HAYASHI, Yukio Professor
Division of Transdisciplinary Sciences, School of Knowledge Science,Human Life Design Area
◆Degrees
Dr. Eng. degree from Kyoto University (1995)
◆Professional Experience
: (株) ATR人間情報通信研究所, 視聴覚機構研究所出向
: 富士ゼロックス(株)システム技術研究所 等
◆Specialties
Network Science, Adhoc Comminication System, Community Analysis, Self-organization, Mathematical Physics and Engineering
◆Research Keywords
次世代情報通信網, Scale-free, Small-world, SNS, Wireless Communication System
◆Research Interests
Mathematical Model of Information Space:
Modeling of "information space" that dymanically generates various relations of information-flagments according to user's viewpoints.
Network Webology:
Analysis of link-structures in the World Wide Web.
Network Larning Mechanism:
Acquisition and delivery of recomended information from network communities.
Complex Network Science
My research interests include the structure and dynamics of self-organized networks, the fault-tolerance, the efficient distributed design, etc. in complex network science for wireless adhoc systems and social communications.

■Publications

◆Published Papers
Significant improvement of network robustness by enhancing loops through rewiring
Masaki Chujyo, Yukio Hayashi
BookOfAbstracts, The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications, 569-571, 2019/12
Identifying a crucial role for robustness and spreading in complex networks
Liao Fuxuan, Yukio Hayashi
BookOfAbstracts, The 8th International Conference on Complex Networks and their Applications, 572-574, 2019/12
Emergence of an Onion-like Network in Surface Growth and Its Strong Robustness
Yukio Hayashi, Yuki Tanaka
IEICE Trans. on Fundamentals, E102-A, 10, 1393-1396, 2019/10
ネットワークの連鎖の解きほぐしと制御
林 幸雄
パリティ, 33, 10, -, 2018/10
Averaged dynamics of joint degree-degree in complex networks
Astushi Tanaka, Yukio Hayashi
International Conference on Complex Systems, 506-, 2018/09
◆Misc
ネットワークのカスケード故障を抑制する迂回ルーチングの制御
見雪雄哉, 林 幸雄
電子情報通信学会 2019年総合大会, -, 2019/03
頑健でしなやかなネットワークの自己組織化原理について
林 幸雄
第9回水戸MIセミナー(第9回水戸数学・情報数理セミナー), -, 2018/12
頑健かつレジリエントな玉葱状ネットワークの自己組織化原理
林 幸雄
第15回ネットワーク生態学シンポジウム, -, 2018/11
カスケード故障に対するルーティング戦略
内山 直弥, 林 幸雄
電子情報通信学会総合大会, -, 2018/03
経路長に基づく不通リンク再接続による局所的なリンク構造修復法
松久保 潤, 林 幸雄, 田中 敦
第14回ネットワーク生態学シンポジウム, -, 2017/08
◆Books
Pythonと複雑ネットワーク分析 -関係性データからのアプローチ
林 幸雄, 分担執筆, まえがき、第4章, 近代科学社, 2019/10
情報ネットワーク科学入門
林 幸雄, 共著, 9章 情報ネットワークとレジリエンス, コロナ社, 2015
自己組織化する複雑ネットワーク -空間上の次世代ネットワークデザイン-
林 幸雄, 単著, 近代科学社, 2014
Rethinking of Communication Requests, Routing, and Navigation Hierarchy on Complex Networks -for a Biologically Inspired Efficient Search on a Geographical Space-
Hayashi Yukio, その他, "Networks – Infrastructure, Applications and Future Directions," Chapter 4, Arshin Rezazadeh(ed), iConcept, 9781922227027, 2012
ネットワーク科学への招待
サイエンス社, 2008
◆Conference Activities & Talks
ネットワーク科学最前線2017 -インフルエンサーと機械学習からの接近-
林 幸雄
第14回ネットワーク生態学シンポジウム, 2017/08/21
情報ネットワーク科学シリーズ全体と第1巻の話 -レジリエントなネットワークの新設計法を含め-
林 幸雄
電子情報通信学会ソサエティ大会 招待講演 企画セッション BI-3 情報ネットワーク科学に関する最新学術動向, 2016/09/20
ネットワーク生態学シンポジウムの十年を振り返って
林 幸雄
第11回ネットワーク生態学シンポジウム 特別企画, 2015/09/04
ネットワーク自己組織化の数理 -原理解明からアルゴリズムの導出-
林 幸雄
さきがけ「知の創生と情報社会」第9回領域会議 特別講演, 2013/02/02
リンク淘汰に基づくネットワーク自己組織化 -粘菌より優れた遠距離結合の追加-,
林 幸雄
電子情報通信学会総合大会 企画セッション 依頼シンポジウムセッション 「情報ネットワーク科学が目指すもの, 2012/03/22

■Teaching Experience

Next-Generation Knowledge Science, Network Science, Transdisciplinary Session I, Methodology for Systems Science, 次世代知識科学特論, ネットワーク科学論, 異分野「超」体験セッションⅠ, システム科学方法論

■Contributions to  Society

◆Academic Society Affiliations
電子情報通信学会, 日本応用数理学会, 情報処理学会
◆Academic Contribution
さきが け「知の創生と情報社会」 領域アドバイザー(併任) , JST
学会誌編集委員 , 日本応用数理学会
フロンティア研究領域 ネットワーク生態学研究グループ主査、シニア査読委員 , 情報処理学会
◆Committee Memberships
・ , 文部科学省研究振興局 学術調査官(2003-2005) , 2003- 2005

■Academic  Awards

・ IARIA Best paper Award , Hayashi Yukio , 2012/11
・ BEST PAPER AWARD , Hayashi Yukio , IARIA , 2012/10
・ なし