長谷川 忍 (HASEGAWA, Shinobu)准教授
情報科学系,ゲーム・エンタテインメント領域
◆学位
大阪大学学士(工学)(1998),大阪大学大学院修士(工学)(2000),大阪大学大学院博士(工学)(2002)
◆職歴
: 北陸先端科学技術大学院大学情報科学センター助手 (2002)
◆専門分野
認知スキル学習支援,ゲーミフィケーション,遠隔教育・学習支援シス テム
◆研究キーワード
ゲーミフィケーション, e-Learning, Web-based Learning, 遠隔教育
◆研究課題
学習用デジタルライブラリの構築
WWWを利用した学習の主な特徴は,個々の学習トピックに対して異なる視点から記述された多数の学習リソースを適切に選択・利用することで,そのトピックに対する理解を深めることができる点にある.しかしながら,どのような学習に利用できるかについて明確に記述されていないリソースが多いため,学習者の目的にあったリソース選択は非常に難しい.本研究ではこうした問題を解決することを目的として,学習者がある特定のトピックをいくつかの段階を経て学習するという場面におけるリソース選択を効果的に支援する環境を実現する,学習用デジタルライブラリを設計・開発する.
ハイパー空間における主体的学習支援ツールの開発
現在,WWW上の学習リソースは,通常ページ及びページを結ぶリンクからなるハイパー空間を構成する.この空間内において,学習者は主体的に個々のページに記述された学習項目を順次学習しながら,教材に対する知識を積み上げていくことができる.そのため, 教材に対する自分なりの理解を作り上げることができ,高い学習効果を期待することができる.しかしながら,こうした主体的学習は実際にはそれほど簡単ではなく,しばしば行き詰まりが生じる.本研究では様々な学習の行き詰まりの局面を解決することを目的として,学習者の主体性を損なわずに効果的な支援を可能にする,主体的学習支援ツールを開発する.
遠隔教育・学習環境の設計支援
遠隔教育・学習を実現するために構築されるシステムは,講義の目的や形態,特性などといった教育工学的な制約条件と,システムで利用される通信技術や映像音声技術といった情報工学的な技術要素からなる,複合的な要求要件の下で設計されている.本研究では,効果的な遠隔教育・学習システムの設計を支援するためのシステム設計方法論として,遠隔拠点間で発生するコミュニケーションパターンに着目し,過去の実践事例を再利用可能な形で体系化することで,システム設計を支援する技術の開発を行う.
研究活動支援ポータルシステムの開発
我々が日々行っている研究活動は,複数の研究者や学生で構成される研究グループの元で膨大なコンテンツを生成・利用しながら進められる.本研究では,研究者および学生のチームからなる研究活動をモデル化し,研究活動を様々な側面から支援する機能を開発するとともに,研究活動全体のマネジメントスキル向上を支援する研究活動支援ポータルサイトを開発する.

■研究業績

◆発表論文
Supporting cybersecurity education and training via LMS integration: CyLMS
Razvan Beuran, Dat Tang, Zheyu Tan, Shinobu Hasegawa, Yasuo Tan, Yoichi Shinoda
Education and Information Technologies, -, 2019/01/01
Diagnosis with Linked Open Data for Question Decomposition in Web-based Investigative Learning
Yoshiki Sato, Akihiro Kashihara, Shinobu Hasegawa, Koichi Ota, Ryo Takaoka
Lecture Notes in Educational Technology, 103-112, 2019/01/01
Elementary school students’ view to the educational game for children’s awareness of disaster
Didin Wahyudin, Shinobu Hasegawa
ICCE 2018 - 26th International Conference on Computers in Education, Workshop Proceedings, 32-39, 2018/11/24
Students' perspective of Social Media Role in Technical and Vocational Education and Training (TVET)
Wahyudin Didin, Somantri Yoyo, Haritman Erik, Hasegawa Shinobu
26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTERS IN EDUCATION (ICCE 2018), 512-517, 2018
◆Misc
Web調べ学習における課題展開に診断によるリフレクション支援
佐藤 禎紀, 柏原 昭博, 長谷川 忍, 太田 光一, 鷹岡 亮
先進的学習科学と工学研究会, 85, 37-42, 2019/03/07
集中管理を指向した講義アーカイブシステムの構築 (教育工学)
長谷川 忍, 水間 庸介, 辻 誠樹, 但馬 陽一, 宮下 和子
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 285, 35-40, 2014/11/01
プレゼンテーションドキュメント診断支援システムの開発 (教育工学)
柴田 康生, 柏原 昭博, 長谷川 忍
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 113, 229, 99-104, 2013/09/28
プレゼンテーションドキュメント診断支援システムの開発(学習支援システムの新展開/一般)
柴田 康生, 柏原 昭博, 長谷川 忍
電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学, 113, 229, 99-104, 2013/09/21
プレゼンテーションドキュメントの意味的構造作成支援の評価 (教育工学)
柴田 康生, 柏原 昭博, 長谷川 忍
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 112, 500, 121-126, 2013/03/29
◆書籍
人工知能学大事典・教育支援・知的学習環境
長谷川忍, その他, 共立出版, 2017
eラーニング/eテスティング・遠隔学習システム
長谷川 忍, その他, ミネルヴァ書房, 2016
「学び方の学び」を支援するAI 的アプローチ
長谷川忍, その他, 人工知能Vol.30 No.3, pp.291-292, 2015
長谷川忍・Webにおける主体的学びとリフレクション支援
共著, 主体的学び研究所, 2014
4-9 Webベースの学習支援システム
長谷川忍, その他, 電子情報通信学会知識ベース「知識の森」S3群-11編, 2011
◆講演・口頭発表
A process analysis of using time-series screen data with Mindmap creation
Hajime Kira and Shinobu Hasegawa
2018 ASEAN Workshop on Information Science and Technology (AWIST2018), JAIST, Japan, 2018/08/01
Adaptive Interface that Provides Coaching, Modeling and Fading to Improve Revision Skill in Academic Writing
Harriet Nyanchama Ocharo & Shinobu Hasegawa
Proceedings of the 20th International Conference on Human and Computer Interaction (HCII2018), pp.300-312, (2018). , Las Vegas, USA, 2018/07/15
The Role of Serious Games in Disaster and Safety Education: An Integrative Review
Didin WAHYUDIN & Shinobu HASEGAWA
Workshop Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education (ICCE2017), pp.180-190, (2017), Christchurch, New Zealand, 2017/12/04
Resource Description Framework Models for Representing the Revision Process in Research Support Systems.
Harriet Nyanchama Ocharo & Shinobu Hasegawa
Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education (ICCE2017), pp.252-260, (2017), Christchurch, New Zealand, 2017/12/04
多地点遠隔講義環境における音情報を用いた雰囲気の推定と可視化手法の検討
原 智英,長谷川 忍
信学技報 117(335), pp.1-4, (2017), 野々市, 2017/12/02

■担当講義

機械学習, 論理推論と知識表現, 遠隔教育システム工学

■学外活動

◆所属学会
人工知能学会, 教育情報システム学会, 電子情報通信学会, 教育システム情報学会, 日本教育工学会, AACE

■賞等

・ 研究会優秀賞 , 2009年度人工知能学会 , 2010/06
・ 人工知能学会研究奨励賞 , 1998