TOP  >  Personal Info.  >  Conference Activities & Talks
AKAGI, Masato Professor
School of Information Science, Human Life Design Area, School of Information Science

Conference Activities & Talks

90 items
Speech communication with affective speech-to-speech translation
NCMMSC2019, Xining, China, 2019
Toward Affective Speech-to-Speech Translation
International Conference on Advances in Information and Communication Technology 2016, DOI 10.1007/978-3-319-49073-1 3, Thai Nguyen, Vietnam, 2016
表現豊かな音声の認識・合成とAffective Speech-to-Speech Translationへの応用
2015音学シンポジウム,情報処理学会研究報告,2015-MUS-107, 6, 電気通信大学, 2015
カクテルパーティ効果とスピーチプライバシー保護
日本音響学会平成24年春季研究発表会,2-2-3, 神奈川大学, 2012
音情景理解を応用した音声プライバシー保護
電子情報通信学会技術報告,EMM2011-59, 機械振興会館(東京), 2011
聴覚と音研究
音響学会聴覚研究会資料,41, 7, H-2011-104, 2011
音声の知覚と認識 -人は脳で音声を聞く.機械は?-
日本音響学会平成23年春季研究発表会, 早稲田大学(東京), 2011
fMRI による感動詞「ええ」呈示時の脳活動測定
日本音響学会平成22年春季研究発表会, 電通大, 2010
音色的高さに影響を及ぼす物理量の検討
日本音響学会平成22年春季研究発表会, 電通大, 2010
Subjective Evaluations of TS-BASE/WF for Speech Enhancement and Sound Localization
ASJ’2009 Fall Meeting,, Fukushima, 2009
Physiologically-inspired Feature Extraction for Emotion Recognition
ASJ’2009 Fall Meeting, Fukushima, 2009
Comparative Evaluations of Single-channel Speech Enhancement Algorithms on Mandarin and English Speech Intelligibility
ASJ’2009 Fall Meeting, Fukushima, 2009
Effects of single-channel speech enhancement algorithms on Mandarin speech intelligibility
Technical Report of IEICE, Hokkaido, 2009
SingBySpeaking:ユーザの話声を歌声に変換する歌声合成インタフェース
情報処理学会・インタラクション2009, 2009
Introduction of SCOPE project: Analysis of production and perception characteristics of non-linguistic information in speech and its application to inter-language communications
International symposium on biomechanical and physiological modeling and speech science, 2009
Multi-layer model for expressive speech perception and its application to expressive speech synthesis
NCMMSC2009, Lanzhou, China, 2009/08/14, 2009
感情音声知覚モデルの提案とその応用
日本音響学会平成21年秋季研究発表会,郡山,2009/9/15, 2009
Voice conversion to add non-linguistic information into speaking voices
International Conference on Communications and Electronics (ICCE 2008), Hoian, Vietnam, 2008
MRI計測による声道モデルの伝達特性の推定精度の検討
電子情報通信学会音声研究会, 2004
時間情報と周波数情報を用いた実環境雑音下における基本周波数推定
電子情報通信学会音声研究会, 2004
歌声のF0制御モデルにおけるパラメータ値の変動が歌声の自然性に与える影響の調査
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
雑音抑圧を応用した雑音環境における基本周波数推定法
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
歌声らしさに影響を及ぼす音響的特徴の分析
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
無声摩擦子音発声時の気流の数値流体解析
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
A hybrid noise reduction method using single- and multi-channel techniques
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
残響音声のパワーエンベロープ回復処理の改良
日本音響学会平成16年春季研究大会, 2004
頭内定位実験による聴覚系の位相情報伝達に関する検討
音響学会聴覚研究会, 2004
歌声らしさの要因とそれに関連する音響特徴量の検討
音響学会聴覚研究会, 2004
歌声のF0制御モデルにおけるパラメータ決定に関する考察
音響学会聴覚研究会, 2003
MTFに基づいた残響音声回復法の提案
日本音響学会平成15年秋季研究大会, 2003
歌声のF0制御モデルにおける制御パラメータの改良
日本音響学会平成15年秋季研究大会, 2003
頭内定位実験による聴覚系の位相情報伝達に関する検討
日本音響学会平成15年秋季研究大会, 2003
MRI計測による声道モデルの伝達特性と同時収録された音声のフォルマント周波数の比較
日本音響学会平成15年秋季研究大会, 2003
スペクトル操作合成音声の聴取と声道形状モデルによる開鼻声の音響的特徴の分析
電子情報通信学会音声研究会, 2003
STRAIGHTを用いた話声からの歌声合成
電子情報通信学会音声研究会, 2003
MTFに基づいた残響音声の回復法の検討
電子情報通信学会音声研究会, 2003
複数音源中からの目的楽器音の選択的分離抽出
平成15年春季音響学会, 2003
瞬時振幅の周期性・調波性を基にした相関係数統合による基本周波数推定
平成15年春季音響学会, 2003
On the application of temporal decomposition to VQ-based speaker identification
ASJ '2003 Spring Meeting, 2003
楽器音の音響的特徴を知識として利用した選択的分離抽出法
音響学会聴覚研究会, 2002
Variable rate speech coding based on STRAIGHT using temporal decomposition
ASJ '2002 Fall Meeting, 2002
頭内定位における位相多義性の影響と位相情報伝達との関係
平成14年秋季音響学会, 2002
帯域分割型残響音声パワーエンベロープ回復法の提案と帯域分割幅の検討
平成14年秋季音響学会, 2002
舌・口底切除患者の声道モデルを変形させたモデルの声道伝達特性の分析
平成14年秋季音響学会, 2002
エントロピーで重み付けした周期性・調波性特徴を用いた雑音下F0推定
平成14年秋季音響学会, 2002
人間の聴覚特性を考慮した音声分離・強調
電子情報通信学会音声研究会(ビギナーズセミナー招待講演), 2002
MTFに基づいた残響音声パワーエンベロープの回復方法
電子情報通信学会音声研究会, 2002
歌声におけるF0動的変動成分の抽出とF0制御モデル
平成14年春季音響学会講演論文, 2002
Entrainment特性に基づくSBC細胞の位相情報伝達について
平成14年春季音響学会講演論文, 2002
Limited error based event localizing temporal decomposition
平成14年春季音響学会講演論文, 2002
Temporal Decompositionを用いたSTRAIGHT用低ビットレート音声符号化
平成14年春季音響学会講演論文, 2002
怒りの感情音声における音響特徴量の分析
電子情報通信学会音声研究会, 2002
3連続母音の中心母音知覚に寄与するわたり部の時間構造
電子情報通信学会音声研究会, 2002
神経細胞における時間情報伝達の仕組みに関する一考察:SBCの位相同期特性とentrainment特性について
音響学会聴覚研究会, 2002
歌声におけるF0動的変動成分の抽出とF0制御モデル
音響学会聴覚研究会, 2001
口の中の音響学 −口を大きくあけて声を出すとなぜ”あ”なのか?−(招待講演)
第25回日本口蓋裂学会教育講演, 2001
周期性と調波性を考慮した雑音環境における基本周波数推定法の改良
平成13年春季音響学会大会, 2001
雑音と反射音に対してロバストな話者方向推定法
平成13年春季音響学会大会, 2001
舌・口底切除患者の3次元声道形状モデルの有限要素法による分析
平成13年春季音響学会大会, 2001
神経細胞への多重入力の時間的分布と位相同期特性の尖鋭化との関係について
平成13年秋季音響学会講演論文, 2001
周期性雑音を含む音声に対する瞬時振幅を利用した基本周波数推定法
平成13年秋季音響学会講演論文, 2001
Improvement of the restricted temporal decomposition method for LSF parameters
平成13年秋季音響学会講演論文, 2001
小規模マイクロホンアレーを用いた複数雑音にロバストな雑音除去法
平成13年秋季音響学会講演論文, 2001
有限要素法による3次元声道形状モデル内部の音圧分布の分析
平成13年秋季音響学会講演論文, 2001
A computational model of binaural coincidence detection using impulses based on synchronization index (invited speech)
ISA2000 (BIS2000), 2000
Speech enhancement and segregation based on human auditory mechanisms (invited speech)
IS2000, 2000
基本周波数の微細変動成分に対する知覚
電子情報通信学会音声研究会, 2000
雑音が付加された音声の基本周波数推定と雑音抑圧
電子情報通信学会音声研究会, 2000
小規模マイクロホンアレーによる音声認識の雑音耐性
平成12年春季音響学会, 2000
位相同期特性を考慮した時間差検出モデルについて
平成12年春季音響学会, 2000
短音バーストに対する下丘細胞の多様な時間応答特性に関する計算モデルの提案
平成12年春季音響学会, 2000
雑音中の音声基本周波数推定法の提案
平成12年春季音響学会, 2000
聴覚モデルに基づいた蝸牛神経核背側核における時間および平均発火応答特性に関する検討
音響学会聴覚研究会, 2000
加法性雑音に対する客観的歪み音声評価尺度
音響学会聴覚研究会, 2000
A fundamental frequency estimation method for noisy speech
WESTPRAC7, 2000
A study on temporal information based on the synchronization index using a computational model
WESTPRAC7, 2000
Noise reduction using a small-scale microphone array under non-stationary signal conditions
WESTPRAC7, 2000
Perception of synthesized singing voices with fine fluctuations in their fundamental frequency contours
ICSLP2000, 2000
Design of robust subtractive beamformer for noisy speech recognition
ICSLP2000, 2000
下丘細胞の多様な時間応答特性に関する計算モデルの提案
音響学会聴覚研究会, 1999
Segregation of vowel in background noise using the model of segregating two acoustic sources based on auditory scene analysis
EUROSPEECH99, 1999
An objective distortion estimator for hearing aids and its application to noise reduction
EUROSPEECH99, 1999
MRIによる舌・口底切除患者の3次元声道形状の計測の試み
平成11年秋季音響学会, 1999
聴覚モデルに基づいた腹側蝸牛神経核細胞の振幅変調音に対する応答特性
平成11年秋季音響学会, 1999
スペクトルサブトラクションの最適化に関する検討
平成11年秋季音響学会, 1999
A computational model of auditory sound localization based on ITD
Symposium on Recent Developments in Auditory Mechanics, 1999
Effect of the basilar membrane nonlinearities on rate-place representation of vowel in the cochlear nucleus: A modeling approach
Symposium on Recent Developments in Auditory Mechanics, 1999
Segregation of vowel in background noise using the model of segregating two acoustic sources based on auditory scene analysis
CASA99, International Joint Conference on Artificial Intelligence 99, 1999
Noise reduction method that is equipped for robust direction finder in adverse environments
Workshop on Robust Methods for Speech Recognition in Adverse Conditions, 1999
音声に含まれる個人性 -その分析と知覚-
第38回日本ME学会大会, 1999