in Speech and Hearing Research, 73-78
・ Rule-Based Speech Morphing for Evaluating Linguistic Descriptions of Emotional Speech Perception , Huang, C. F. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2005 Fall Meeting, 1-6-3
・ A noise reduction method based on a generalized subtractive beamformer , Li, J. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2005 Fall Meeting, 2-2-19
・ 声区変換を伴う歌声合成を目的とした音響パラメータ制御法の検討 , 齋藤,赤木,榊原 , 平成17年秋季音響学会講演論文、2-6-10
・ 変調伝達関数に着目した骨導音声回復法の検討 , 鵜木,木村,赤木 , 平成17年秋季音響学会講演論文、2-Q-23
・ 口腔疾患患者の調音時の補償動作に着目した変形声道モデルによる伝達特性の分析 , 西本,赤木,党,鈴木 , 平成17年秋季音響学会講演論文、3-1-15
・ A method for restoring bone-conducted speech base on LPC model , Vu, T. T., Unoki, M., and Akagi, M. , Proc. ASJ '2006 Spring Meeting, 1-3-3
・ 残響にロバストな音声認識のための帯域分割型パワーエンベロープ回復処理の検討 , 鵜木,Lu,赤木 , 平成18年春季音響学会講演論文、1-5-5
・ 自動車走行雑音下における車室内発話音声の合成 , 竹山,鵜木,赤木,神沼 , 平成18年春季音響学会講演論文、1-Q-18
・ 雑音中の報知音知覚における報知音のITD および成分周波数の影響 , 中西,鵜木,赤木 , 平成18年春季音響学会講演論文、2-3-1
・ 変形聴覚フィードバックにおける摂動量と補正動作の関係について , 田中,Lu,党,赤木 , 平成18年春季音響学会講演論文、2-3-11
・ Two-microphone noise reduction with preserving ITD cues in highly non-stationary multi-noise-source environments , Li, J., Akagi, M., and Suzuki, Y. , Proc. ASJ '2006 Spring Meeting, 3-5-10
・ 雑音環境下における音源分離を認識規範とした音声認識法の提案 , 羽二生,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会技術報告、SP2004-31
・ 適応的な時間‐周波数分割を考慮した残響音声回復法の改良 , 戸井、鵜木、赤木 , 音響学会聴覚研究会資料、H-2004-66
・ 歌声らしさに影響を与える音響的特徴量を考慮した話声からの歌声合成法 , 齋藤,辻,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会技術報告、EA2004-30
・ A noise reduction system in localized and non-localized noise environments , Li, J. and Akagi, M. , Tech. Report of IEICE, EA2004-34
・ A multi-layer fuzzy logical model for emotional speech perception , Huang, C. F. and Akagi, M. , Trans. Psycho. & Physio. Acoust., ASJ, H-2004-95
・ 調音情報を考慮した聴覚系と発話系の相互作用に関する検討 , 松岡,Lu,党,赤木 , 音響学会聴覚研究会資料、H-2004-103
・ 「ビギナーズレクチャー」音声の音色を変えてみよう ‐話声から歌声へ,平声から怒声へ‐ , 赤木正人 , 音響学会聴覚研究会資料、H-2004-105
・ Investigation of interaction between speech perception and speech production , Matsuoka, R., Lu, X., Dang, J., and Akagi, M. , Proc. KIT Int. Sympo. Brain and Language 2004, 27-28
・ 雑音環境下における音源分離を認識規範とした音声認識法の提案 , 羽二生,鵜木,赤木 , 平成16年秋季音響学会講演論文、1-1-2
・ A perceptual model of emotional speech build by Fuzzy logic , Huang, C. F. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2004 Fall Meeting, 2-2-8
・ Multi-channel post-filtering in diffuse noise environment , Li, J. and Akagi, M. , Proc. ASJ '2004 Fall Meeting, 2-3-10
・ 残響音声パワーエンベロープ回復法における最適な時間‐周波数分割の検討 , 戸井、鵜木、赤木 , 平成16年秋季音響学会講演論文、2-3-19
・ 歌声知覚に影響を与える音響的特徴を考慮した話声からの歌声合成 , 齋藤,辻,鵜木,赤木 , 平成16年秋季音響学会講演論文、3-6-2
・ 声道断面形状の非対称性が声道伝達特性に及ぼす影響 , 西本,赤木 , 平成17年春季音響学会講演論文、1-1-3
・ 音源の知覚的融合にもとづいた会話のプライバシー保護の検討 , 太長根,赤木,入江 , 平成17年春季音響学会講演論文、1-2-3
・ 残響音声回復法におけるキャリア再生成処理の改良とその評価 , 戸井,鵜木,赤木 , 平成17年春季音響学会講演論文、1-6-26
・ ヴィブラート変調周波数の時間変化が歌声知覚に与える影響の調査 , 齋藤,鵜木,赤木 , 平成17年春季音響学会講演論文、3-P-14
・ スペクトル操作合成音声の聴取と声道形状モデルによる開鼻声の音響的特徴の分析 , 古崎,吉増,天笠,鈴木,赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2003.6
・ STRAIGHTを用いた話声からの歌声合成 , 赤木,清水 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2003.6
・ 歌声のF0制御モデルにおけるパラメータ決定に関する考察 , 齋藤,鵜木,赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2003.12
・ 頭内定位実験による聴覚系の位相情報伝達に関する検討 , 伊藤,赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2004.1
・ 歌声らしさの要因とそれに関連する音響特徴量の検討 , 辻,赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2004.1
・ MRI計測による声道モデルの伝達特性の推定精度の検討 , 西本,赤木,北村,鈴木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2004.3
・ 時間情報と周波数情報を用いた実環境雑音下における基本周波数推定 , 石本,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2004.3
・ MTFに基づいた残響音声回復法の提案 , 鵜木,坂田,赤木 , 日本音響学会平成15年秋季研究大会 , 2003.9
・ 歌声のF0制御モデルにおける制御パラメータの改良 , 齋藤,赤木 , 日本音響学会平成15年秋季研究大会 , 2003.9
・ 頭内定位実験による聴覚系の位相情報伝達に関する検討 , 伊藤,赤木 , 日本音響学会平成15年秋季研究大会 , 2003.9
・ MRI計測による声道モデルの伝達特性と同時収録された音声のフォルマント周波数の比較 , 西本,赤木,北村 , 日本音響学会平成15年秋季研究大会 , 2003.9
・ 歌声のF0制御モデルにおけるパラメータ値の変動が歌声の自然性に与える影響の調査 , 齋藤,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ 雑音抑圧を応用した雑音環境における基本周波数推定法 , 石本,鵜木,赤木 , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ 歌声らしさに影響を及ぼす音響的特徴の分析 , 辻,赤木 , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ 無声摩擦子音発声時の気流の数値流体解析 , 岡崎,西本,赤木 , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ A hybrid noise reduction method using single- and multi-channel techniques , Li, J. and Akagi, M. , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ 残響音声のパワーエンベロープ回復処理の改良 , 鵜木,戸井,赤木 , 日本音響学会平成16年春季研究大会 , 2004.3
・ MTFに基づいた残響音声パワーエンベロープの回復方法 , 古川、鵜木、赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2002.4
・ 人間の聴覚特性を考慮した音声分離・強調 , 赤木正人 , 電子情報通信学会音声研究会(ビギナーズセミナー招待講演) , 2002.7
・ 楽器音の音響的特徴を知識として利用した選択的分離抽出法 , 窪,鵜木,赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2002.12
・ MTFに基づいた残響音声の回復法の検討 , 酒田,鵜木,赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2003.3
・ Variable rate speech coding based on STRAIGHT using temporal decomposition , Nguyen, P. C. and Akagi, M. , ASJ '2002 Fall Meeting , 2002.10
・ 頭内定位における位相多義性の影響と位相情報伝達との関係 , 伊藤、石崎,赤木 , 平成14年秋季音響学会 , 2002.10
・ 帯域分割型残響音声パワーエンベロープ回復法の提案と帯域分割幅の検討 , 酒田,鵜木,古川,赤木 , 平成14年秋季音響学会 , 2002.10
・ 舌・口底切除患者の声道モデルを変形させたモデルの声道伝達特性の分析 , 西本、赤木、北村、鈴木 , 平成14年秋季音響学会 , 2002.10
・ エントロピーで重み付けした周期性・調波性特徴を用いた雑音下F0推定 , 石本、赤木 , 平成14年秋季音響学会 , 2002.10
・ 複数音源中からの目的楽器音の選択的分離抽出 , 窪,鵜木,赤木 , 平成15年春季音響学会 , 2003.3
・ 瞬時振幅の周期性・調波性を基にした相関係数統合による基本周波数推定 , 石本、赤木 , 平成15年春季音響学会 , 2003.3
・ On the application of temporal decomposition to VQ-based speaker identification , Nguyen, P. C. and Akagi, M. , ASJ '2003 Spring Meeting , 2003.3
・ 口の中の音響学 −口を大きくあけて声を出すとなぜ”あ”なのか?−(招待講演) , 赤木正人 , 第25回日本口蓋裂学会教育講演 , 2001.5
・ 神経細胞への多重入力の時間的分布と位相同期特性の尖鋭化との関係について , 伊藤、赤木 , 平成13年秋季音響学会講演論文 , 2001.1
・ 周期性雑音を含む音声に対する瞬時振幅を利用した基本周波数推定法 , 石本、鵜木、赤木 , 平成13年秋季音響学会講演論文 , 2001.1
・ Improvement of the restricted temporal decomposition method for LSF parameters , Nguyen, P. C. and Akagi, M. , 平成13年秋季音響学会講演論文 , 2001.1
・ 小規模マイクロホンアレーを用いた複数雑音にロバストな雑音除去法 , 赤木、籠 , 平成13年秋季音響学会講演論文 , 2001.1
・ 有限要素法による3次元声道形状モデル内部の音圧分布の分析 , 西本、赤木、党、北村、鈴木、齋藤 , 平成13年秋季音響学会講演論文 , 2001.1
・ 歌声におけるF0動的変動成分の抽出とF0制御モデル , 齋藤、鵜木、赤木 , 平成14年春季音響学会講演論文 , 2002.3
・ Entrainment特性に基づくSBC細胞の位相情報伝達について , 伊藤、赤木 , 平成14年春季音響学会講演論文 , 2002.3
・ Limited error based event localizing temporal decomposition , Nguyen, P. C. and Akagi, M. , 平成14年春季音響学会講演論文 , 2002.3
・ Temporal Decompositionを用いたSTRAIGHT用低ビットレート音声符号化 , 越智、Nguyen, P. C.、赤木 , 平成14年春季音響学会講演論文 , 2002.3
・ 歌声におけるF0動的変動成分の抽出とF0制御モデル , 齋藤、鵜木、赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2001.12
・ 神経細胞における時間情報伝達の仕組みに関する一考察:SBCの位相同期特性とentrainment特性について , 伊藤、赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2002.1
・ 怒りの感情音声における音響特徴量の分析 , 平舘、赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2002.3
・ 3連続母音の中心母音知覚に寄与するわたり部の時間構造 , 田高、赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2002.3
・ A fundamental frequency estimation method for noisy speech , Ishimoto, Y. and Akagi, M. , WESTPRAC7 , 2000.1
・ A study on temporal information based on the synchronization index using a computational model , Ito, K. and Akagi, M. , WESTPRAC7 , 2000.1
・ Noise reduction using a small-scale microphone array under non-stationary signal conditions , Mizumachi, M. and Akagi, M. , WESTPRAC7 , 2000.1
・ Perception of synthesized singing voices with fine fluctuations in their fundamental frequency contours , Akagi, M. and Kitakaze, H. , ICSLP2000 , 2000.1
・ Design of robust subtractive beamformer for noisy speech recognition , Mizumachi, M., Akagi, M. and Nakamura, S. , ICSLP2000 , 2000.1
・ Speech enhancement and segregation based on human auditory mechanisms (invited speech) , Akagi, M., Mizumachi, M.,Ishimoto, Y., and Unoki, M. , IS2000 , 2000.11
・ A computational model of binaural coincidence detection using impulses based on synchronization index (invited speech) , Ito, K. and Akagi, M. , ISA2000 (BIS2000) , 2000.12
・ 周期性と調波性を考慮した雑音環境における基本周波数推定法の改良 , 石本、鵜木、赤木 , 平成13年春季音響学会大会 , 2001.3
・ 雑音と反射音に対してロバストな話者方向推定法 , 小林、西田、赤木 , 平成13年春季音響学会大会 , 2001.3
・ 舌・口底切除患者の3次元声道形状モデルの有限要素法による分析 , 西本、赤木、北村、鈴木、齋藤、道、高橋 , 平成13年春季音響学会大会 , 2001.3
・ Noise reduction method that is equipped for robust direction finder in adverse environments , Mizumachi Mitsunori, Akagi Masato , Workshop on Robust Methods for Speech Recognition in Adverse Conditions , 1999.5
・ A computational model of auditory sound localization based on ITD , Ito Kazuhito, Akagi Masato , Symposium on Recent Developments in Auditory Mechanics , 1999.7
・ Effect of the basilar membrane nonlinearities on rate-place representation of vowel in the cochlear nucleus: A modeling approach , Maki Katsuhiro, Akagi Masato, Hirota, Kaoru , Symposium on Recent Developments in Auditory Mechanics , 1999.7
・ Segregation of vowel in background noise using the model of segregating two acoustic sources based on auditory scene analysis , Unoki Masashi, Akagi Masato , CASA99, International Joint Conference on Artificial Intelligence 99 , 1999.7
・ Segregation of vowel in background noise using the model of segregating two acoustic sources based on auditory scene analysis , Unoki Masashi, Akagi Masato , EUROSPEECH99 , 1999.9
・ An objective distortion estimator for hearing aids and its application to noise reduction , Mizumachi Mitsunori, Akagi Masato , EUROSPEECH99 , 1999.9
・ 音声に含まれる個人性 -その分析と知覚- , 赤木正人 , 第38回日本ME学会大会 , 1999.4
・ MRIによる舌・口底切除患者の3次元声道形状の計測の試み , 北村, 鈴木, 斎藤, 道, 高橋, 赤木 , 平成11年秋季音響学会 , 1999.9
・ 聴覚モデルに基づいた腹側蝸牛神経核細胞の振幅変調音に対する応答特性 , 牧, 赤木, 廣田 , 平成11年秋季音響学会 , 1999.9
・ スペクトルサブトラクションの最適化に関する検討 , 水町, 赤木 , 平成11年秋季音響学会 , 1999.9
・ 下丘細胞の多様な時間応答特性に関する計算モデルの提案 , 牧, 赤木, 廣田 , 音響学会聴覚研究会 , 1999.11
・ 聴覚モデルに基づいた蝸牛神経核背側核における時間および平均発火応答特性に関する検討 , 牧, 赤木, 廣田 , 音響学会聴覚研究会 , 2000.1
・ 加法性雑音に対する客観的歪み音声評価尺度 , 水町, 赤木 , 音響学会聴覚研究会 , 2000.1
・ 基本周波数の微細変動成分に対する知覚 , 北風, 赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2000.3
・ 雑音が付加された音声の基本周波数推定と雑音抑圧 , 石本, 赤木 , 電子情報通信学会音声研究会 , 2000.3
・ 小規模マイクロホンアレーによる音声認識の雑音耐性 , 水町, 赤木 , 平成12年春季音響学会 , 2000.3
・ 位相同期特性を考慮した時間差検出モデルについて , 伊藤, 赤木 , 平成12年春季音響学会 , 2000.3
・ 短音バーストに対する下丘細胞の多様な時間応答特性に関する計算モデルの提案 , 牧, 赤木, 廣田 , 平成12年春季音響学会 , 2000.3
・ 雑音中の音声基本周波数推定法の提案 , 石本, 赤木 , 平成12年春季音響学会 , 2000.3