高木 昌宏 (TAKAGI, Masahiro)教授, 生命機能工学領域長
マテリアルサイエンス系, 生命機能工学領域
◆学位
大阪大学工学博士(1990) Osaka University
大阪大学工学修士(1984) Osaka University
◆職歴
2002 - : 三重大学大学院工学研究科非常勤講師 , Graduate School of Engineering
2001 - : 北陸先端科学技術大学院大学・材料科学研究科・教授
2001 - : - Professor, Japan Advanced Institute of Science
2001 - : 東京農工大学工学部非常勤講師 , Faculty of Engineering
1998 - : 通産省工業技術院大阪工業技術研究所有機機能材料部 客員研究員(併任)
1997 - : 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 客員助教授(併任) , Graduate School of Biological Sciences
1996 - : 東京工業大学資源化学研究所分子設計部門客員助教授 , Chemical Resources Laboratory
1996 - 1999 : Visiting associate professor, Nara Advanced
1994 - : 大阪大学工学部応用生物工学科助教授(超好熱性微生物の単離と耐熱酵素)
1994 - 2001 : Associate Professor, Dept. Biotechnology,
1990 - 1992 : カリフォルニア大学デービス校生化学教室(博士研究員併任(1992.8まで)
1990 - 1992 : Postdoctoral Fellow, University of California,
1985 - : 大阪大学工学部醗酵工学科助手(タンパク質分解酵素の人為的熱安定性向上) , School of Engineering
1985 - 1994 : Research Associate, Dept. Biotechnology, Osaka
: 文部科学省科学技術政策研究所・科学技術動向研究センター専門調査委員
: (アミロイド線維の自己集積過程)
: (タンパク質のフォールディングプロセス解析)
: (新規抗体酵素の開発と機能解析)(外部環境ストレスの起こすアポトーシス)
: 大阪大学先端科学技術共同研究センター助教授(併任)
: (結晶性セルロース分解酵素に関する研究)
: (Protein folding process. Amyloid formation)
: and Technology
: Institute of Science and Technlolgy.
: antibody. Stress signal transduction)
: Osaak Univ.(Creation of a new catalytic
: Davis(Cellulosome from Clostridium)
: enzymes)
: Univ.(Characterization of thermostable
◆専門分野
バイオ機能応用、バイオプロセス工学
◆研究キーワード
抗体工学, 遺伝子工学, 信号伝達, リポソーム, 相分離, ダイナミクス
◆研究課題
耐熱酵素の解析と利用
高温で生育する超好熱菌由来の耐熱酵素の構造・機能相関を解析し、高温環境下における蛋白質構造安定性の理由を明らかにし、蛋白質工学的手法により人為的改変を試みる。得られた各種の有用蛋白質を、医療、食糧、環境の分野で活かす。
環境ストレス応答
光、重金属、電磁波などの物理化学ストレスが細胞(動物、魚類、植物)に与える影響を調べる。特にアポトーシスに代表される死滅シグナルについて、物理化学的刺激の種類によるシグナル伝達の共通点と相違点について、解析を行う。
構造プロセス生物学
蛋白質構造が折り畳まれるプロセスを調べ、例えばアルツハイマー病の原因となるアミロイドの形成に見られるような、線維構造に至る理由を解析する。また、アミロイドがもたらす神経細胞への障害について細胞レベルにはじまり徐々に個体レベルへと発展させながら、研究を進める。
モデル細胞膜の動的構造変化・タンパク質相互作用

■研究業績

◆発表論文
Effect of temperature on raft-dependent endocytic cluster formation during activation of Jurkat T cells by concanavalin A.
Sharma N, Baek K, Shimokawa N, Takagi M
Journal of bioscience and bioengineering, 127, 4, 479-485, 2019
Effects of Capsaicin on Biomimetic Membranes.
Sharma N, Phan HTT, Yoda T, Shimokawa N, Vestergaard MC, Takagi M
Biomimetics (Basel, Switzerland), 4, 1, -, 2019
Planetary-scale streak structure reproduced in high-resolution simulations of the Venus atmosphere with a low-stability layer.
Kashimura H, Sugimoto N, Takagi M, Matsuda Y, Ohfuchi W, Enomoto T, Nakajima K, Ishiwatari M, Sato TM, Hashimoto GL, Satoh T, Takahashi YO, Hayashi YY
Nature communications, 10, 1, 23-, 2019
Membrane permeation of giant unilamellar vesicles and corneal epithelial cells with lipophilic vitamin nanoemulsions.
Miyake M, Kakizawa Y, Tobori N, Kurioka M, Tabuchi N, Kon R, Shimokawa N, Tsujino Y, Takagi M
Colloids and surfaces. B, Biointerfaces, 169, 444-452, 2018
◆Misc
Cellular toxicity by cadmium ion and its detoxification by heavy metal specific plant peptides, phytochelatins expressed in mammalian cells.
J.Biochemistry(Tokyo), 131, 233-239, -, 2002
◆書籍
微生物利用の大展開(今中忠行編)
シー・エム・シー, 2002
Studies on a thermostable chitinase from hyperthermophilic archaea, Pyrococcus kodakaraenis KOD1. In Genetics, Biochemistry and Ecology of Cellulose Degradation.
UNI Publishers Co. Ltd. Tokyo Japan, 1999
Structure and function of Clostridium cellulovorans cellulase subunits. In Environment, Science and Technology : The Challenge of the 21st Century
Chulabhorn Research Institute, Bangkok, Thilond, 1999
Strong and specific peroxidase activity with an antibody L-chain-porphyrin Fe(III) conplex.
Antibody Expression and Engineering, 1995
微生物工学
丸善, 1993
◆講演・口頭発表
サイクロデキストリン代謝に関する研究
アメリカ微生物学会総会, フロリダ, 2001
重金属毒性に関する研究
国際環境バイオテクノロジー学会, 京都, 2000
光水素発生に関する研究
ハラタマ記念国際会議, 大阪, 2000
細胞分裂タンパク質に関する研究
アメリカ微生物学会総会, ロサンゼルス, 2000

■担当講義

Advanced Biofunctions(E), Biofunction and Organization(E), Introduction to Bioscience, 先端生体機能特論(E), バイオ機能・組織化特論(E), 生物機能概論

■学外活動

◆所属学会
日本化学会, 日本生化学会, 日本農芸化学会, 日本生物工学会, American Society for Microbiology

■賞等

・ 科学研究費審査委員表彰 , 日本学術振興会 , 2017
・ 日本生物工学会 功績賞 , 日本生物工学会 , 2013
・ College of Fellow, American Insitute for Medical and Biological Engineering , American Insitute for Medical and Biological Engineering , 2013