藤波 努 (FUJINAMI, Tsutomu)教授, ヒューマンライフデザイン領域長
知識科学系, ヒューマンライフデザイン領域
◆学位
早稲田大学文学士 (1986),英国 エディンバラ大学認知科学科 Ph.D. (1996)
◆職歴
: 日立製作所システム開発研究所(1986-1992),独シュトゥッツガルト大学計算言語学学科研究員(1995-1998)
◆専門分野
知能情報学
◆研究キーワード
認知症高齢者の介護, 技能習得, 身体知
◆研究課題
身体知
陶芸における菊練り、サンバのリズムに乗ってステップを踏む(ダンス)、サッカーのドリブル、三味線のバチさばきなどを題材として、熟練者と初心者の動作がどのように異なっているのか、モーションキャプチャ装置などを使って調査しています。研究の成果はロボットの動作に応用したり、初心者が技能に習熟する過程を支援することなどに応用できると考えています。 備考
技能習得
人間はどのような過程を経て特定の技能を習得していくのかを明らかにしようとしています。多人数を対象として長期間、追跡調査を行っていく必要があるため、題材としてはサンバのダンスを取り上げ、近隣の高校などにご協力いただきながら習得過程を調べています。研究成果は技能習得支援システムの開発に結び付くと考えています。 備考
認知症高齢者の介護支援
日本は超高齢社会に突入し、20年後には人口の2割以上が65歳以上の高齢者となると予想されています。また、認知症を患う人の割合も上昇し、概算では100人のうち2人が認知症高齢者となると予想されます。この問題に取り組むため、我々は良い介護とは何か、良い介護を実現するために必要な技術は何かを研究しています。 備考

■研究業績

◆発表論文
Integrating Interactive Clothing and Cyber-Physical Systems: A Humanistic Design Perspective.
Weizhen Wang, Yuan Fang, Yukari Nagai, Dong Xu, Tsutomu Fujinami
Sensors, 20, 1, 127-127, 2020
The Predestined Nature of Assistive Technologies for Dementia
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami, Osamu Moriyama
Intelligent Assistive Technologies for Dementia, 110-129, 2019
リズミカルな動作の表現
藤波努, 日高昇平
New Generation Computing, 37, 2, 185-201, 2019
Detecting Freezing-of-Gait Symptom in Parkinson’s Disease by Analyzing Vertical Motion from Force Plate
Dinh-Khiet Le, Takuma Torii, Tsutomu Fujinami, Wannipat Buated, Praween Lolekha
New Frontiers in Artificial Intelligence, 468-477, 2019
Effects of Casual Computer Game on Cognitive Performance Through Hemodynamic Signals
Phetnidda Ouankhamchan, Tsutomu Fujinami
New Frontiers in Artificial Intelligence, 478-492, 2019
◆Misc
次元クラスタリング:身体情報のフラクタル次元に基づく認知過程の分析
日高昇平, KASHYAP Neeraj, BUATED Wannipat, 藤波努
日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM), 31st, ROMBUNNO.O1-3-, 2014
介護支援システム開発および実地導入のための技術的・制度的課題の基礎的検討
杉原 太郎, 藤波 努, 森山 千賀子
人工知能学会全国大会論文集, 28, 1-3, 2014
Role of assistive technologies for person-centered dementia care: An exploratory case study in Japan
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami
Caregivers: Challenges, Practices and Cultural Influences, 225-242, 2013
Gaps between assistive technologies and dementia care
Taro Sugihara, Tsutomu Fujinami, Robert Phaal, Yasuo Ikawa
2012 Proceedings of Portland International Center for Management of Engineering and Technology: Technology Management for Emerging Technologies, PICMET'12, 3067-3072, 2012
◆書籍
生存学 Vol.9, 体が発しているものを情報通信技術で読み解く,
242-259, 立命館大学, 2016
認知症高齢者介護と情報技術1
編者(編著者) , JAIST Press, 2011
◆講演・口頭発表
身に纏うセンサーへの期待:見守りから技能獲得支援まで
e-テキスタイル製品開発研究会, 福井県工業技術センター, 2017
視線追従装置を用いた絵画の感性的評価手法の開発
日本認知科学会第34回大会, 2017
The Influence of Layouts on Visual Impression - Comparing 12 Flyer Layout Patterns
International Conference on Education, Psychology and Society, 日本, 北海道, 2017
Topics of Skill Science: Overview of ten years
Third International Workshop on Skill Science, 2017
The role of body in the organization of skilled movements
3rd International Conference on Cognition, Brain and Computation, IIT Gandhinagar, Gujarat, India, 2015

■担当講義

Advanced Topics in Healthcare Service Knowledge Science, Next-Generation Knowledge Science, Introduction to information-based Management, Cognitive Science, Methodology for Research and Development of Social Innovation, 先端医療・介護サービス知識科学特論, 次世代知識科学特論, 経営情報学概論, 認知科学(E), 社会システムエンジニアリング方法論

■学外活動

◆所属学会
International Society of Gerontechnology, 日本声楽発声学会, 日本認知症ケア学会, 人工知能学会
◆学術貢献活動
Third International Workshop on Skill Science , Tsutomu Fujinami , 2016 , Raiosha Building, Keio University Kanagawa, Japan
Second International Workshop on Skill Science , Tsutomu Fujinami , 2015 , Raiosha Building, Keio University Kanagawa, Japan
International Symposium on Skill Science , Prof. Koichi Furukawa, Keio University , 2007 - 2007 , Mita, Tokyo

■賞等

・ 優秀論文賞受賞 , 情報処理学会 , 2008
・ 毎日介護賞(北陸総局長賞) , 毎日新聞社 , 2008