TOP  >  Personal Info.  >  Conference Activities & Talks
UNOKI, Masashi Professor, Dean of School of Information Science
School of Information Science, Human Life Design Area, School of Information Science

Conference Activities & Talks

313 items
緊迫感知覚に寄与する音声の振幅包絡線情報の検討
日本音響学会騒音振動研究会, 2019
楽音を模した調波複合音の雑音駆動合成音のピッチ知覚の検討
日本音響学会聴覚研究会, 2019
Study on cochlear-delay based audio information hiding by linear time-variant IIR filter
日本音響学会2019年度秋季研究発表会, 2019
骨導音声の外耳道内放射特性の推定
日本音響学秋季研究発表会, 2019
雑音残響環境における雑音駆動音声の非言語情報知覚の検討
日本音響学会聴覚研究会, 2019
Study on Robust Method for Blindly Estimating Speech Transmission Index using Convolutional Neural Network with Temporal Amplitude Envelope
日本音響学会電気音響研究会, 2019
振幅包絡線に含まれる緊迫感の知覚
日本音響学会聴覚研究会, 2019
雑音駆動音声の緊迫感知覚の検討
日本音響学会2019年度春季研究発表会, 2019
口腔内の音源を用いた骨導音声の伝達特性の分析
日本音響学会2019年度春季研究発表会, 2019
Blind Estimation of Speech Transmission Index in Noisy and Reverberant Environments using Deep Learning with the Modulation Spectrum
日本音響学会2019年度春季研究発表会, 2019
Study on singular spectrum analysis-based speech watermarking technique with parameter estimation using differential evolution
日本音響学会2019年度春季研究発表会, 2019
Study on perceptual matching-pursuit algorithm to create speech representation for speech fingerprint
日本音響学会2019年度春季研究発表会, 2019
Study on inaudible audio information hiding using linear-time variant IIR filter based on cochlear delay characteristics
電子情報通信学会EMM研究会, 2019
Study on Digital Audio Watermarking Method Based on Singular Spectrum Analysis with Automatic Parameter Estimation Using a Convolutional Neural Network
電子情報通信学会EMM研究会, 2019
Study on audio information hiding using linear-time variant IIR filter based on cochlear delay characteristics
電子情報通信学会EMM研究会, 2019
Audio/speech information hiding based on human auditory characteristics
International Conference on Knowledge;Systems Engineering (KSE2020), 2018
聴覚特性に基づいた音響情報ハイディング技術
電子情報通信学会EMM研究会, 2018
音質評価指標を用いた年齢知覚に関する検討
日本音響学会聴覚研究会, 2018
線形予測残差を用いたスペクトル拡散型電子透かし法の検討
電子情報通信学会EMM研究会, 2018
Relationship between contributions of temporal amplitude envelope of speech and modulation transfer function in room acoustics to the perception of noise-vocoded speech
Tohoku Universal Acoustical Communication Month 2018, 2018
Noise Suppression Method Based on Modulation Spectrum Analysis
20th International Conference on Speech and Computer SPECOM 2018 (SPECOM2018), Leipzig, Germany, 2018
Study on speech watermarking based on robust principal component analysis and formant manipulations
電子情報通信学会EMM研究会, 2018
Study on speech representation for speech fingerprint using perceptual matching-pursuit algorithm
電子情報通信学会EMM研究会, 2018
Auditory-inspired end-to-end speech emotion recognition using 3D convolutional recurrent neural networks based on spectral-temporal modulation
IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICMC2018), San Diego, CA, USA, 2018
Speech watermarking based on robust principal component analysis and formant manipulations
2018 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP2018), Calgary, Canada, 2018
線形予測符号化方式におけるスペクトル拡散型音声電子透かしの検討
IEICE Technical Report, EMM2017-79, pp. 13-16, 奄美市名瀬公民館, 2018
雑音環境が駆動声の個人性・感情知覚に与える影響
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 48, no. 2, H-2018-35, pp. 175-180, 那覇, 2018
加振信号を用いた骨導音声の伝達特性分析
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 48, no. 2, H-2018-34, pp. 169-174, 那覇, 2018
End-to-end speech emotion recognition using 3-d convolutional recurrent neural networks based on modulation spectral features
日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-10, pp. 163-166, 日本工業大学, 2018
残響が雑音駆動音声の個人性・感情知覚に与える影響の検討
日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 3-P-2, pp. 1286-1289, 日本工業大学, 2018
長時間平均スペクトルに着目した骨導音声の伝達特性の分析
日本音響学会2018年度春季研究発表会講演論文, 3-P-5, pp. 1297-1300, 日本工業大学, 2018
変調スペクトルに着目した騒音抑圧法の検討
IEICE Technical Report, EA2017-168, vol. 117, no. 515, pp.361-366, 南の美ら花 ホテルミヤヒラ(石垣島), 2018
発話音声を用いた骨導音声の伝達特性の分析
IEICE Technical Report, EA2017-167, vol. 117, no. 515, pp. 355-360, 南の美ら花 ホテルミヤヒラ(石垣島), 2018
Study on the relationship between modulation spectral features and the perception of nonlinguistic information with noise-vocoded speech
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 8, H-2017-124, pp. 89-94, オークランド大学, 2017
Study on speech privacy protection by controlling speech transmission index in simulated room
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 8, H-2017-125, pp. 95-100, オークランド大学, 2017
Analysis of Complex Kalman Filtering in Speech Enhancement
SIPシンポジウム,pp. 227-232, マリオス盛岡地域交流センター, 2017
高次統計量を用いた音声・非音声の変調スペクトルの特徴分析に関する検討
SIPシンポジウム,pp. 366-371, マリオス盛岡地域交流センター, 2017
音声・非音声の変調スペクトルの特徴分析に関する検討
IEICE Technical Report, EA2017-49, pp. 29-34, 牛岳温泉リゾート, 2017
雑音駆動音声の言語・非言語知覚と室内音響特性による影響の検討
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 7, H-2017-100, pp. 551-556, 牛岳温泉リゾート, 2017
変調周波数帯域の制御が雑音駆動音声の感情知覚に与える影響の検討
日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-33, pp. 1491-1494, 愛媛大学, 2017
気導・骨導の遅延聴覚フィードバックにおける呈示方法の検討
日本音響学会2017年度秋季研究発表会講演論文, 3-Q-46, pp. 1529-1532, 愛媛大学, 2017
Investigation of spikegram-based signal representation for speech fingerprints
電子情報通信学会EMM研究会,IEICE Technical Report, EMM2017-35, pp. 241-246, 内田洋行東京本社ショールーム, 2017
気導・骨導の遅延聴覚フィードバックにおける呈示方法の検討
日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文, 3-Q-46, pp. 1529-1532, 明治大学生田キャンパス, 2017
音声伝送指標に着目した音声の聴き取り制御に関する検討
日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文, 3-Q-13, pp. 1431-1432, 明治大学生田キャンパス, 2017
変調周波数帯域の制御が雑音駆動音声の感情知覚に与える影響の検討
日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文, 3-Q-33, pp. 1491-1494, 明治大学生田キャンパス, 2017
室内インパルス応答モデルのパラメータ推定の検討
日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文, 1-P-20, pp. 543-544, 明治大学生田キャンパス, 2017
室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性
日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文, 1-P-19, pp. 539-542, 明治大学生田キャンパス, 2017
非線形な刺激誘発耳音響放射成分の時間応答
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 47, no. 2, H-2017-15, pp. 559-562, 京都市立芸大, 2017
聴覚モデルに基づいたラウドネスの計算
「心地よい音をはかる技術・つくる技術2017」シンポジウム,自動車技術会, 発明会館, 2017
Investigation of head-related modulation transfer function for monaural sound localization
電子情報通信学会EMM研究会,IEICE Technical Report, EMM2016-75, pp. 7-12, 東北大学電気通信研究所, 2017
Effect of modifying modulation spectrogram on vocal emotion perception for noise-vocoded speech
日本音響学会・聴覚研究会,日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 9, H-2016-108, pp. 571-576, 九州大, 2016
室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討
電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-61, pp. 79-84, 大分コンパルホール, 2016
Singular-Spectrum-Analysis-Based Speech Watermarking for Tampering Detection
電子情報通信学会EMM研究会IEICE Technical Report, EMM2016-63, pp. 55-60, 大分コンパルホール, 2016
気導・骨導の遅延聴覚フィードバックが発話に与える影響
電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-34, pp. 19-24, 国民宿舎能登小牧台, 2016
変調伝達関数モデルを利用した音声伝送指標の検討
電子情報通信学会応用音響研究会IEICE Technical Report, EA2016-33, pp. 13-18, ,国民宿舎能登小牧台, 2016
様々な狭帯域雑音下で計測した単音誘発耳音響放射
2016年度日本音響学会秋季研究発表会資料,2-P-19, pp. 599-600, 富山大学, 2016
Study on Audio Watermarking Scheme based on Singular-Spectrum Analysis and Psychoacoustic Model
2016年度日本音響学会秋季研究発表会資料,1-P-45, 富山大学,pp. 531-534, 富山大学, 2016
変調伝達関数モデルを利用した音声送指標の検討
平成28年度電気関係学会, G-1, 福井工大, 2016
室内インパルス応答のラメータ逆推定検討
平成28年度電気関係学会, G-2, 福井工大, 2016
INVESTIGATIONS INTO VOWEL AND CONSONANT STRUCTURES IN ARTICULATORY AND AUDITORY SPACES USING LAPLACIAN EIGENMAPS
the 41st IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2016), Shanghai, China, 2016
変調フィルタバンクを用いた感情音声の変調スペクトル分析の検討
日本音響学会2016年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-21, March 2016., 横浜桐蔭大, 2016
Study on Effects of Speech Production during Delayed Auditory Feedback for Air-conducted and Bone-Conducted Speech
Proc. 2016 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP16), pp. 169-172, Honolulu, USA, March 2016., Honolulu, Hawaii, USA, 2016
Study on IIR Implementation for Modulation Transfer Function of Room Impulse Response
Proc. 2016 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP16), pp. 165-168, Honolulu, USA, March 2016., Honolulu, Hawaii, USA, 2016
様々な刺激を呈示して測定した耳音響放射音の特徴解析
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-20, pp. 89-94, March 2016., 九州大学, 2016
雑音駆動音声の感情知覚と振幅包絡線情報の関係にする検討
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-17, pp. 73-76, March 2016., 九州大学, 2016
様々な刺激を呈示して測定した耳音響放射音の特徴解析
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-20, pp. 89-94, 九州大,March 2016., 九州大, 2016
雑音駆動音声の感情知覚と振幅包絡線情報の関係にする検討
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 46, no. 2, H-2016-17, pp. 73-76, 九州大, 2016
Methods for Concavity Detection in Singular Spectrum
IEICE Technical Report, EMM2015-94, pp. 105-110, March 2016., 屋久島環境文化村センター, 2016
Comparative Study on Robustness of Synchronization Information Embedded into an Audio Watermarked Frame
IEICE Technical Report, EMM2015-83, pp. 41-44, March 2016., 屋久島環境文化村センター, 2016
Comparative Study on Robustness of Synchronization Information Embedded into an Audio Watermarked Frame
IEICE Technical Report, EMM2015-83, pp. 41-44, March 2016., 屋久島環境文化村センター,, 2016
Methods for Concavity Detection in Singular Spectrum
IEICE Technical Report, EMM2015-94, pp. 105-110, 屋久島環境文化村センター, 2016
Study on Effects of Speech Production during Delayed Auditory Feedback for Airconducted and Bone-Conducted Speech
International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP 2016), 7PM2-1-3, Honolulu, 2016
変調フィルタバンクを用いた感情音声の変調スペクトル分析の検討
日本音響学会2016年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-21, 横浜桐蔭大, 2016
Study on Source-filter Model Based Hybrid Speech Watermarking
IEICE Technical Report, EMM2015-69, pp. 49-54, Jan. 2016., 東北大学・電気通信研究所, 2016
Study on Source-filter Model Based Hybrid Speech Watermarking
IEICE Technical Report, EMM2015-69, pp. 49-54, 東北大・通研,, 2016
An Audio Watermarking Scheme Based on Automatic Parameterized Singular-Spectrum Analysis Using Differential Evolution
Proc. APSIPA2015, pp. 543-511, Dec. 2015., The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong, 2015
Preliminary Study on Blind Estimation of Room Acoustic Parameters in Noisy Reverberant Environments
Proc. 12th Western Pacific Acoustics Conference 2015 (WESPAC2015), pp. 428-435, Singapore, Dec. 2015., Singapore, 2015
Data Hiding Scheme for AM Radio Broadcast Using Blind Watermarking Technique
IEICE Technical Report, EMM2015-54, pp. 53-58, Nov. 2015., 熊本大学, 2015
振幅変調音のピッチ知覚に基づいた基本周波数推定法の検討
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 45, no. 8, H-2015-112, Nov. 2015., 甲州市勝沼 ぶどうの丘, 2015
Data Hiding Scheme for AM Radio Broadcast Using Blind Watermarking Technique
IEICE Technical Report, EMM2015-54, pp. 53-58, 熊本大学, 2015
振幅変調音のピッチ知覚に基づいた基本周波数推定法の検討
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 45, no. 8, H-2015-112, 甲州市勝沼 ぶどうの丘, 2015
Analysis of modulation-spectral features extracted from Japanese emotional speech
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 45, no. 7, H-2015-104, pp. 589-594, Oct. 2015, 台湾・台湾国立清華大学, 2015
Analysis of modulation-spectral features extracted from Japanese emotional speech
日本音響学会聴覚研究会資料, vol. 45, no. 7, H-2015-104, pp. 589-594, 台湾国立清華大学,台北,台湾, 2015
雑音残響環境における室内音響パラメータのブラインド推定法の検討
日本音響学会2015年度秋季研究発表会講演論文, 1-6-11, pp. 539-542, 会津大学, 2015
聴覚特性を利用した音響電子透かし「大事なデータを音に紛れ込ませることはできるか?」
電気関係学会北陸支部連合大会, 金沢工業大学, 2015
Analysis of Watermarking into CELP Speech Codec Based on Formant Tuning
IEICE Technical Report, EMM2015-37, pp. 39-44, 名古屋大学, 2015
Complex tensor factorization in modulation frequency domain for single-channel speech enhancement
Proc. Interspeech2015, pp. 1765-1769, Dresden, Germany, 2015
Feasibility of estimating direction of arrival based on monaural modulation spectrum
Proc. 2015 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2015), pp. 384-387, Adelaide, Australia, 2015
An automatic watermarking in CELP speech codec based on formant tuning
Proc. 2015 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2015), pp. 160-163, Adelaide, Australia, 2015
Study on restoration of instantaneous amplitude and phase of speech signal in noisy reverberant environments
Proc. IEICE Technical Report, EA2015-11, pp. 7-12, 東北大学, 2015
雑音残響環境における音声伝送指標の推定と音声回復処理
日本音響学会聴覚研究会資料, Vol. 45, No. 5, H-2015-80, pp. 449-454, TOAジーベックホール, 2015
ROBUST AND RELIABLE AUDIOWATERMARKING BASED ON PHASE CODING
Proc. ICASSP2015, pp. 345-349, Brisbane, Australia, 2015
変調スペクトルの帯域を制限した雑音駆動音声の個人性知覚に関する研究
日本音響学会2015年度春季研究発表会講演論文, 2-Q-6, pp. 491-494, 中央大学, 2015
Study on Watermarking for Digital Audio Based on Adaptive Phase Modulation
Proc. IEICE Technical Report, EMM2014-102, pp. 149-154, 石垣島, 2015
Analysis of Speaker Individual Differences on Modulation Spectrum
Proc. 2015 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP15), pp. 17-20, Kuala Lumpur, Malaysia, 2015
Study on Audio Watermarking Scheme Based on Singlar-Spectrum Analysis
Proc. IEICE Technical Report, EMM2014-71, pp. 27-32, 東北大学, 2015
帯域分割型音声区間検出法の最適設計に基づく信号対雑音比推定法の検討
電子情報通信学会技術報告, EA2014-46, pp. 37-42, 金沢大学サテライト, 2014
iDAF-drum: Supporting Everyday Practice of Drum by Adding an Unperceivable Factor
9th Int'l. Conf. on Knowledge, Information and Creativity Support Systems, Cyprus, 2014
Study on Hybrid Speech Watermarking based on Formant Enhancement and Cochlear Delay
Proc. IEICE Technical Report, EMM2014-65, pp. 53-58, 九州大学, 2014
音声の変調スペクトルに現れる個人性の分析
日本音響学会聴覚研究会資料, Vol. 44, No. 7, H-2004-86, pp. 457-460, ホテルシーモア(南紀白浜), 2014
Watermarking for Digital Audio based on Adaptive Phase Modulation
Proc. 13th International Workshop on Digital-forensics and Watermarking (IWDW2014), Taipei, Taiwan, 2014
An Audio Watermarking Scheme based on Singular-Spectrum Analysis
Proc. 13th International Workshop on Digital-forensics and Watermarking (IWDW2014), Taipei, Taiwan, 2014
Formant Enhancement based Speech Watermarking for Tampering Detection
15th Annual Conforence of International Speech Communication Association (Interspeech2014), Singapore, 2014
Robust Voice Activity Detection Based on Concept of Modulation Transfer Function in Noisy Reverberant Environments
9th International Symposium on Chinese Spoken Language Processing (ISCSLP2014), Singapore, 2014
Signal to noise ratio estimation based on an optimal design of subband voice activity detection
9th International Symposium on Chinese Spoken Language Processing (ISCSLP2014), Singapore, 2014
Speech Analysis Method Based on Source-Filter Model Using Multivariate Empirical Mode Decomposition in Log-Spectrum Domain
9th International Symposium on Chinese Spoken Language Processing (ISCSLP2014), Singapore, 2014
Watermarking of Speech Signals Based on Formant Enhancement
22nd Europian Signal Processing Conference (EUSIPCO2014), Lisbon, Portugal, 2014
Hybrid Speech Watermarking based on Formant Enhancement and Cochlear Delay
10th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIHMSP2014), Kitakyushu, 2014
COMPARATIVE EVALUATIONS OF INAUDIBLE AND ROBUST WATERMARKING FOR DIGITAL AUDIO SIGNALS
The 21st International Congress on Sound and Vibration (ICSV21), Beijing, July 2014., Beijing, China, 2014
Adaptive Speech Analysis Method Using Multivariate Empirical Mode Decomposition in Frequency Domain
電子情報通信学会技術報告,SP2014-54, pp. 45-50, 金沢・近江町交流プラザ, 2014
Instantaneous amplitude and phase restoration using Kalman filter for speech enhancement
電子情報通信学会技術報告, SP2014-51, pp. 27-32, 金沢・近江町交流プラザ, 2014
変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法
電子情報通信学会技術報告,SP2014-41, pp. 383-388, 日本大学 文理学部 百周年記念館, 2014
Restoration of Instantaneous Amplitude and Phase using Kalman filter for Speech Enhancement
2014 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2014), Florence, Italy, 2014
モノラル変調スペクトルを利用した音源方向推定法の検討
電子情報通信学会技術報告,Vol. EA2013-124, pp. 25 -30, NHK技術研究所, 2014
PRISMの総合評価:PRISMをフロントエンドとした音声認識性能
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 3-Q-25, pp. 249-252, 御茶ノ水, 2014
振幅包絡の変調成分の制御が日本語音声の子音知覚に与える影響の検討
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 3-3-4, pp. 545-548, 御茶ノ水, 2014
音声のAM 成分に着目した基本周波数推定法の検討
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 2-6-10, pp. 315-316, 御茶ノ水, 2014
Study on restoration of instantaneous amplitude and phase using Kalman filter for speech enhancement
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 2-1-9, pp. 689-692, 御茶ノ水, 2014
Study of Watermarking of Speech Signals based on Formant Enhancement
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 1-R5-2, pp. 379-782, 御茶ノ水, 2014
Study of Watermarking of Speech Signals based on Formant Enhancement
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 1-R5-2, pp. 379-782, 御茶ノ水, 2014
実環境における音声伝送指標のブラインド推定法の検討
日本音響学会2014年度春季研究発表会講演論文, 1-P4-18, pp. 785-788, 御茶ノ水, 2014
On Inaudibility of Cochlear-Delay-based Watermarking Method with Blind Detection
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-98, pp. 87-92, 金沢・近江町交流プラザ, 2014
Comparative evaluations of inaudible and robust watermarking methods for digital audio signals
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-114, pp. 63-68, 金沢・近江町交流プラザ, 2014
量子化ビットのランダムシフトを利用した音声スクランブル法
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-109, pp. 57-62, 金沢・近江町交流プラザ, 2014
Study on method of estimating direction of arrival using monaural modulation spectrum
2014 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP14), Honolulu, Hawaii, 2014
Study on Linguistic Information Contained in Temporal Amplitude Envelope of Japanese Speech Signals
2014 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP14), Honolulu, Hawaii, 2014
Study on semi-scramble method for speech signals based on phonemic restoration
2014 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP14), Honolulu, Hawaii, 2014
Study on scramble method for speech signal by using random-bit shift of quantization
2014 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP14), Honolulu, Hawaii, 2014
Study on Blind Method of Estimating Speech Transmission Index from Noisy Reverberant Amplitude-Modulated-Signals
2014 RISP International workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP14), Honolulu, Hawaii, 2014
日本語音声の子音知覚は振幅包絡の変調成分の制御により変化するのか?
日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2014-110, pp. 63-68, 那覇市IT創造館, 2014
耳音響放射を用いた聴覚的注意の測定手法に関する予備的検討
日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2014-110, pp. 63-68, 那覇市IT創造館, 2014
Study on speech watermarking based on formant enhancement
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-98, pp. 57-62, 東北大学・電気通信研究所, 2014
背景雑音を考慮した音声伝送指標のブラインド推定法の検討
電子情報通信学会技術報告,Vol. EA2013-88, pp. 1-6, 金沢大学サテライト, 2013
変調スペクトルに着目したモノラル音源方向推定法の検討
第28回信号処理シンポジウム, pp. 188-193, Kaikyo Messe Shimonoseki, 2013
変調伝達関数に基づく雑音残響に頑健な音声区間検出法の検討
第28回信号処理シンポジウム, pp. 614-619, Kaikyo Messe Shimonoseki, 2013
音韻修復現象に着目した半開示音声スクランブル法の検討
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-78, pp. 59-64, 県立広島大学サテライトキャンパスひろしま, 2013
MTF based Kalman filtering with linear prediction for power envelope restoration
2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2013), Naha, Okinawa, 2013
Study on Method for Estimating F0 of Steady Complex Tone in Noisy Reverberant Environments
9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Beijing, China, 2013
Watermarking method for speech signals based on modifications to LSFs
9th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Beijing, China, 2013
査読を受ける心がまえと編集委員の心がまえ
日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2013-105, pp. 611-616, 神戸セミナーハウス, 2013
音声の各周波数帯域の振幅包絡に含まれる言語情報
日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 43, No. 7, H-2013-94, pp. 547-552, 神戸セミナーハウス, 2013
Second-Order Allpass Filter for Method of Watermarking Based on Cochlear Delay
Proc. 2013 ASJ Autumn meeting, 3-Q-2, pp. 791-794, 豊橋技科大, 2013
雑音残響にロバストな音声区間検出法の検討
日本音響学会2013年度秋季研究発表会講演論文, 1-P-22b, pp. 155-158, 豊橋技科大, 2013
経験的モード分解と変調スペクトルを用いた音声区間検出と雑音除去の同時処理の検討
日本音響学会2013年度秋季研究発表会講演論文, 1-8-6, pp. 19-22, 豊橋技科大, 2013
信号のAM成分に着目した雑音残響にロバストな基本周波数推定法の検討
日本音響学会2013年度秋季研究発表会講演論文, 1-7-11, pp. 277-278, 豊橋技科大, 2013
Study of Speech Watermarking based on Modications to LSFs by DM-QIM
Proc. 2013 ASJ Autumn meeting, 1-P-31c, pp. 359-362, 豊橋技科大, 2013
音韻修復現象に着目した音声半開示スクランブル法の検討
平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-18, 金沢大学, 2013
量子化ビットのランダムシフによる音声スクランブル法の検討
平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-17, 金沢大学, 2013
音声の振幅包絡の変調成分が言語情報の取得に与える影響
平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-7, 金沢大学, 2013
背景雑音の影響を考慮したSTI ブラインド推定法の検討
平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-4, 金沢大学, 2013
モノラル変調スペクトルに着目した音の到来方向推定の可能性
平成25 年度電気関係学会北陸支部連合大会, G-3, 金沢大学, 2013
BLIND METHOD OF ESTIMATING SPEECH TRANSMISSION INDEX FROM REVERBERANT SPEECH SIGNALS
EUSIPCO2013, Marrakech, Morocco, 2013
残響音声からの音声伝達指標のブラインド推定法の検討
電子情報通信学会技術報告,Vol. EA2013-44, pp. 63-68, 北海道医療大学, 2013
Study on Speech Watermarking Based on Modifications to LSFs for Tampering Detection
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-34, pp. 233-238, 札幌コンベンションセンター, 2013
BLIND METHOD OF ESTIMATING SPEECH TRANSMISSION INDEX IN ROOM ACOUSTICS BASED ON CONCEPT OF MODULATION TRANSFER FUNCTION
Proc. ChinaSIP2013, pp. 308-312, Beijing, China, 2013
Study on digital watermarking for speech signal based on LSFs modification
電子情報通信学会技術報告,Vol. EMM2013-7, pp. 37-42, 高知城ホール, 2013
経験的モード分解と変調スペクトルを用いた音声区間検出と雑音除去の同時処理
電子情報通信学会技術報告,EA2013-25, pp. 145-150, 岡山大学, 2013
蝸牛遅延に基づいた電子音響透かし法を利用した音声信号の改ざん検出
日本音響学会2013年度春季研究発表会講演論文,3-10-10, pp. 775-778, 東京工科大学八王子キャンパス, 2013
蝸牛遅延特性に基づいた電子音響透かし法のステレオ拡張に関する検討
日本音響学会2013年度春季研究発表会講演論文,2-Q-43, pp. 977-978, 東京工科大学八王子キャンパス, 2013
第1 回音響電子透かしコンテスト講評と今後の評価への取り組み
日本音響学会2013年度春季研究発表会講演論文,2-Q-42, pp. 973-976, 東京工科大学八王子キャンパス, 2013
心理物理的同調曲線における手がかり音呈示の効果の検討
日本音響学会2013年度春季研究発表会講演論文,2-8-2, pp. 571-574, 東京工科大学八王子キャンパス, 2013
室の音響測定を必要としない音声伝達指標と室内音響特性の推定法の研究
日本音響学会2013年度春季研究発表会講演論文,1-6-15, pp. 1193-1196, 東京工科大学八王子キャンパス, 2013
同側耳への手がかり音の呈示による心理物理的同調曲線の変化に関する検討
日本音響学会聴覚研究会資料,2013-H-5, Vol. 43, No. 1, pp. 25-30, 2013
蝸牛遅延に基づいた電子音響透かし法を利用した音声信号の改ざん検出の検討
電子情報通信学会技術報告,vol. EMM2012-102, pp. 65-70, 東北大, 2013
Improvement of MTF-based power envelope restoration in noisy reverberant Environments
第27回信号処理シンポジウム, pp. 466-471, Nov. 2012., 石垣島, 2012
第1回音響電子透かしコンテスト実施結果とその講評
電子情報通信学会技術報告,EA2012-95, pp. 81-86, 大分大学, 2012
MTFに基づいたパワーエンベロープ回復処理における統合的な雑音残響除去法
電子情報通信学会技術報告,EA2012-86, pp. 29-34, 大分大学, 2012
Improvements to Creativity in Singing Abilities Based on Perspective of Studies on Interaction between Speech Production and Auditory Perception
KICSS 2012, Melbourne, Australia, 2012
室内インパルス応答のモデル化とMTF/STI推定法の検討
電子情報通信学会技術報告,EA2012-78, pp. 79-84, 牛岳温泉リゾート,富山, 2012
蝸牛遅延に基づいた電子音響透かし法の総合評価-IHC評価基準に基づいた評価-
日本音響学会2012年度秋季研究発表会講演論文,3-4-6, 信州大学,長野, 2012
MTFに基づくパワーエンベロープ回復における統合的な雑音残響除去の検討
日本音響学会2012年度秋季研究発表会講演論文,2-Q-a14, 信州大学,長野, 2012
手がかり音呈示が聴覚フィルタの同調特性に与える影響
日本音響学会2012年度秋季研究発表会講演論文,2-Q-a14,, 信州大学,長野, 2012
経験的モード分解と変調スペクトル分析による音声区間検出の耐性向上に関する検討
日本音響学会2012年度秋季研究発表会講演論文,1-1-3, 信州大学,長野, 2012
Study on Noise Subtraction Method Based on Modulation Transfer Function
Proc. 2012 ASJ Autumn meeting, 3-4-5, 信州大学,長野, 2012
Digital-audio watermarking based on cochlear delay in sub-bands
Proc. 2012 ASJ Autumn meeting, 2-9-2, 信州大学,長野, 2012
Study on power envelope subtraction based on Modulation Transfer Function
電子情報通信学会応用音響研究会,IEICE Tech. Rep., EA2012-58, pp. 25-30, 東北学院大学,仙台, 2012
Method of digital-audio watermarking based on cochlear delay in sub-bands
電子情報通信学会応用音響研究会 IEICE Tech. Rep. EA2012-57, pp. 19-24, 東北学院大学,仙台, 2012
Digital audio watermarking based on cochlear delay characteristics
The 3rd Workshop in Seoul, A3 Foresight Program, Seoul, South Korea, 2012
Detection of Tampering in Speech Signals with InaudibleWatermarking Technique
The Eighth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Greece, 2012
Effect of presentation of cue tones on active tuning of auditory filters derived from simultaneous notched-noise masking
16th International Symposium on Hearing, Cambridge, U.K., 2012
Data-hiding scheme for digital-audio in amplitude modulation domain
The Eighth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, Greece, 2012
変調伝達関数に基づいたパワーエンベロープ回復処理における音声区間検出の検討
電子情報通信学会技術報告, EA2012-2, pp. 7-12, 大阪大学, 2012
経験的モード分解と変調スペクトル分析を用いた音声区間検出の耐性向上に関する検討
電子情報通信学会技術報告, EA2012-1, pp. 1-6, 大阪大学, 2012
A modulation-transfer-function-based method for restoring sub-band power envelope from noisy reverberant speech
J. Acoust. Soc. Am., Vol. 131, No. 4, Pt. 2 (Proc. Acoustics 2012 Hong Kong, 5pAAb4), Hong Kong, 2012
経験的モード分解と変調スペクトル分析を用いた音声区間検出の耐性向上に関する検討
電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告, EA2012-1, pp. 1-6, 大阪大学,中之島, 2012
変調伝達関数に基づいたパワーエンベロープ回復処理における音声区間検出の検討
電子情報通信学会信号処理研究会,電子情報通信学会技術報告, EA2012-2, pp. 7-12, 大阪大学,中之島, 2012
音響信号に対する情報ハイディングの評価基準
日本音響学会2012年度春季研究発表会講演論文,3-1-24, pp. 811-814, 神奈川大学, 2012
音信号の振幅変調成分の違いが音の聴き取りやすさに与える影響
日本音響学会2012年度春季研究発表会講演論文,2-8-8, pp. 1511-1514, 神奈川大学, 2012
経験的モード分解と変調スペクトルを用いたロバスト音声区間検出法
日本音響学会2012年度春季研究発表会講演論文,1-P-9, pp. 137-140, 神奈川大学, 2012
音響電子透かし技術の評価基準と評価コンテスト
電子情報通信学会総合大会,D-21-9, pp. 233, 神奈川大学, 2012
Speech Signal Processing Based on the Concept of Modulation Transfer Function
Proc. 2012 IEEE Workshop o Nonlinear Signal Processing (NSP2012), Community Plaza, Shikoku Univ. Tokushima, 2012
音響信号に対する情報ハイディング技術の評価基準
Proc. SCIS 2012 (The 29th Symposium on Cryptography and Information Security), Kanazawa, 2012
振幅変調成分の動きの知覚と検出に関する研究
日本音響学会聴覚研究会資料,2012-H-11, Vol. 42, No. 1, pp. 59-64, 沖縄, 2012
Effects of spatial cues on detectability of alarm signals in noisy environments
The First Workshop of A3 Foresight Program, Beijing, China, 2011
音響信号に対する情報ハイディング技術の評価基準の検討
電子情報通信学会技術報告,EMM2011-61, pp. 31-36, 機械振興会館, 2011
蝸牛遅延に基づいた可逆電子音響透かしの検討
電子情報通信学会技術報告,vol. EMM2011-50, pp. 59-64, 東北大学・通信研究所, 2011
経験的モード分解と変調スペクトル分析を用いたロバスト音声区間検出法の検討
第26回信号処理シンポジウム,pp. 326-331, 札幌, 2011
残響にロバストな音声区間検出法とその比較評価
日本音響学会2011年度秋季研究発表会講演論文,3-P-1, pp. 143-146, 島根大学, 2011
Cue音呈示による周波数選択性の変化に関する検討
日本音響学会2011年度秋季研究発表会講演論文,3-9-7, pp. 525-528, 島根大学, 2011
電子音響透かし法のための蝸牛遅延フィルタの最適構成に関する検討
電子情報通信学会技術報告,EA2011-55, pp. 31-36, 東北大学, 2011
Voice activity detection in MTF-based power envelope restoration
Proc. Interspeech2011, pp. 2609-2612, Florence, Italy, 2011
Voice activity detection in MTF-based power envelope restoration
Proc. Interspeech2011, pp. 2609-2612, Florence, Italy, 2011
変調伝達関数の概念に基づいた音声伝送指標のブラインド推定法の検討
電子情報通信学会技術報告,EA2011-47, pp. 27-32, キャンパスポート大阪, 2011
Blind Estimation Method of Speech Transmission Index in Room Acoustics
Proc. Forum Acustics 2011, pp. 1973-1978, Aalborg, Denmark, 2011
雑音残響環境下での変調伝達関数に基づくパワーエンベロープ回復処理と音声認識への応用
電子情報通信学会技術報告, EA2011-7, pp. 37-42, May 2011., 立命館大学, 2011
蝸牛遅延特性に基づく音声ステガノグラフィーの検討
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,1-Q-33, pp. 823-826, March 2011., 早稲田大学, 2011
MTFの概念に基づいた音声伝達指標のブラインド推定法に関する研究
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,1-12-1, pp. 1205-1208, March 2011., 早稲田大学, 2011
同時マスキングにおけるcue音呈示の効果 -検出効率による検討-
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,3-6-4, pp. 549-552, March 2011., 早稲田大学, 2011
線形予測に基づいた骨導音声回復法の改良とその総合評価
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,1-Q-31, pp. 819-822, March 2011., 早稲田大学, 2011
MTF に基づいたパワーエンベロープ回復処理による音声区間検出の検討
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,2-P-16, pp. 187-190, March 2011., 早稲田大学, 2011
背景音に対する目的音の振幅包絡の動きの違いが目的音検知に与える影響
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,3-P-18, pp. 561-564, March 2011., 早稲田大学, 2011
雑音残響にロバストな音声認識のための帯域分割型パワーエンベロープ回復処理の検討
日本音響学会2011年度春季研究発表会講演論文,2-P-26, pp. 163-166, March 2011., 早稲田大学, 2011
雑音残響環境下におけるMTFに基づくパワーエンベロープ回復処理の検討
電子情報通信学会技術報告, EA2010-78, pp. 121-126, Oct. 2010., 金沢, 2010
cue音呈示によって生じる周波数選択性の変化に関する検討
日本音響学会聴覚研究会資料, Vol. 48, No. 8, H-2010-126, pp. 697-702, Oct. 2010., 石川, 2010
蝸牛遅延特性を利用した電子音響透かしのブラインド検出に向けた基礎検討
電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング研究会,pp. 13-18, Oct. 2010., 長崎大学, 2010
蝸牛遅延フィルタの縦続・並列・複合型構成に関する検討
電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング研究会,pp. 19-24, Oct. 2010., 長崎大学, 2010
Desigh of IIR all-pass filter based on cochlear delay to reduce embedding limitations
Proc. IIH-MSP2010 (6th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing), pp. 526-529, Darmstadt, Germany, 2010
蝸牛遅延特性に基づいた位相偏移変調が知覚不可能性に与える影響
日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文,1-R-13, 関西大学, 2010
情報埋め込み限界を高めるための蝸牛遅延フィルタの構成
日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文 2-P-33, 関西大学, 2010
蝸牛遅延特性を利用した電子情報透かしのブラインド検出に関する検討
日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文,2-P-34, 関西大学, 2010
音声信号への蝸牛遅延特性を利用した情報ハイディングの検討
電子情報通信学会技術研究報告, EA2010-27, pp. 31-36, 北海道医療大学, 2010
埋め込み限界を高めるための蝸牛遅延フィルタの構成
電子情報通信学会マルチメディア情報ハイディング研究会,pp. 25-30, 北海道大学, 2010
Comparative evaluation of bone-conducted-speech restoration based on linear prediction scheme
電子情報通信学会技術研究報告 EA-2010-31, pp. 53-58, 北海道医療大学, 2010
同時マスキングにおけるcue音呈示の効果 ―プローブ周波数の違いが効果に与える影響―
日本音響学会2010年度春季研究発表会講演論文, 1-9-4, 電気通信大学, 2010
経験的モード分解を用いた音信号分析とその応用の検討
日本音響学会2010年度春季研究発表会講演論文,2-P-18, 電気通信大学, 2010
変調伝達関数に基づいた変調スペクトル逆フィルタ処理の検討
日本音響学会2010年度春季研究発表会講演論文,2-P-21, 電気通信大学, 2010
蝸牛遅延に基づいて埋め込まれた電子音響透かしの知覚不可能性に関する検討
日本音響学会2010年度春季研究発表会講演論文, 2-P-28, 電気通信大学, 2010
蝸牛遅延に基づいた電子音響透かし法の総合評価
電子情報通信学会技術研究報告 EA2009-117, pp. 13-18, 機械振興会館, 2010
蝸牛遅延に基づく電子音響透かし法の総合評価
電子情報通信学会総合大会,DS-3-2, S17-S18, 東北大学, 2010
蝸牛遅延に基づく電子音響透かし法の総合評価
日本音響学会2010年春季研究発表会, 電気通信大学, 2010
雑音残響環境下におけるMTFベース・パワーエンベロープ回復処理の検討
日本音響学会2010年秋季研究発表会,2-P-27, 電気, 2010
蝸牛遅延に基づいて埋め込まれた電子音響透かしの知覚不可能性に関する検討
日本音響学会2010年春季研究発表会, 2-P-28, 電気通信大学, 2010
同時マスキングにおけるcue音呈示の効果 1 kHzプローブ音検知に対するcue音の存在とその周波数配置に関して
日本音響学会聴覚研究会 H-2009-100, 熊本大学, 2009
Method of Digital Audio/Speech Watermarking Based on Cochlear Delay Characteristics
19th Czech-German Workshop Speech Processing, Institute of Physics of the Academy of Science, Czech, 2009
Embedding limitations with audio-watermarking method based on cochlear delay characteristics
Fifth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP-2009), Kyoto Japan, 2009
A psychoacoutically-motivated conceptual model for automatic speech recognition
Proc. WESPAC X (CDROM), Beijing, China, 2009
Subband temporal modulation spectrum normalization for automatic speech recognition in reverberant environments
Interspeech2009, Brighton, U.K., 2009
MTF-based power envelope restoration in noisy reverberant environments
Proc. EUSIPCO2009, pp. 228-232, Glasgow, U. K., 2009
室の伝達特性の測定を必要としない残響時間推定法の開発
JST 新技術説明会, 科学技術振興機構 JSTホール, 2009
変調伝達関数に基づいた骨導音声ブラインド回復法の検討
電子情報通信学会技術報告書,EA2009-31, 79-84, 2009
ヒトの聴覚情報処理過程を考慮した音声認識モデル
電子情報通信学会技術報告書,SP2009-33, pp. 57-62, 北海道大学, 2009
The effect of presence of cue-tone on tuning of auditory filter derived from simultaneous masking
15th International Symposium on Hearing (ISH2009), Salamanca, Spain, 2009
An MTF-based method for restoring bone-conducted speech
SPECOM2009, St. Petersburg, Russia, 2009
聴覚の優れた特性に学んだ音信号処理技術
e-messe Kanazawa2009, 石川県産業展示館1号館, 2009
蝸牛遅延特性に基づいた電子音響透かし法の埋め込み限界の検討
電子情報通信学会総合大会,DS-3-11, 愛媛大学, 2009
同時マスキングにおけるcue音呈示の効果 -1 kHzプローブに対する雑音マスカーの周波数配置に関する検討-
日本音響学会2009年度春季研究発表会講演論文,pp. 561-564, 2-Q-8, 東工大, 2009
蝸牛遅延に基づく電子音響透かしの埋め込み限界の検討
日本音響学会2009年度春季研究発表会講演論文,pp. 833-386, 3-P-35, 東工大, 2009
SingBySpeaking:ユーザの話声を歌声に変換する歌声合成インタフェース
インタラクション2009, 学術総合センター/一橋記念講堂, 2009
方向性の手掛かりが雑音環境下での報知音の検知能力に及ぼす影響
電子情報通信学会技術報告書,SP2008-149, pp. 43-48, 東京工科大, 2009
同時マスキングから推定された聴覚フィルタの同調特性におけるcue音呈示の効果
電子情報通信学会技術報告書,WIT2008-61, pp. 27-31, 愛媛大学, 2009
A Comprehensive Study on the Effects of Room Reverberation on Fundamental Frequency Estimation
Interspeech2008, Brisbane, Australia, 2008
線形予測分析に基づいた骨導音声ブラインド回復法の総合評価:Lombard効果による影響について
日本音響学会2008年度秋季研究発表会講演論文, 1-R-8,pp. 451-454, 九州大学, 2008
同時マスキングにおけるcue音呈示の効果に関する検討
日本音響学会2008年度秋季研究発表会講演論文,1-R-16,pp. 545-548, 九州大学, 2008
Robust Front End Processing for Speech Recognition in Reverberant Environments: Utilization of Speech Characteristics
Interspeech2008, Brisbane, Australia, 2008
蝸牛遅延特性に基づく電子音響透かし法の提案
電子情報通信学会技術報告書,2008EA-58, pp. 77-82, 東北大学, 2008
Robust Front End Processing for Speech Recognition in Reverberant Environments: Utilization of Speech Properties
IEICE Tech. Rep. SP2008-44, pp. 7-12, 岩手県立大学, 2008
Effects of Room Reverberation on Robust and Accurate F0 Estimates
IEICE Tech. Rep. SP2008-43, pp. 1-6, 岩手県立大学, 2008
An MTF-based blind restoration of temporal power envelopes as a front-end processor for automatic speech recognition systems in reverberant environments
Acoustics 08 Paris, pp. 1419-1424, Paris, France, 2008
同時マスキングにおけるキュー音呈示の効果 ~1 kHzプローブ音に対するマスキング閾値の変化について~
電子情報通信学会技術報告,SP2008-30, pp. 61-66, 北海道医療大学, 2008
線形予測分析に基づいた骨導音声ブラインド回復法の総合的評価
電子情報通信学会技術報告, SP2008-24, pp. 25-30, 北海道医療大学, 2008
蝸牛遅延に基づいた電子音響透かし法の検討
電子情報通信学会総合大会, DS4-2, pp. S-21-S-22, 九州工業大学, 2008
A Study on the Linear Prediction-based model for blindly restoring Bone-conducted Speech,
IEICE Tech. Rep. SP2007-189, pp. 53-58, 東京大学, 2008
Improving robustness using the selective sound segregation for automatic speech recognition systems in noisy environments
IEICE Tech. Rep., SP2007-196, pp. 93-98, 東京大学, 2008
変調伝達関数に基づいた残響時間のブラインド推定
日本音響学会春季研究発表会,2-6-10, pp. 683-684, 千葉工業大学, 2008
外有毛細胞の機能が非線形蝸牛モデルの同調曲線に与える影響に関する考察
日本音響学会春季研究発表会,2-P-12, pp. 565-567, 千葉, 2008
蝸牛遅延特性を利用した電子音響透かし法の提案
日本音響学会春季研究発表会,1-P-26, pp. 811-812, 千葉, 2008
雑音環境における選択的音源分離を規範とした音声認識
日本音響学会春季研究発表会,1-Q-1, pp. 153-154, 千葉, 2008
SingBySpeaking: 話声を歌声に変換する歌声合成システム
日本音響学会春季研究発表会,1-11-28, pp. 305-306, 千葉工業大学, 2008
Comparative evaluations of modulation transfer function based dereverberation for robust speech recognition
日本音響学会春季研究発表会,1-10-12, pp. 39-40, 千葉工業大学, 2008
残響環境下におけるロバストで正確な基本周波数推定法の比較検討
電子情報通信学会技術報告,SP2007-168, pp. 7-12, 島根大学, 2008
変調伝達関数に基づいた残響時間のブラインド推定法の検討
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 37, no. 11, H-2007-149, 京都大学, 2008
外有毛細胞の生理的機能に着目した非線形蝸牛モデルの入出力特性の検討
日本音響学会秋季研究発表会, pp. 553-554, 2-Q-6,, 2007
複素ケプストラム分析を利用した残響音声の基本周波数推定法
電子情報通信学会技術報告,Vol. 107, No. 186, pp. 31-36, EA2007-44, 2007
方向性の手がかりを利用した雑音環境下での報知音の検知能力の向上
電子情報通信学会技術報告,SP2007-27, pp. 19-24, 2007
音声明瞭度の回復を目的とする線形予測分析に基づいた骨導音声ブラインド回復法の評価
電子情報通信学会技術報告,SP2007-41, pp. 103-108, 2007
A speech enhancement framework based on noise eigenspace , projection
電子情報通信学会技術報告,SP2007-42, pp. 109-114, 2007
外有毛細胞モデルの機能に着目した非線形蝸牛モデルの入出力特性の検討
日本音響学会聴覚研究会資料,Vol. 37, No. 4, H-2007-54, 2007
An LP-based blind restoration method for improving intelligibility of bone-conducted speech
電子情報通信学会技術報告, SP2006-172, pp. 19-24, 2007
残響環境における音声の基本周波数推定法に関する検討
日本音響学会春季研究発表会,1-Q-1, pp. 265-266, 2007
自動車環境下の報知音知覚に関する検討
日本音響学会春季研究発表会, 2-Q-20, pp. 459-460, 2007
歌声の基本周波数変化に含まれるオーバーシュートの知覚への影響に関する検討
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 36, no. 7, pp. 611-616, H-2006-109, 岩手いこいの村, 2006
様々な条件での同時・非同時ノッチ雑音マスキングデータから推定された聴覚フィルタの同調特性の検討
日本音響学会2006年秋季研究発表会, 3-P-25, pp. 385-386, 金沢大学, 2006
同時・非同時ノッチ雑音マスキングにおけるプローブの時間配置の効果
日本音響学会2006年秋季研究発表会, 3-P-5, pp. 345-346, 金沢大学, 2006
A robust feature extraction based on the MTF concept for speech recognition in reverberant environment
Proc. INTERSPEECH-ICSLP2006, pp. 2546-2549, Pittsburgh, PA, USA, 2006
同時・非同時ノッチ雑音マスキングを利用した聴覚フィルタの同調特性の推定
日本音響学会聴覚研究会, Vol. 36, No. 6, H-2006-90, pp. 497-502, 東北大学, 2006
Estimates of tuning of auditory filter using simultaneous and forward notched-noise masking
Proc. 14th International Symposium on Hearing (ISH2006), pp. 18-24, Cloppenburg, Germany, 2006
プローブの時間配置がノッチ雑音マスキングに与える影響
日本音響学会聴覚研究会, Vol. 35, No. 4, H-2006-70, pp. 387-392, はこだて未来大, 2006
Refinement of an MTF-based speech dereverberation method using optimal inverse-MTF filter
Proc. SPECOM2006, pp. 323-326, St. Petersburg, Russia, 2006
Sub-band temporal envelope restoration for ASR in reverberation environment
電子情報通信学会技術報告, pp. 73-78, SP2005-175, 上智大学, 2006
A study on restoration of bone-conducted speech with the LPC-based model
電子情報通信学会技術報告 pp. 67-72, SP2005-174, 上智大学, 2006
残響にロバストな音声認識のための帯域分割型パワーエンベロープ回復処理の検討
日本音響学会2006年春季研究発表会, pp. 515-516, 1-5-5, 日本大学理工学部, 2006
Sub-band temporal envelope restoration for ASR in reverberation environment
電子情報通信学会技術報告, pp. 73-78, SP2005-175, 上智大学, 2006
Estimating of auditory filter shape using simultaneous and forward notched-noise masking
Forum Acusticum 2005, 1497-1502, Budapest, Hungary, 2005
Development of the MTF-based speech dereverberation method using adaptive time-frequency division
Forum Acusticum 2005, 51-56, Budapest, Hungary, 2005
変調伝達関数に着目した骨導音声回復法の検討
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 35, no. 3, pp. 191-196, H--2005-33, 秋田県立大, 2005
ノッチ雑音マスキング法を利用した順向性マスキングデータの測定
日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集,3-2-20, pp. 405-406, 東京農工大, 2005
残響音声回復法におけるキャリア再生成処理の改良とその評価
日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文, 1-6-26, pp. 459-460, 東京農工大, 2005
ヴィブラート変調周波数の時間変化が歌声知覚に与える影響の調査
日本音響学会2005年春季研究発表会講演論文集,pp. 267-268, 3-P-14, 東京農工大, 2005
Measurement of forward masking for notched-noise maskers
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 34, no. 10, H-2004-116, pp. 657-662, 九州大学, 2004
様々な周波数のノッチ雑音マスキングデータの測定と聴覚フィルタ形状の推定
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 34, no. 8, H-2004-107, pp. 607-612, 2004
A comparison of auditory filters with cascade and parallel architectures in models of auditory masking
British society of audiology, Short paper meeting on experimental studies of hearing and deafness, Univ. Coll. London, U.K., 2004
歌声知覚に影響を与える音響的特徴を考慮した話声からの歌声合成
日本音響学会2004年度秋季研究発表会,3-6-2, pp. 807-808, 琉球大学, 2004
歌声らしさに影響を与える音響的特徴を考慮した話声からの歌声合成法
電子情報通信学会技術報告,EA2004-30, 東北大学, 2004
適応的な時間-周波数分割を考慮した残響音声回復法の改良
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 34, no. 5, H-2004-66, pp. 379-384, NHK放送技術研究所, 2004
雑音環境下における音源分離を認識規範とした音声認識法の提案
日本音響学会聴覚研究会資料,vol. 34, no. 4, H-2004-52, pp. 295-300, ATR, 2004
時間情報と周波数情報を用いた実環境雑音下における基本周波数推定
電子情報通信学会技術報告,SP2003-201, pp. 49-54, 国立国語研究所, 2004
圧縮型ガンマチャープのパラメータ推定のための音圧算出法と適合結果
日本音響学会2003年秋季研究発表会, 1-7-5, pp. 429-430, 大同工業大学, 2003
MTFに基づいた残響音声回復法の提案
日本音響学会2003年秋季研究発表会, 1-5-2, pp. 481-482, 大同工業大学, 2003
MTFに基づいた残響音声の回復法の検討,
電子情報通信学会技術報告書 SP2002-181, pp. 13-18, 2003
楽器音の音響的特徴を知識として用いた目的音の選択的分離抽出法,
日本音響学会聴覚研究会, Vol. 32, No. 10, H-2002-90, 2002
歌声におけるF0動的変動成分とF0制御モデル
日本音響学会2002年春季研究発表会, 2002
様々な周波数における圧縮型ガンマチャ‐プのパラメータ推定
日本音響学会2002年春季研究発表会, 2002
様々な周波数のノッチ雑音データへの圧縮型ガンマチャ‐プの適合
日本音響学会聴覚研究会, 2002