田中 清史 (TANAKA, Kiyofumi)教授
情報科学系, セキュリティ・ネットワーク領域
◆学位
博士(理学) 東京大学
修士(理学) 東京大学
学士(理学) 東京大学
◆職歴
2001 - : 北陸先端科学技術大学院大学 , 情報科学系 , 准教授
2001 - 2005 : 科学技術振興事業団(現,科学技術振興機構)「機能と構成」研究員兼任
2000 - 2001 : 東京大学リサーチアソシエイト
◆専門分野
計算機システム
◆研究キーワード
プロセッサアーキテクチャ, 並列計算機, リアルタイムシステム, 組込みシステム, 高機能アーキテクチャ
◆研究課題
並列計算機アーキテクチャ
並列計算機において高速処理の障害となるホットスポットの発生を回避するために,動的なメッセージの削減を可能とする高機能結合網の実現方式を研究する.また,共有データの情報管理のための適応型ディレクトリ方式を提案,評価する.
大規模データアプリケーションに適したメモリシステム
プロセッサ内のメモリを従来のキャッシュとして使用するのみでなく,再構成により大規模データに対処するための入出力バッファとして使用する方式,およびDRAM構造を利用した連続データアクセス・連続計算を可能とするメモリコントローラの構成法を提案し,それらの協調動作により実現される高速大規模データアクセス機構を評価する.
組込みシステムアーキテクチャ
組込みシステムに適した柔軟性のあるCPUコアを新規に開発し,オープンソースコードとして研究/開発を支援することを目的とする.また,本CPUコアの高速化機構を最大限有効利用し,かつ適応型動的優先度法に基づいたタスクスケジューリングを実現するリアルタイムOSを研究開発する.更に、今後重要となる低消費電力化の方式を検討する.
実時間マルチタスクプロセッサアーキテクチャ
リアルタイムかつ汎用マルチタスク環境における有効実行率を向上させる機構を確立する.タスク切替えの際,レジスタ値やアドレス空間などのプロセッサコンテクストを入れ換える時間をゼロにするためのアーキテクチャを提案し,特にリアルタイムアプリケーションのスケジューリングにおける制約条件を緩和する方式を研究する.

■研究業績

◆発表論文
Building Fine-Grained Configurable ITRON Based RTOS
Tetsuo Miyauchi, Kiyofumi Tanaka
Journal of Information Processing, 28, 395-405, 2020
Dependency-Driven Trace-Based Network-on-Chip Emulation on FPGAs
Thiem Van Chu, Kenji Kise, Kiyofumi Tanaka
Proceedings of The 2020 ACM/SIGDA International Symposium on Field-Programmable Gate Arrays (FPGA), 211-221, 2020
Overview of An Adaptive Approach for Implementing RTOS in Hardware
Tetsuo Miyauchi, Kiyofumi Tanaka
Proceedings of Asia Pacific Conference on Robot IoT System Development and Platform (APRIS), 13-20, 2019
A Proposal of Application Specific Approach with RISC-V Processor on FPGA
Tetsuo Miyauchi, Kiyofumi Tanaka
Proceedings of the 22nd Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI), 270-273, 2019
Adaptive Local Assignment Algorithm for Scheduling Soft-Aperiodic Tasks on Multiprocessors
Duy Doan, Kiyofumi Tanaka
Proceedings of IEEE International Conference on Embedded and Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA), IEEE Xplore, 6 pages-, 2019
◆Misc
サイドチャネル攻撃耐性を持つ楕円曲線スカラー倍算アルゴリズムのハードウェア実装
田中清史, 宮地充子
情報処理学会研究報告, EMB, 2020-EMB-54, 2, 1-8, 2020
FPGA SoCにおける多倍長演算の実装
田中清史
情報処理学会研究報告, EMB, 2019-EMB-53, 42, 1-5, 2020
A Study of Real-Time Extension for RISC-V Processors
Aye Myat Mon, Thiem Van Chu, Kiyofumi Tanaka
IPSJ SIG Technical Reports, EMB, 2019-EMB-51, 7, 1-2, 2019
Reducing Jitter and Energy in Hard Real-time Systems Using Intra-task DVFS Technique
Bo-Yu Tseng, Kiyofumi Tanaka
情報処理学会第80回全国大会講演論文集, DVD-ROM, -, 2018
Adaptive Computing Framework in the IoT Era
Kiyofumi Tanaka
International Conference for Tips for Top and Emerging Computer Scientists (IC-TECS), -, 2017

■担当講義

プロセッサ設計演習, 高機能オペレーティングシステム, オペレーティングシステム特論, 統合アーキテクチャ, デジタル論理と計算機構成, 計算機アーキテクチャ特論, 並列・分散システムアーキテクチャ特論

■学外活動

◆所属学会
電子情報通信学会, IEEE Computer Society, ACM, 情報処理学会
◆学術貢献活動
北陸支部運営委員 , 電子情報通信学会
組込みシステム研究会・主査 , 情報処理学会
論文誌査読委員 , 情報処理学会

■賞等

・ Best Paper Award , "IEEE 12th International Symposium on Embedded Multicore/Many-core Systems-on-Chip (MCSoC-2018)" , 2018
・ Best Paper Award , "International Conference on Information and Communication Technology for Embedded Systems" , 2017
・ シンポジウム2016奨励賞 , 情報処理学会組込みシステム研究会 , 2016