トップページ  >  教員個別情報  >  講演・口頭発表
島原 秀登 (SHIMAHARA, Hideto)助教
マテリアルサイエンス系, ナノマテリアルテクノロジーセンター

講演・口頭発表

107件
・ 炭酸脱水酵素の機能発現と構造に関する理論的研究 , Muhamad Koyimatu, Kimikazu Sugimori, Hidemi Nagao, Hideto Shimahara , 第53回日本生物物理学会 , 金沢 , 2015.09.13-15
・ 貝由来炭酸脱水酵素ナクレインのカルシウム結合部位の解析 , Hideto Shimahara, Muhamad Koyimatu, Yuji Kobayashi , 第53回日本生物物理学会 , 金沢 , 2015.09.13-15
・ 炭酸脱水酵素の触媒反応に見られるプロトン移動の解明に向けた実験・理論的アプローチ , 島原 秀登,ムハマド コイマツ,杉森 公一,齋藤 大明,川口 一朋,長尾 秀実 , 第8回分子科学討論会 , 広島 , 2014.09.21-24
・ Theoretical Study of Tautomerization and Conformations of His64 in Human Carbonic Anhydrase II , Koyimatu Muhamad,Shimahara Hideto,Sugimori Kimikazu,Saito Hiroaki,Kawaguchi Kazutomo,Nagao Hidemi , 第8回分子科学討論会 , 広島 , 2014.09.21-24
・ Theoretical Study of p-stacking Interaction in Carbonic Anhydrase , M. Koyimatu, H. Shimahara, K. Kawaguchi, H. Saito, and H. Nagao , International Symposium on Computational Science 2013 , Kanazawa , 2013.02.18-21
・ Π-stacking Interaction between Heterocyclic Rings in a Reaction Field of Biological System , Muhamad KOYIMATU, Hideto SHIMAHARA, Kimikazu SUGIMORI, Kazutomo KAWAGUCHI, Hiroaki SAITO, and Hidemi NAGAO , The 12th Asia Pacific Physics Conference (APPC12) , Chiba , Jul 14-19, 2013
・ 酵素触媒を用いた二酸化炭素捕捉技術の開発 , 島原秀登 , 環境科学会2013年会 , 静岡 , 2013.09.03-04
・ Theoretical Study of a pi-stacking Interaction Effect to the Orientation of His64 of Carbonic Anhydrase , Muhamad Koyimatu, Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Tetsuya Sugimori, Kazutomo Kawaguchi, Hiroaki Saito, Hidemi Nagao , 第7回分子科学討論会 , 京都 , 2013.9.24-27
・ 理系大学院における留学生に対する教育 -英語による個別指導を中心に- , 島原秀登 , 大学コンソーシアム石川主催2013年度 第1回FD・SD研修会 , 石川 , 2013.10.23
・ Chemical Exchange between Two Conformations within His64 in a Mutant of Carbonic Anhydrase Is Sufficiently Slow on the NMR Timescale炭酸脱水酵素のある変異体のHis64の2つの配向の間の化学交換はNMR時間軸上十分遅い , 島原 秀登 , 第 51 回日本生物物理学会年会 , 京都 , 2013.10.28-30
・ 炭酸脱水酵素を用いた固体炭酸の作成に関する研究 , 島原秀登 , 産学意見交換会 , 石川 , 2013.10.11
・ 教育活動に関するショートレクチャー -修士学生学内発表会に関する評価メッセージについて- , 島原秀登 , 第3回若手教員授業研究会-金沢大学サテライト・プラザ , 金沢 , 14.01.08
・ 炭酸脱水酵素を用いた二酸化炭素分離回収技術を有する膜の作成 , 島原秀登 , 産学意見交換会 , 石川 , 2012.05
・ 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発 , 島原秀登 , ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー , 石川 , 2012.01.26
・ 選択的なCO2捕捉を可能とするバイオミメティクス―炭酸脱水酵素の機能を利用・模倣して― , 島原秀登 , 第三回 国際自動車素材・加工展 , 東京 , 2012.03.14-16
・ 創薬とCO2捕捉バイオミメティックスにHis調節型水素結合リレー経験則を応用 , 島原秀登 , 第11回国際バイオテクノロジー展/技術会議 BIOtech2012 , 東京 , 2012.04.25-27
・ Theoretical study of H/D isotope-induced chemical shift in ethylene and benzene derivatives , K. Sugimori, H. Kawabe, and H. Shimahara , The 52nd Sanibel Symposium , America , 2012.02.19-24
・ 溶液NMR法を用いた炭酸脱水酵素の亜鉛結合水のpKaの決定―H/D交換によるHis-溶媒接触の可能性― , 島原秀登、杉森公一、Koyimatu Muhamad、吉田卓也、長尾秀実、中澤隆、大久保忠恭、小林祐次 , 第12回蛋白質科学会年会 , 名古屋 , 2012.06.20-22
・ Hydrogen-bonding Network and His64 in Carbonic Anhydrase , 炭酸脱水酵素の水素結合ネットワークとHis64 (金沢大院・理1,北陸先端大院・ナノ2,金城大・医療3,阪大院・薬4,奈女大・理5) Muhamad Koyimatu,島原 秀登,杉森 公一,岩山 将士,杉森 哲也,川口 一朋,齊藤 大明,吉田 卓也,中沢 隆,大久保 忠恭,小林 祐次,長尾 秀実 , 第6回分子科学討論会 , 東京 , 2012.09.18-21
・ QM法とNMR法を用いて炭酸脱水酵素活性部位の水素結合ネットワークで起こるプロトン輸送を読み解く , 島原 秀登,杉森 公一,Muhamad Koyimatu,長尾 秀実,大久保 忠恭,小林 祐次 , 第6回分子科学討論会 , 東京 , 2012.09.18-21
・ エチレンおよびベンゼン誘導体のH/D同位体化学シフトに関する理論的研究 , 杉森公一, 川辺弘之, 島原秀登 , 第6回分子科学討論会 , 東京 , 2012.09.18-21
・ QM法とNMR法を用いた炭酸脱水酵素の反応機構の解明 , 島原秀登 , The 1st MPC WorkShop 共用計算機ユーザ研究交流会 , 北陸先端科学技術大学院大学 , 2012.10.02
・ An Approach to Water Molecule Dynamics Associated with Motion of Catalytic Moiety, , Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Muhmad Koyimatu, Hidemi Nagao, Tadayasu Ohkubo, and Yuji Kobayashi , The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems , Sendai , 2012.12.02-07
・ Theoretical Model for Assessing Properties of Local Structures in Metalloprotein , M. Koyimatu, H. Shimahara, M. Iwayama, K. Sugimori, K. Kawaguchi, H. Saito1, and H. Nagao , The 4th International Symposium on Slow Dynamics in Complex Systems , Sendai , 2012.12.02-07
・ 核磁気共鳴(NMR)法に基づくヒスチジン残基の互変異性/水素結合解析手法と量子化学的(QM)手法を用いた炭酸脱水酵素高機能変異体の触媒機構の解析 , 島原秀登、杉森公一、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次 , 日本分子生物学会第11回春季シンポジウム , 金沢 , 2011.05.25-26
・ NMR・QM法を用いた炭酸脱水酵素の高活性変異体における触媒機構の解析 , 島原秀登、杉森公一、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次 , 第7回 日本炭酸脱水酵素研究会学術集会 , 東京 , 2011.09.17
・ Theoretical study of isotope-induced additivity of chemical shift in benzene , Kimikazu Sugimori, Hiroyuki Kawabe, and Hideto Shimahara , XVIth International Workshop on Quantum Systems in Chemistry and Physics , Kanazawa , 2011.09.11-17
・ ベンゼン誘導体の同位体化学シフトに関する理論的研究 , 杉森 公一,川辺 弘之,島原 秀登 , 第5回分子科学討論会 , 札幌 , 2011.09.20-23
・ The Mutation in the Hydrogen Bond Relay between the Glu---His Effects on the Tautomerism of His and on the Behavior of H2O, Incresing the Kinetic Rate of Carbonic Anhydrase -QM and NMR Analysis- , Hideto Shimahara,Kimikazu Sugimori,Takuya Yoshida,Hidemi Nagao,Takashi Nakazawa,Tadayasu Ohkubo,Yuji Kobayashi , 第34回日本分子生物学会年会 , 横浜 , 2011.12.13-16
・ 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発―炭酸脱水酵素による貝殻形成機構の解明と新しいCCSアプローチ(CO2固定化)の実現― , 島原秀登 , 産学意見交換会 , 千葉 , 2011.04.21
・ 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発―炭酸脱水酵素による貝殻形成機構の解明と新しいCCSアプローチ(CO2固定化)の実現― , 島原秀登 , 産学意見交換会 , 富山 , 2011.04.11
・ 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発 , 島原秀登 , ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー , 石川 , 2011.02.02
・ 炭酸脱水酵素の反応機構を利用した二酸化炭素水和触媒の開発 , 島原秀登 , ベンチャービジネスラボラトリーテクニカルレビュー , 石川 , 2010.01.25
・ 量子化学的手法を用いた炭酸脱水酵素の触媒反応におけるプロトントランスファのメカニズムの解析 , 島原秀登,杉森公一,吉田卓也,長尾秀実,中沢隆,大久保忠恭,小林祐次 , 第6回日本炭酸脱水酵素研究会学術集会 , 東京 , 2010/09/12
・ Theoretical investigation of primary and secondary H/D isotope chemical shift , K. Sugimori, H. Kawabe, H.Shimahara , The 51st Sanibel Symposium , Georgia, USA , 2011.02.25-03.01
・ 炭酸脱水酵素の触媒反応におけるプロトントランスファの量子化学的解析のためのモデル-互変異性が変化する状態にあるHis64のスウィング運動の関与について , 島原秀登,杉森公一,吉田卓也,長尾秀実,中沢隆,大久保忠恭,小林祐次 , 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同年会 , 神戸 , 2010.12.07-10
・ 炭酸脱水酵素を用いた二酸化炭素分離回収技術 , 島原秀登 , 産学意見交換会 , 石川 , 2009.04 
・ 酵素のプロトントランスファに関わる酸塩基触媒ヒスチジン残基の互変異性 , 島原秀登,杉森公一,吉田卓也,水上卓,中沢隆,長尾秀実,大久保忠恭,小林祐次 , 第9回日本蛋白質科学会年会 , 熊本 , 2009.05.20-22
・ Proton-Transfer Mechanism in Catalysis by Carbonic Anhydrase ---Tautomerism of Histidine 64--- , Hideto Shimahara, Kimikazu Sugimori, Takuya Yoshida, Hidemi Nagao, Takashi Nakazawa, Tadayasu Ohkubo, Yuji Kobayashi. , 8th International Conference on the Carbonic Anhydrase , Folorence, Italy , 2009.09.16-19
・ Tautomerism of histidine 64 associated with proton transfer in catalysis of Carbonic Anhydrase , Hideto Shimahara, Takuya Yoshida, Kimiichi Sugimori, Ayumu Sugiyama, Taku Mizukami, Hidemi Nagao, Takashi Nakazawa, Tadayasu Ohkubo, Yuji Kobayashi , Experimental Biology 2008 , San Diego, America , 2008.04.05-09
・ 特別講演「炭酸脱水酵素の触媒機構」 , 島原秀登 , 第四回炭酸脱水酵素研究会学術集会 , 東京 , 2008.09.20
・ QM・NMR法による炭酸脱水酵素の機能に重要なHis残基の挙動解析と触媒機構解明 , 島原秀登、杉森公一、杉山歩、水上卓、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次 , 日本生物物理学会第46回年会 , 福岡 , 2008.12.03-05
・ 酵素金属結合水は水素結合相互作用によってヒスチジン残基の互変異性を支配する―亜鉛含有炭酸脱水酵素の水架橋で起こる"切断"と"再構成"によるプロトントランスファ , 島原秀登、杉森公一、杉山歩、水上卓、吉田卓也、長尾秀実、中沢隆、大久保忠恭、小林祐次 , 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同年会 , 神戸 , 2008.12.09-12
・ MSを用いたヌクレオソームにおけるヒストンH2A-H2B二量体交換速度測定 , 野田勝紀、農大輔 島原秀登、楯真一、内山進、松永幸大、福井希一 , 第7回日本タンパク質学会年会 , 仙台 , 2007
・ 自由エネルギー計算によるAzurin(I)-Cytochrome c551(III)複合体のドッキング構造安定性に関する研究 , 西川佳吾,山本哲徳,杉山 歩,Acep Purqon,水上 卓,島原秀登,長尾秀実,西川 清, , 第45回日本生物物理学会 , 横浜 , 2007.12.21-23
・ Free Energy Calculation of Spaghetti-like Nanoclusters by Using the Energetic Representation , Purqon Acep,西川圭吾,山本哲徳,水上 卓,島原秀登,長尾秀実,西川 清 , 第45回日本生物物理学会 , 横浜 , 2007.12.21-23
・ Free Energy Calculation of Spaghetti-like Nanoclusters by Using the Energetic Representation , Purqon Acep, 西川圭吾, 山本哲徳, 水上卓, 島原秀登, 長尾秀実, 西川清 , 第45回日本生物物理学会 , 横浜 , 2007.12.21-23
・ 自由エネルギー計算によるAzurin(I)-Cytochrome c551(III)複合体のドッキング構造安定性に関する研究 , 西川佳吾,山本哲徳,杉山歩,Acep Purqon,水上卓,島原秀登,長尾秀実,西川清 , 第45回日本生物物理学会 , 横浜 , 2007.12.21-23
・ NMR Approach to His-64 Involved in Proton-Transfer Mechanism in Catalysis of Carbonic Anhydrase , Shimahara, H., Yoshida, T., Nakazawa, T., Ohkubo, T., & Kobayashi, Y. , 12th European Conference on the Spectroscopy of Biological Molecules , Paris, France , 2007.09.01-06
・ 炭酸脱水酵素IIの触媒機構-His64の互変異性とプロトントランスファ機能の相関- , 島原秀登、吉田卓也、水上卓、中沢隆、長尾秀実、大久保忠恭、小林祐次 , 第3回日本炭酸脱水酵素研究学術集会 学術奨励賞受賞 , 東京 , 2007.09.22
・ 分子生物学的シミュレーションによるアズリン-シトクロムc551複合体のドッキング構造に関する研究 , 西川佳吾,山本哲徳,杉山歩,Acep Purqon,水上卓,島原秀登,長尾秀実,西川清 , 第21回分子シミュレーション討論会 , 金沢 , 2007.1126-28
・ Carbonic Anhydraseの反応機構-His64の互変異性とプロトントランスファ機能の相関- , 島原秀登,吉田卓也,水上卓,中沢隆,長尾秀実,大久保忠恭,小林祐次 , 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会 , 横浜 , 2007.12.11-15
・ ヒトヒストンシャペロンhNAP-1のin vitro, in vivoにおける機能解析 , 野田勝紀,内山進,西義則,島原秀登,Carol V.Robinson,小林祐次,福井希一 , 第30回日本分子生物学会年会第80回日本生化学会大会合同大会 , 横浜 , 2007.12.11-15
・ Free Energy Calculation of Docking Structure of Azurin(I)-Cyto- chrome c551(III) Complex Systems by using the Energetic Representation , Nishikawa K, Yamamoto T, Sugiyama A, Purqon A, Mizukami T, Shimahara H, Nagao H, Nishikawa K , The 5th International Workshop on Complex Systems , Sendai , 2007.09.25-28
・ Theoretical Study of Free Energy in Docking Stability of Azurin(II)-Cytochrome c551(II) Complex System, , Yamamoto T, Nishikawa K, Sugiyama A, Purqon A, Mizukami T, Shimahara H, Nagao H, Nishikawa K, , The 5th International Workshop on Complex Systems, , Sendai , 2007.09.25-28
・ ヒト組替えタンパク質を用いたクロマチン再構築 , 野田勝紀、島原秀登、楯真一、岩崎憲治、鷹岡昭夫、内山進、松永幸大、福井希一 , 第57回染色体学会  , 千葉 , 2006.11
・ カルモデュリンとアルミニウムイオンの相互作用 , 大木 進野,栗田 裕之,中富 晶子,島原 秀登,矢沢 道生 , 日本生物物理学会 , 2005.10
・ ヒト組換えタンパク質を用いたクロマチンの再構築 , 野田 勝紀, 島原 秀登, 楯 真一, 岩崎 憲治, 鷹岡 昭夫, 内山 進, 松永 幸大, 福井 希一 , 第27回日本分子生物学会 , 神戸 , 2004.12
・ ヌクレオソームにパッケージされたDNAのDnmt3aとDnmt3b1によるメチル化 , 竹島秀幸,末武 勲,島原秀登,楯 真一,田嶋正二 , 第27回日本分子生物学会年会 , 神戸 , 2004.12
・ Development of Support Tool for NMR Spectrum Analysis , Shouji Tatsumoto,Kenji Satou,Akihiko Konagaya,Jun'ichi Kurita,Hideto Shimahara,Shin-ichi Tate , International Conference on Mathematics and Engineering Techniques in Medicine and Biological Sciences , Las Vegas,USA , 2003.06.23-26
・ 非修飾ヒストンから再構成したヌクレオソームに対するDnmt3aとDnmt3bのDNAメチル化活性 , 竹島秀幸,末武勲,島原秀登,楯真一,田嶋正二 , 第26回日本分子生物学会年会 , 神戸 , 2003.12.10-13
・ ヒストン蛋白質とヌクレオソーム構造変換因子の相互作用解析 , 島原秀登、大屋孔一、松田俊、平野孝明、Seeram, Sailaja、楯 真一 , 日本生化学会北陸支部 , 金沢 , 2002.05
・ 非ヒストン蛋白質HMG-2のNMRによる立体構造解析とDNA構造制御機構解析 , 仲谷幸司、上林円、栗田順一、島原秀登、甲斐荘正恒、吉田充輝、楯 真一 , 日本生化学会北陸支部 , 金沢 , 2002.05
・ 高分子量蛋白質を対象とした残余双極子効果観測技術の開発 , 楯真一、村瀬八重子、三井崇裕、島原秀登 , 第41回NMR討論会 , 東京 , 2002.11
・ 分光学的手法を用いたヌクレオソーム高次構造変換過程の解析Structural changes of the nucleosome induced by binding of chromatin architectural proteins , 島原秀登 , 材料科学研究科セミナー-バイオ領域のフロントランナー , 石川 , 2002.11
・ HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析 , 栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一 , 日本蛋白質科学会 , 吹田 , 2001.06
・ HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析 , 栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一 , 日本生物物理学会 , 吹田 , 2001.09
・ NMRスペクトル解析支援ツールの開発 , 辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一 , 日本生物物理学会 , 吹田 , 2001.09
・ 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析 , 松田俊、平野孝明、大屋孔一、Seeram S. Sailaja、島原秀登、楯 真一 , 日本生化学会 , 京都 , 2001.10
・ 溶液中蛋白質の15N化学シフト異方性観測とその応用 , 楯 真一、栗田順一、島原秀登 , NMR討論会 , 京都 , 2001.11
・ HMG2-AドメインのNMRによる立体構造解析 , 栗田順一、仲谷幸司、島原秀登、吉田充輝、楯 真一 , NMR討論会 , 京都 , 2001.11
・ NMRスペクトル解析支援ツールの開発 , 辰本将司、佐藤賢二、栗田順一、島原秀登、楯 真一 , NMR討論会 , 京都 , 2001.11
・ 組み換えヒストンによる再構成ヌクレオソームを用いたクロマチン・リモデリング因子HMG-14とヌクレオソームの相互作用解析 , 島原 秀登、松田 俊、平野 孝明、楯 真一 , 日本分子生物学会 , 横浜 , 2001.12
・ 組み換えヒストン再構成ヌクレオソームを用いたHMG14蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析 , 松田 俊,平野孝明,大屋孔一,栗田順一,Seeram S.Sailaja,島原秀登,楯 真一 , 日本分子生物学会 , 横浜 , 2001.12
・ NMR analysis of Histone-HMG14 interactions , Seeram S.Sailaja,島原秀登,大屋孔一,楯 真一 , 日本分子生物学会 , 神戸 , 2000.12
・ 組み換えヒストンを用いたヌクレオソーム再構成系の構築とHMG14/17蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析 , 島原秀登,Seeram S.Sailaja,大屋孔一,楯 真一 , 日本分子生物学会 , 神戸 , 2000.12
・ C型肝炎ウイルス由来のNS5Aタンパク質の構造と機能解析 , 秋月 修,島原秀登,大久保忠恭,小林祐次, , 日本分子生物学会 , 神戸 , 2000.12
・ NMRスペクトル解析支援ツールの開発 , 辰本将司,佐藤賢二,栗田順一,島原秀登,楯 真一 , 第39回NMR討論会 , 東京 , 2000.11
・ 組み換えヒストンを用いたヌクレオソーム再構成系の構築とHMG14/17蛋白質によるヌクレオソーム構造変換の解析 , 島原秀登,Seeram S.Sailaja,大屋孔一,楯 真一 , 日本生化学会 , 横浜 , 2000.10
・ 好熱菌由来チトクロームc‐552及び常温菌由来チトクロームc‐551の熱安定性に関する研究 , 谷本祐子,内山進,森口浩志,島原秀登,三本木至宏 , 第120回日本薬学会年会 , 2000.03
・ C型肝炎ウイルスに対しての防御応答に関与するタンパク質PKRの精製 , 秋月 修,島原秀登,大久保忠恭,小林祐次 , 第120回日本薬学会年会 , 2000.03
・ Efficient protein structure determination by NMR based on residual dipolar couplings and local structure search in the protein structure database , S.Tate,K.Sato,T.Amaya,J.Kurita,and H.Shimahara , International Conference on Structural Genomics 2000 , Yokohama , 2000.11
・ The magic angle sample rotation to observe anisotropic 15N chemical shifts of protein in a dilute liquid crystalline phase , S.Tate,J.Kurita,T.Amaya,and H.Shimahara, , Experimental Nuclear Magnetic Resonance Conference , Florida,USA , 2000.03
・ 溶液マジック角試料回転を利用した溶液中蛋白質のCSA・残余双極子効果の定量的観測 , 楯 真一、栗田順一、天谷哲康、島原秀登 , 第39回NMR討論会 , 東京 , 2000.11.8-10
・ NMRによるリボソーム再生因子の構造解析 , 吉田卓也、内山進、中野博明、樫森啓真、木島広如、大嶋民子、松原 正、岡伸一郎、島原秀登、祭原ゆかり、石野哲也、吉田稔夫、横瀬一輝、大久保忠恭、小林祐次 , 第39回NMR討論会 , 東京 , 2000.11.8-10
・ マジック角試料回転NMRを利用した溶液中蛋白質の残余双極子効果および化学シフト異方性効果の観測 , 天谷 哲康,島原 秀登,栗田 順一,楯 真一 , 日本生物物理学会 , 仙台 , 2000.09
・ NMRによる異方的スピン間相互作用観測と生物情報学的部分構造探索を利用した新しい蛋白質立体構造予測法の開発 , 栗田 順一,佐藤 賢二,天谷 哲康,島原 秀登,楯 真一 , 日本生物物理学会 , 仙台 , 2000.09
・ C型肝炎ウイルス由来のNS5Aタンパク質の構造と機能解析 , 秋月 修,島原 秀登,大久保 忠恭,小林 祐次 , 日本生物物理学会 , 仙台 , 2000.09
・ Circular Dichroism Studies of Recombinant Histone Proteins , Kouichi Ohya,Shun Matsuda,Sailaja S.Seeram,Hideto Shimahara,and Shin-ichi Tate , JAIST symposium , Ishikawa , 2000
・ ユビキチンC末端ヒドロラーゼの触媒機能発現に関わるヒスチジン残基のNMR解析 , 島原秀登 小林祐次 , 日本応用酵素協会 , 大阪 , 1999.11
・ NMR法を用いた酵母由来Ubiquitin C-terminal hydrolaseにおけるHis残基の挙動解析 , 西川宗, 柴田靖崇, 島原秀登, 吉田卓也, 小林祐次 , 第119回日本薬学会 , 1999.03
・ ユビキチンを用いた大腸菌融合タンパク質発現系の構築 , 小谷定治,島原秀登,中野博明,西川宗,柴田靖崇,小林祐次  , 日本生化学会 , 横浜 , 1999.10
・ 炭酸脱水酵素の活性発現に果たすヒスチジン残基の役割のNMRによる解析-酵素の活性部位に多く存在するHis残基の機能解明にむけて , 島原秀登,小林祐次 , 第24回日本応用酵素協会研究発表会 , 大阪 , 1998.11
・ トリプトファンの変異による3-メチルアデニンDNAグリコシラーゼII(AlkA)の酵素機能の変化-立体的類似構造を持つ酵素を基にした分子機能の設計- , 中野博明, 片平裕子, 島原秀登, 山縣ゆり子, 小林祐次, 藤井敏, 真田正幸, 関口睦史, 中別府雄作, , 第10回日本蛋白工学会, 第49回タンパク質構造討論会合同会 , 1998.09
・ カルデスモン-カルモジュリン相互作用解析 , 柴田靖崇, 内山進, 小林薫, 吉田恭子, 小笠原貴志, 小林祐次, 島原秀登, 京極好正, , 第118回日本薬学会 , 1998.04
・ 3-メチルアデニンDNAグリコシラーゼ(AlkA)の機能発現に関する立体構造基盤 , 中野博明、片平祐子、島原秀登、小林祐次、藤井敏、真田正幸、中別府雄作、関口睦夫、山縣ゆり子 , DNA Repair, Recombination and Mutagenesis '99ワークショップ , 1999.02
・ NMR法を用いたユビキチンC末端ヒドロラーゼにおけるヒスチジンの挙動解析 , 島原秀登 , 平成9年度後期蛋白質研究所研究報告会 , 大阪 , 1997.12
・ 骨形成因子I型レセプター細胞外ドメインの発現および精製 , 八田知久, 夏目徹, 島原秀登, 山田朗, 京極好正, 上野直人, 山崎俊正, 小林祐次, , 第9回日本蛋白工学会 , 1997.05
・ カルデスモンとカルモジュリンの複合体形成 , 島原秀登, 京極好正, 祖父江憲治, 林健一郎, 内山進, 柴田靖崇, 柳惇子, 小林祐次, , 第117回日本薬学会 , 1997.03
・ ウシ脳由来カルモジュリン(CaM)のcDNA解析 , 柴田靖崇, 小林祐次, 島原秀登, 京極好正 , 第117回日本薬学会 , 1997.03
・ 安定同位体標識とNMRによって解析したHis残基のtautomerism -炭酸脱水酵素His64の機能解明にむけて- , 島原秀登, 吉田卓也, 清水真人, 京極好正, 崎山文夫, 加藤武司, 森山穂積, 岸田健一, 田野保雄, 小林祐次 , 第47回タンパク質構造討論会 , 大阪 , 1996.10
・ NMR解析による炭酸脱水酵素His64の帰属 , 島原秀登,吉田卓也,清水真人,京極好正,﨑山文夫,加藤武司,森山穂積,岸田健一,田野保雄,小林祐次 , 第69回日本生化学会 , 1996.09
・ ミューテータ―癌遺伝子(hMLH1)が誘発する突然変異のスペクトル , 加藤武司,島原秀登,木村 博 , 環境科学会1995年会 , 1995
・ Conformational Analysis of Single-Chained Monelline , Y. Kobayashi, K. Miyazaki, T. Yoshida, H. Shimahara, Y. Kyougoku, S. J. Lee, H. Iijima, and P. A. Temussi, , Proceedings of 14th American Peptide Symposium , 1995
・ NMR approach of His64 in carbonic anhydrase using a 13C and 15N double-labeling technique , H. Shimahara, T. Yoshida, M. Shimizu, Y. Kyougoku, F. Sakiyama, T. Kato, H. Moriyama, K. Kishida, Y. Tano and Y. Kobayashi, , 第7回日本蛋白工学会 , 東京 , 1995
・ 原爆被爆者末梢血リンパ球のHPRT欠損突然変異遺伝子の解析(II) , 加藤武司,島原秀登,平井裕子,秋山実利 , 日本放射線影響学会第37回大会 , 福岡 , 1994.10.27-29
・ 原爆被爆者末梢血リンパ球のHPRT欠損突然変異遺伝子の解析 , 加藤武司,島原秀登,平井裕子,秋山実利 , 日本放射線影響学会第36回大会 , 広島 , 1993.10.27-29